蘇った最高のアストンマーティンをサーキットで走らせる!

まったく最近のアストン・マーティンときたら、我々レース好きの中高年にとって目が離せない存在になっている。今度はなんとブランニューのDB4 GTを限られた富裕層のために製作するというのだ。どうやら25台だけが一般販売されるようだが、いてもたってもいられない我々は、さっそくプロトタイプに乗せてもらった。

すべての写真を見る

冷たい金属と柔らかい革の感触が指先に伝わる。いくつもの計器には古めかしい書体の文字が。炭化水素のほのかな香りが鼻孔をくすぐる⋯。これだけでもうメロメロなのに、すこし"後ろめ"に位置するバケットシートに腰掛けたら、もう完全にお手上げだ。こうしてあなたはDB4 GTの虜になる。ステアリングホイール中央のバッジは、まさしくオリジナルDB4 GTそのもの!
 
小さなキーを時計回りに1 段ひねると赤いライトの点灯とともに電気系が目覚め、さらにもう1段ひねると間髪入れずにスターターモーターが金属的なうなりをあげる。だが、それはすぐに直列6気筒エンジンの野太い雄叫びでかき消された。
 
4段のレース用ギアボックスは一般的なHパターンで、リバースは1速の左上。小さなギアレバーをまっすぐに1速に入れてみた。だが、うまく入っていない感触。ニュートラルに戻し、クラッチを1回2回踏み直して再チャレンジ。今度はうまくいった。ドッグギアがうまくかみ合ったときに発するガチャンという音がその証拠だ。



数回空ぶかししたあと、そろそろとクラッチをつなぐと、車は2、3回身もだえしたかと思うと、するするとガレージをあとにしてスネッタートンへと歩みを進めた。 昔ながらのファンなら誰でも知っているこのサーキットはしかし、グッドウッドやシルバーストーンに並ぶような地位を今日得ているとはいえない。だが名門であることは紛れもない事実。1960年、地元のジャック・シアーズが並み居る敵を前に、オリジナルDB4 GTを駆って勝利したのもここだ。

私はそのシーンを目の当たりにした。身を乗り出すように観戦し、興奮で背筋がぞくぞくしたのを昨日のことのように覚えている。正直申し上げると、今回この車でパドックのまわりを2 分ほど運転したのだが、それがなんと長い時間に思えたことか。なぜって、そのあと誰も走っていないこのサーキットを貸し切り状態で走れるのだから。

といっても、走行が許されたのは長いバックストレートと遠くにある橋の部分だけだ。それでも2 速全開は可能だったし、そのまま3速にもアップでき、この車の飛び抜けた性能を堪能することができた。とにかく1190kgの車重に対して350bhpのパワーと350lb-ft(約48.3mkg)のトルクは与えられすぎなのでは? と思ったものだが、にもかかわらず低速から最大トルクを発生する5000rpm あたりまで完全にスムーズに立ち上がっていく。楽しいと同時に驚きすら感じてしまった。ここのサーキットは空間的な広がりがあっていいのだが、乗るほうからするとスピード感が得られなくて、あまり評判のよいものではないのだが、アストンは一般車でいうところのNVH にも優れるため、さらにいっそうスピード感がなかった。だが、活気は充分に感じた。


 
3速と4速の行き来は文字どおり素早いチェンジが可能で、これまでに2、3 回経験したドッグボックスと比べても、必要なときにシンクロが得られるなど素晴らしさに満ちていた。ゆっくり走っているときでも不安なく扱える種類のものである。ただ、右の列にシフトするときはコツが必要だ。手に力を込めずに最小限の力で泳がすように動かす。するとレバーはゲート付近で自らが進むべき道を探るのである。これが最良の方法で、やり方を間違えると動きがぎくしゃくするだけでなく、ゲートに入ることを拒み、不快な音まで誘発してしまう。
 
2速から3速、3速から4速、それに4速から3速へのシフトはどれも素早く操作できる。正確だし感触も文句ない。しかし3速から2 速へのダウンシフトはすこし勇気がいる。ブレーキング中でもブリッピングができるように、ブレーキペダルとスロットルペダルはヒール&トゥに適した配置になっているのだが、アシストを持たないブレーキはかなり硬く、列をまたぐダウンシフトは叩き込むようにしないとゲートに入れづらいからだ。こうしたお約束ごとは現代の車ではとんとお目にかかれない面倒な作業かもしれないが、うまく成し遂げたときの満足感は計り知れないものがある。
 
ギアボックスはまだ下ろしたての状態だったから、使い込めばまた違った面を出してくれるはずだが、ハンドリングは完璧でほとんどニュートラル。優れたハンドリングは2、3周しただけでも充分に確信がもてたが、車に慣れてきてからリセスという高速のライトハンダーに挑戦して、さらにその感を強くした。ここで私はノーズを大きめに振ってスライドを誘発したが、スロットル操作ひとつでその姿勢を維持することもできるし、どこからでもラインの修正が利くためコーナー出口の縁石に向けて加速するのも思うがままだった。



たぶんオリジナルに比べてもっとも大きく変えられた部分が、サスペンションのローズ・ジョイントだろう。ここをチューニングすることで、ドライバーは路面情報を掴みやすくなるのである。タイヤがそっくり路面の情報を伝えてくれればベストなのだが、この車が履いているダンロップLセクションは現代のタイヤより変形量がきわめて大きい。しかしドライバーはタイヤと路面がどういう状況にあるか知りたいわけだから、タイヤの変形が大きくては困る。そこでボール・ジョイントを使うことによって少しでもダイレクトに路面情報を得ようというわけだ。標準仕様よりわずかに径の小さい15インチのステアリングホイールが、精密なコントロールに寄与していたこともたしかだろう。



たっぷりと長く、スピードも出る、見通しのいいコーナーは、この車の荘厳さを感じるのにもっとも適したポイントである。ちょっと速いかなというくらいのスピードでコーナーに飛び込んでも、狙ったラインどおりに車は進むし、もうすこしスピードを上げて入っても破綻することなく、ニュートラルステアのままきれいな4輪ドリフトを演じてみせるだけだ。対照的にウィルソン・ヘアピンではノーズの重さが露呈され、高速コーナーに比べると動きがすこし鈍くなったように感じられる。ブレーキはよりヘビーになり、スロットルをいっそうアグレッシブに操作することでアンダーステアに打ち勝たなければならない。

これがDB4 GTのタイト・コーナーの攻め方だ。スプリングとダンパーはたとえていうなら現代のFIAヒストリック・レースカーと互して走るようなセッティングではなく、オリジナルの本来の姿を呼び起こすことを第一に考えた設定といえば間違いがない。現在、こうしたジャンルには、現代の改造手法で仕立てた車がいくつか投入されているのだが、なかでもイーグルのロー・ドラッグGT-Eタイプや、アルファホリックのGTA-R(どちらも主張をもった素晴らしい車だ)と比べると、このDB4GTはグリップレベルの面でちょっとばかり古さを感じさせる。固定軸ならではのトラクション性能はとても印象に残るものだが、横方向の動きに関していえば、機構的に進化したジャガーやアルファに対して抑えが効かないのだ。だが、それは目指すところが違うのだからしかたがない。


 
成り立ちとして、DB4 GT にもっとも近い存在といえるのが、ジャガー自身が最近ブラウンズレーンで6 台生産したライトウェイトEタイプだろう。ライトウェイトEタイプと同じく25台が生産される軽量スペックのDB4 GTも、サーキット走行専用車として販売されることになる。また、まったく新しいシャシーを使用していることも、この2 車の共通点だ(イーグルなどは当時のロードカーを改造して仕立てている)。もっとも今回乗った車はあくまでプロトタイプであり、このあと変更が加えられる可能性もなくはないが。



帰路の高速道では、サーキットでは感じ得なかった一面も垣間見ることができたのでご報告しておこう。ヘルメットを被っていては聞こえなかった音の存在である。それは金属がぶつかるときに発するガチャンという音と、すすり泣くようなヒューという音が不協和音のようになって耳を襲うのである。また、ジャンクションで別方向に行くときに初めてウィンカーに触れたのだが、その操作がデリケートなことにも驚かされた。力のいるギアレバーとなんと対照的なことか。この2 本のレバーはどちらもスラリとしているのだが、左手で操作する1本と右手で扱う1本には違った神経を遣わないといけないというのは、けっこう難儀であった。
 
DB4 GTは今日の標準からしても路面情報をよく伝えてくれる車である。丸々と太ったタイヤは洗練さに欠けたサスペンションを補って余りある。バンプの突き上げはけっこう強いが、その角は尖ったものではなく丸められたもの。そのあたりが一般道を走って得た印象だ。といっても、我々は一般道をたくさん走ったわけではない。だが、25人のオーナーがこの車で公道を走りたいと思ったとしても、さほど長い距離でなければ充分楽しめることはたしか。とくにサーキットを走ってそのまま帰宅するといった使い方にはいいだろう。
 
DB4 GTをサーキットで走らせるのはとても至福なひとときである。いつまでもドライブしていたい車であった。だからキーを返すときは本当に後ろ髪を引かれた。冷静に見ればたしかに欠点はある。操作の面では普通なら考えられない気遣いも必要だ。だが待って欲しい。このような車を手に入れたとして、メカニズムとのやりとりが皆無だったら、こんなに夢中になれるわけがない。

独特の操作方法を習熟し、機械と対話できるようになるには多くの時間が必要だし、学ぶプロセスは楽しい時間。そう思えるようにならなければ、このての車といい関係を築いていくことはむずかしいのだ。
 
私は幸運にも現代のサーキット専用車に何台も乗ることができたが、それらはどれも衝撃的なほどスリリングだった。そしていずれも心躍らされたが、その中でどれか一台を選べといわれたら、迷わずこのDB4 GTを選ぶ。