車の動画[2019.05.31 UP]


三菱eKワゴン(MITSUBISHI eK wagon) グーネット動画カタログ 内装からオプションまで徹底解説


こちらは三菱のeK ワゴンの動画カタログです。

グーネットの人気車種を動画カタログ化!

内装からオプションまで徹底解説!

みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

フルモデルチェンジにより、日常での使いやすさをさらにアップさせたeKワゴン。

デザインコンセプトは「キュート・シック」。

いきいきとした躍動感に、かわいらしい上質感をプラスしたデザインとなっています。

長さ 3395mm

幅 1475mm

高さ 1640mm

キーレスオペレーションキーを携帯している状態でドアのスイッチを押せば、簡単に施錠・解錠ができます。

ブレーキペダルを踏んでエンジンスイッチを押せば、エンジンの始動・停止ができます。

ステアリング左側のスイッチを押すと、メーター中央の「マルチインフォメーション・ディスプレイ」に様々な情報を表示。燃費情報など、項目ごとに切り替えられます。

ステアリング右側のスイッチで、高速道路での走行をアシストする「マイパイロット」を起動することができます。

ステアリングの左側奥にはワイパースイッチ。

右側奥にはヘッドライトスイッチがあります。

タッチパネル式のフルオートエアコンはタッチひとつで操作可能。オートスイッチを押せば、自動調節で車内の温度を一定に保つこともできます。

吹き出し口もタッチで切り替えられます。

セレクトレバーはインパネ中央の下側に配置。

手をかけやすく、目視での確認もしやすい位置です。

イグニッションONかつブレーキペダルを踏んでいる状態でスイッチを押すと電動パーキングブレーキが解除。

ブレーキオートホールド時はブレーキを踏んで停車した時にブレーキペダルから足を離しても、停止状態を維持します。

オリジナルナビゲーションは便利なサイズ感。操作性も良好です。

運転席のバニティミラーは全車標準装備。

左右のマップランプはスイッチで常時点灯。

中央のスイッチをONにするとすべてのマップランプを点灯させることができます。

シートベルト着用を促す「シートベルト非着用ウォーニング」は全車標準装備。

後席のシートベルト着用もひと目で確認できます。

電源に使えるアクセサリーソケットを装備。

ドリンクホルダーは運転席側に2つ、助手席側に2つ、後席にも2つあり、センタートレイには、便利なちょい置きスペースとここにもドリンクホルダーが付いています。

助手席とセンターには、小物を置くのに便利なアッパーオープントレイ。

運転席側のアンダートレイは折りたたみ傘が入る広さです。

他にも、センターロアボックス

助手席側には引き出し式のアッパーグローブボックスと、ロアグローブボックス

助手席下にはシートアンダートレイ。

助手席ドアには車検証入れ。

コンビニエントフックは3キロまでの荷物をさげられます。

リヤシートも広々とした空間を確保。大人でもくつろげる広さです。

また、フラットなフロアで荷物を安定して置くことができます。

後席中央上部のレバーを引くと後席を前後にスライドさせることができます。

ラゲッジフロアを広くすれば、大型のスーツケースでも簡単に収納できます。

左右のレバーを引くと、分割リクライニングしたり、フルフラットにしたりアレンジが自由自在にできます。

ラゲッジルームの下には底の深いボックスがあり、高さのある荷物も積み込むことができます。

ヘッドライトはハロゲンタイプを採用しています。

リヤコンビランプのうち、ストップランプはLEDを採用、後続車も見やすい明るさです。

ドアにはセーフティイルミネーションがついており、夜間の乗り降りも安心です。

以上、eKワゴンのご紹介でした。



関連情報


車種別動画カタログ