6月13日放送の連続ドラマ「緊急取調室」第9話に北山未亜役で再登場する吉川愛さん=テレビ朝日提供

 女優の天海祐希さん主演の刑事ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第3シーズンの第9話(6月13日放送)に、第1話で被疑者・北山未亜役で登場した吉川愛さんが再登場する。未亜は、天海さん演じる真壁有希子率いる「緊急事案対応取調班」(通称・キントリ)が落とせなかった“強烈”被疑者で、第9話では“キントリ最後の事件”になるかもしれない医大生の殺人事件に関わる重要な人物として登場するという。

 吉川さん演じる未亜は、今シーズン第1話冒頭で3人もの人間を殺害した容疑でキントリの取り調べを受けるも自供せず、強烈なインパクトを残した。第9話では、第1話に引き続き、未亜が有希子と取調室で真っ向対決をする。未亜が有希子に対して「手をついて頭を下げろ!」と言い放つ衝撃の展開もあるという。また、第1話では明かされなかった、未亜が犯した罪の全容も徐々に明らかになっていく。

 吉川さんは「私は天海さんを昔お見かけしたことがあって、その時にカッコいい!と感動して、それから天海さんが大好きでした。なので撮影現場ではずっと緊張しています(笑い)。そんな天海さんと共演できて、お芝居ができて本当にうれしかったです」と振り返った。

 続けて「未亜を演じるにあたっては、第9話の台本で、未亜の過去などを知って未亜が何を考えているのか、何を思っているのかだけを考えながら演じました。第1話では未亜にどんな事件があったのか分からなかったと思いますが、未亜の過去、未亜の考えていることや藤井、染谷との関係性などが見えていきます。最初から最後までハラハラドキドキする展開です」とアピールしている。

 「緊急取調室」は、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる警視庁捜査1課の専門チーム「キントリ」のメンバーたちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんによるオリジナル脚本で、第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは2017年4月期に放送され、2015年9月にスペシャルドラマも放送された。第3シーズンでは被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。