【スポーツトレーナーに聞く】ストレッチマットのおすすめ5選|ヨガや筋トレに活用

【この記事のエキスパート】

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー:内田 英利

日本成人病予防協会認定講師、全米エクササイズ&スポーツトレーナー:内田 英利

1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。

現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。

健康管理士一般指導員、健康運動指導士、京都造形芸術大学非常勤講師。

大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。

株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。パーソナル・フィットネススタジオ「コア・フォレスト」運営責任者。フルマラソン歴18年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。


ストレッチマットにはさまざまな種類がありますが、それぞれ一見しただけでは違いがわからず、購入時に迷う人も多いのではないでしょうか。しかし、ストレッチマットごとの特徴や選ぶ際にチェックすべきポイントを押さえておくことができれば使いやすいマットを選ぶことができるでしょう。そこで、選び方のコツとおすすめのストレッチマットを、スポーツトレーナーの内田英利さんへの取材をもとに詳しくご紹介していきます。

スポーツトレーナーが教える! ストレッチマットの選び方

ストレッチマットごとに異なる特徴がありますが、選ぶ際にはどのように違いを確認すればよいのでしょうか。ストレッチマットについて豊富な知識をもつスポーツトレーナーの内田英利さんが教える正しい選び方を3つ紹介します。

収納とメンテナンスが楽にできる

【エキスパートのコメント】

ストレッチマットの一般的な大きさは、人が仰向けに寝ることができる大きさが主流です。使用時には、確実に大人一人が寝られるスペースが必要になってきます。

使用後に、折りたためたり、丸めたりできれば、マットの収納にスペースを取られずに済むため便利です。また、マットの上で汗をかいたり、体重で圧がかかったりするため、メンテナンスもしやすいマットを選びましょう。

ピュアライズ『ヨガマット 収納ケース付』:

出典:Amazon

丸めて専用の収納ケースに収められます。

厚みとクッション性が重要!

【エキスパートのコメント】

ストレッチの種類によっては、立っておこなうものもあれば、座ったり寝たりしておこなうトレーニングもあることでしょう。座ると尾骨や座骨など、お尻の部分に関係する骨にもクッション性が必要です。

また、寝た状態での動的なストレッチでは、股関節をたくさん動かしたり、首を保護したりしながらおこなう動きもあるため、ストレッチする各部位に関係する骨や関節など、運動器に優しい厚みやクッション性に優れたマットを選びましょう。

KaRaDaStyle(カラダスタイル)『ストレッチマット 折りたたみ』:

出典:Amazon

厚みは5cmあり、衝撃力や反発力を備えています。

マットの用途を考慮する

【エキスパートのコメント】

厚さや幅など、メーカーによっては、ストレッチ仕様以外にも、多くのバリエーションを兼ね備えたマットを販売しています。

たとえば、重いダンベルなどを使ったトレーニングにトライしたいのであれば、厚みだけでなく防音効果に優れているマットであることが必須。もちろん、厚みや幅の広さも要チェックです。

また、ヨガやピラティスのポーズなどで、身体をほぐしたりリラックスしたりとの用途であれば、薄くて色合いが穏やかなマットでも充分でしょう。

ALINCO(アルインコ)『エクササイズフロアマット mini』:

出典:Amazon

マットのウレタン素材が発生する振動を吸収するため、防音効果にも優れています。

ほかにもある! ストレッチマット選びのポイント

ストレッチマットを選ぶ際には、自分が使いやすいと感じる厚さや素材のものを選びましょう。また、モチベーションを上げるためにも、自分好みの色の商品を選ぶことも大切です。

マットの特性を押さえよう

厚さ

ストレッチマットは、厚さによって使用感が異なります。1~2mmのものはコンパクトなため持ち運びしやすく、自宅でも収納しやすいことが魅力です。薄いためクッション性は低いものの、安定感があるためさまざまなポーズをとりやすいでしょう。3~5mmのものは、ストレッチマットとしては一般的な厚さであり、軽いストレッチからヨガまで、さまざまな用途に活用できます。

素材

ストレッチマットの素材には、主に6種類の素材が使用されます。1つ目がPVC(ポリ塩化ビニル)です。安価でデザインやカラーも豊富なことが特徴です。2つ目がNBR(ニトリルゴム)と呼ばれる素材です。クッション性に優れており保湿性があります。3つ目がPER(ポリマー環境樹脂)で、水洗いが可能で清潔に保てることが魅力です。加えて、焼却しても有害物質が出ないエコ素材であることもポイントだといえます。

4つ目がTPE(熱可塑性エラストマ)です。滑りにくく耐久性があるうえに軽量で持ち運びやすいことが魅力です。ただし、熱に弱いためホットヨガなど高温になる場所で長時間使用するシーンには不向きでしょう。5つ目がEVA(エチレン酢酸ビニールコポリマー)で、軽量でクッション性が高いものの傷がつきやすい素材のため、丁寧に扱う必要があります。6つ目が天然ゴムです。クッション性、グリップ力、耐久性や柔軟性にも優れています。ただし、天然ゴムアレルギーのある人は使用できないため、注意しましょう。

ストレッチマットには、素材ごと、厚みごとにさまざまなカラーバリエーションがあります。色やデザインは、ストレッチマットを使用する際の気分にも影響するものです。自分好みの色やデザインのものを選ぶことによって、リラックス効果や集中力の持続も期待できるでしょう。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)