[ALEXANDROS]のリズムを司る庄村聡泰「ドラムを演奏するというよりは、運転するというイメージ」

[ALEXANDROS]のメンバーにソロ取材を敢行。今回はドラムの庄村聡泰に話を聞いた。

※この記事は2018年9月25日に発売されたRolling Stone Japan vol.04に掲載されたものです。

「ニューヨークにいる間、メチャクチャ話しかけられたんですよ(笑)。アジア人でこれだけ髪が長いドレッドって、マジで珍しいみたいで」

[ALEXANDROS]・庄村聡泰は、アメリカで過ごした日々を振り返りながら、こんなエピソードを明かしてくれた。

筆者はそれを聞きながら、「こんなに自由そうな日本人も、確かに珍しいだろうな」と内心思った(もちろん褒めている)。そんな庄村を、ベースの磯部寛之は「歩くWikipedia」と形容しているが、飄々とした佇まいと多趣味ゆえの博識、そして膨大なリスニング量に裏打ちされた庄村のドラミングが、バンドに風通しのよい空気をもたらし、知恵と勇気を呼び込み、ブレない土台となっているのは間違いないだろう。

2018年8月16日の『VIP PARTY 2018』では、冒頭の鼓舞するようなマーチング・ドラムに始まり、様々なアプローチを使い分けつつ、楽曲をしなやかにドライブさせていくプレイに圧倒された。まるで舞台監督のように、ステージの一歩引いたポジションから、バンドのアンサンブルはもちろん、スタジアムの大観衆をも掌握し、意のままにコントロールしているようにも映った。[ALEXANDROS]という特別なバンドを、彼はどうやって支えているのか。ドラマーとしての矜持を尋ねてみた。

「枠への囚われてなさ」には自信がある

ーこれまでのインタビューや記事を読みながらあらためて思ったんですが、庄村さんって音楽について本当にお詳しいですよね。

そうですか? ありがとうございます。

ーいきなりすみません(笑)。そういう音楽の情報って、バンド内でもけっこうシェアしたりするものなんですか?

洋平とは「○○の新作聴いた?」みたいな話をたまにするけど、そうでもないですね。というのも、僕が攻めるところがあまりにマニアックなのもが多くて。あとは、ヒロ(磯部)がよく行くレコードバーに行って、お店のライブラリから僕が薦めたりしたこともありましたね。まあ基本、音楽の堀り方も聴き方も四者四様にバラバラですね。

ーなるほど。川上さんとは最近どんな話をしたんですか?

この間、個人的にSUMMER SONICへ遊びに行ってたので、「チャンス・ザ・ラッパーどうだった?」って聞かれたりとか。あと、ウォーク・ザ・ムーンのライブがすごく良かったので、その話もしましたね。

ーチャンスのライブ、かなりスケール感がありましたよね。

そうですね、かなりマッチョな感じで。ただ、裏でやってたサンダーキャットもどうしても観たくて、途中で抜けちゃったんですよ。サンダーキャットはあのマンパワーにぶっ飛ばされましたけど、チャンスは包み込むようなライブでしたね。

ーうんうん。

ただ、昨今のヒップホップを心から理解するのは難しいとも思っていて。アメリカでいま何が起こっていて、どういう状況で、どういう歌詞で、チャンスはどういう人たちの心を、どのような形で救っているのか。ニュアンスくらいはすくい取ることはできたけど、チャンスが真に発信しているメッセージ性まではサルヴェージできませんでした。


『ポンキッキーズ』世代なんです!

ーライブ自体は最高でしたけど、日本で普通に暮らす人があの宗教観を理解するのは、けっこうハードル高い感じがしましたね。

そうなんですよ。方やサンダーキャットは、「ドラゴンボールZ」の歌とかですごく盛り上がっていて(笑)。本当に両極端でした。

ーほかに最近の音楽だと、どのへんに興味がありますか?

こないだ来日していたロイル・カーナーは観たかったですね。

ーサウスロンドンの若手ラッパーですよね。まだ23歳くらいで。ライブ盛り上がったらしいです。

そうそう。結局、仕事で残念ながら行けなくて……。昔好きだった感じの人が、ああやって都会的な匂いを持ってリバイバルしてるんだなって。僕の中では、オセロ&ザ・ヒプノティックスを思いだすんですよ。

ーわかります。ロイル・カーナーもジャジーな感じがしますもんね。

あと、ムラ・マサも今度の来日公演(12月)は行きたいです。こんな話をしてますけど、いま一番聴いてるのは米米CLUBなんですよ。

ーその振れ幅は最高ですね(笑)。でも、なんでまたそこへ?

やっぱり『ポンキッキーズ』世代なものでして。「Childs days memory」を聴くと、ただただ楽しく、とにかく走り回っていた少年時代に気持ちが若返ってしまうんですよ。ある種の清涼剤のような一曲ですね。

ー同世代なのでわかりますよ。あの曲が使われてたの、20年ちょっと昔の話ですよね。

ええ。それで久々に聴いてみたら、やっぱりカッコいいなって。彼らはバンドでもアーティストでもないし、チンドン屋でもないんですよね。あのゴチャ混ぜは本当に個性的だったんだなって。米米CLUBは奥が深いですよ、今になって一人で再評価しています。

ー日本のシーンにもアンテナをかなり張られているじゃないですか。最近の若手で誰か気になるバンドはいますか?

踊FootWorksをよく聴いてますね、数カ月前に知る機会があって。あとはKing Gnuと、名古屋のSuspended 4thってバンドも超カッコいいんですよ。こないだ探してたら見つけたんですけど、まーくん(白井)は知ってたみたいで「ああ、サスフォーね」と言ってました。彼らのライブはぜひ観てみたい。

ーいやー、とめどなく名前が挙がっていきますね。やっぱり日々、いろんな音楽をガンガン探してるんですか?

そうですね、気になったらどんどん調べてます。でも、ただの趣味なんで。

ー音楽との出会いやドラマーとしてのルーツに関しては、LUNA SEAと真矢さん、洋楽ではマーズ・ヴォルタとジョン・セオドア(現クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)が大きかったと伺ってます。では、現在に至るオープンマインドなリスナー観は、どのように培われたのでしょう?

人生を変えたという意味では、ちょうどマーズ・ウォルタの音楽を知った頃に通い詰めてた、レコード屋の店長さんとの出会いが一番デカかったかもしれない。毎日のように入り浸っては、新入荷のなかから「これ聡泰くん好きだと思うんだよね」って店内でかけてくれて。「カッコいいっすね。買いますわ」って。その方のおかげで、ありとあらゆる方面に面白い音楽が転がってることを知ることができたんです。

ー庄村さん、古い音楽もお好きですもんね。雑誌のアルバム5枚挙げる企画で、イタリアのプログレとかさらっと選んでてビックリしました。

いやいや。でも、縛りを気にせずに音楽を聴く楽しさを知ることができたのは、とても幸せな経験だったと思います。「○○と△△が実はつながってて……」みたいな、ファミリーツリー的な掘り下げ方もそこで学ばせてもらいましたし。

ーそれを覚えちゃうと、もうリスナーとしては止まらなくなりますよね。

そうですね。

ーそうやっていろんな音楽を聴いてきた庄村さんから見て、セールスやライブの集客とは別のところで、[ALEXANDROS]の音楽はこれまで正しく評価されてきたと思いますか?

うーん、どうなんでしょう。評価に正しいも正しくないもないですからね。それは難しい質問だと思います。

ーじゃあ、「もっと評価してほしいな」って思うときはあります?

それはもちろん。どんな曲に対しても心血を注いでますし、ずっとそう思っています。

ー例えば、どの辺りを評価してもらいたいですか?

いま活動しているバンドさんのなかでも、「枠への囚われてなさ」には自信がありますね。メタルな曲もあるし、ジャジーな感じの曲もあるし、エレクトロニカ系の曲だって、最近はかなり精度の高いものを作れているので。そういうふうに、いろんなリスナーに刺さりそうな曲を作ってきたことは自負していますけど。

ーそこは間違いないですよね。近年の[ALEXANDROS]は特にそうだと思います。ニューアルバムでも、その作風はますます強調されているようですよね。

ただ、それぞれのジャンルが真に好きな人たちには、まだリーチしてないのかなと思うこともあって。「自分の好きな感じだけだったら、もっと良かったのに」と思ってる方もいらっしゃるのかもしれないし。

ー「エレクトロだけやってればいいのに」みたいな感じですか?

そうです。僕らからすれば、そういう方にも絶対に好きになってもらえる曲はあると言いたい。でも、これもまた枠に囚われていないバンドの宿命なので。むしろ、これだけやんちゃにジャンルレス/シームレスにやらせていただいて、向こう見ずなバンドのまま今の位置にいるっていうのも、とても痛快なことなのかもしれないですし。

ー僕もそう思いますよ。ちなみに、いまおっしゃったようなところが、[ALEXANDROS]にとって最大の武器と言えると思いますかか?

諸刃の剣じゃないですか。武器というよりは個性という感じですね。

ーそういうエクレクティックな音楽性にバンドが向かっていくようになったのは、何がきっかけなどあったのでしょうか?

きっかけというよりは、洋平が曲のアイデアを出してきて、それをほかのメンバーがキャッチアップして、ゴチャ混ぜにした結果じゃないですか。まず、メロディの専門家である洋平が「こんな感じの曲をやりたい」とイメージを用意して。それをギター選任の白井、ベース選任の磯部、ドラム選任の僕っていうフィルターの中に通していく。そうすることで、それぞれが若干不揃いに仕上げたものを、一つの形に混ぜ合わせて完成させると。そのプロセスで重要なのが、みんな本気なんですよ。「僕の辞書には載ってないアイデアだったけど、自分なりに解釈してやってみたよ」と全力で取り組むんです。その不器用な心血の注ぎっぷりが、独特の歪さを生み出しているのかなって思います。


「演奏する」というより「運転する」イメージ

ー「独特の歪さ」って、[ALEXANDROS]の魅力を言い表すのにぴったりの表現ですね。ジャンルレスという話でいうと、先日の「VIP PARTY 2018」では、新旧のレパートリーから満遍なく演奏してたじゃないですか。あのライブを拝見しながら思ったのは、あれだけいろんなタイプの楽曲を一人のドラマーが叩きこなすのは大変そうだなって。実際にやってみてどうでしたか?

大変でしたけど、うまくいったかなと。また一つ、ちゃんと更新できた手応えを感じました。

ー初期の曲と最近の曲を同列でプレイするにあたって、どのようなことを意識しましたか?

今回のマリンスタジアムでは、どちらも同列に大きく響かせようと意識しながら演奏しました。性急なスピード感やマインドを持つ過去曲も、最近の曲と同じように、大きなアンサンブルを想像しながら寸分の狂いもなく叩くような感じで。だから自分の中では、ドタバタなアレンジだった過去曲も、雄弁に響かせるようにスパイスを効かせたつもりではあります。


Photo by AZUSA TAKADA

ー実際、昔の曲もスケール感が見劣りしなかったですもんね。「大きなアンサンブル」というのは、現在の[ALEXANDROS]や庄村さんにとって、大きなテーマの一つだと言えそうですか?

アメリカにいるとき、よくそういう話をしましたよ。現地のネットラジオをかけっぱなしにしながら、「このリズム感が~」「この踊れる感じは~」みたいなこと言ってました。あと、現地の方と話をしていたときに、「アメリカの音楽はリズムから曲が生まれる傾向にあるけど、日本はコード進行が先だよね」と話してて。だから、向こうの音楽はビートが骨太でぶれないんでしょうね。大勢の人がその上で踊っても、ビクともしない感じがするというか。そういう音作りについては、みんなでずっと考えていました。

ーでは、そういう骨太なビート感を出すために、「VIP PARTY 2018」ではどういった工夫をされたのでしょう?

まずはマインドの転換ですね。今までのライブではアドリブでいれてたフィルインも、(過去曲の)細かい部分を大きく聴かせるために、そこだけ引き気味で演奏してみたりとか。

ーバンド全体のグルーヴを大きく見せるために、敢えて一歩引いてみたと。変に手数が多くなりすぎると、スケール感が出しづらくなりますもんね。

そうなんですよ。やっぱり近年の曲はそこを意識してますね。ニューアルバムの収録曲に関しても、そういうマインドでリズムパターンを組んでから、さらにレコーディングで手を加えたので。例えば、アメリカで「LAST MINUTE」を録音するときも、現場でさらにハットの刻みを減らしたんです。そっちのほうが踊れるし隙間も生まれるから。そうすると今度はギターの刻みが前に出るよね、みたいな。その辺りは、プロデューサーとメンバーも交えてしっかり話し合いました。

ーニューヨークで制作したことによって、ほかにはどんな学びがありましたか?

ドラムっていうのは、外国人のビート感に対するコンプレックスをつい抱きがちな楽器なんですよ。それこそ、アフリカンアメリカン特有のグルーヴというものを出そうとしても、僕ら日本人が表現するには限界があって。

ーブラック・ミュージック系は特にそうですよね。そこはフィジカルやリズム感、音楽環境の違いなどもありますし、難しい話ですけど。

だから、僕も以前はコンプレックスがあったんですけど、そこからいい意味で脱けだすきっかけが向こうであったんです。というのも、現地でセッションする機会があったんですが、向こうのミュージシャンが僕のドラムを褒めてくれて。「Mosquito Bite」を録ったときも、「ドラムに当てるポイントがほぼ均一でやりやすい」とスタジオの方が言ってくれたんです。「俺が過去にやったドラマーなんか気分屋で、音もグチャグチャだしクリックにも乗れなかった。サトヤスはそこが安定しているのがいいよね」って。

ーそれはうれしいですね!

ステレオタイプな話で恐縮ですけど、「日本人=勤勉・誠実・真面目」みたいなものが、僕のドラムにも落とし込まれていたんでしょうね。そういう日本人らしいプレイが、まさかアメリカで評価されるとは思わなかったので。

ー今のお話はメチャクチャ興味深かったです。というのも、「VIP PARTY 2018」のライブ中も、僕はとにかく庄村さんのドラムに釘付けで。それこそ、サンダーキャットのバンドで叩いてたジャスティン・タイソンのように、もっと馬力のあるドラマーは海外にいるかもしれない。でも、庄村さんのプレイは[ALEXANDROS]のアンサンブルの中で、とにかく有機的に機能していて。生き物のような一体感というか、ある種のケミストリーを感じたんです。

ありがとうございます。

ーだからこそ、庄村さんのスタイルがどうやって培われたのかが気になって。その点、昔から今にかけての変化もあったりします?

そこに関しては、いつも緩やかに変化しっぱなしですね。過去のスタイルに戻ろうと思っても100%戻れないですし。ただ、当時の演奏については有り難いことに、時期ごとにレコーディングして残せてあるので。

ーですよね。

スタイルの話にもつながりますけど、僕って感情的に演奏するタイプではないんですよ。昔は表に出してたけど、自分のパーソナリティを省みたときに、感情を抑えたほうが向いてそうな気がしたんです。TOTALFATのBuntaは感情の入れ込み具合がすごくて、そういう人を見ると憧れたりもするんですけど。そうやってほかのドラマーさんと自分を対比させることで、今のスタイルが形成されたんだと思います。あと、ライブ中の意識としては、ドラムを「演奏する」というより「運転する」ようなイメージで。特にマリンスタジアムくらいの規模感だと感じるんですけど、会場全体が巨大な一台の乗り物で。僕がドラムっていうコックピットの中から、その乗り物を運転している感じですね。


ニッチな趣味が、人生の大きなテーマ

ー今の喩えは大いに納得しました。そういう感覚じゃないと、[ALEXANDROS]の情報量は支えきれないでしょうから。今度の新作でも、「アルペジオ」や「SNOW SOUND」の2曲でだけでも求められてるプレイがかなり違いますよね。まず「アルペジオ」のハードな演奏は、ニルヴァーナにおけるデイヴ・グロールを思い浮かべました。

あの曲については、僕らが古くからお得意のビートパターンなんですよ。でも確かに、哀愁チックなところがあるので、グランジっぽさを感じていただけたのはそれもそれで有り難いですけどね。ただ、ニルヴァーナよりは枯れているので、パール・ジャムのほうが近い気がします。勝手に歌謡グランジと呼んでるんですけど(笑)。

ー方や「SNOW SOUND」に関しては、シンセサウンドに合わせたシュアな演奏が印象的でした。

あの曲は、僕が大好きなAORやニューロマンティックの甘い音や匂いをイメージしながらプレイしましたね。

ーAORまでお好きなんですね。

ボズ(・スキャッグス)は何回もライブを観たことあるし、レアなやつも好きですね。バーン&バーンズの『An Eye for an Eye』とか。あとはやっぱり、タキシードの来日をすごく楽しみにしています。

ー「明日、また」はどうでしょう?

「Starrrrrrr」以降に培ってきたビートと、中盤のダウンビートにEDM的な快楽性を盛り込みつつ、その裏で叩いてるドラムにはニュースクール・ハードコアにおけるダウンビートのニュアンスを入れています。自分の中で、スローなEDMとニュースクール・ハードコアのモッシュパートは近い感じがするんですよ。

ーお話を伺っていると、庄村さんの演奏にはリスナー気質に基づくボキャブラリーが存分に反映されてるみたいですね。

そうですね。(洋平から)曲のアイデアが届いたときに、どんなプレイをしようかフラットに考えながら自分の引き出しを覗いてみると、「ここはこういう感じがいい」って返答が見つかるんですよ。メンバー間のディスカッションやセッションでも、イメージを伝えるために引っ張ってきますし。そうやって曲ごとに演奏の表情を変えていくのは、僕も得意なほうなんだと思います。ただ、あまりにも一貫性を欠いてしまってもいけないし。そこも諸刃の剣なのかなって。


[ALEXANDROS]庄村聡泰(Photo by OGATA for Rolling Stone Japan)

ー川上さんからドラムへの注文が入ったりもするんですか?

かなりありますよ、フィルインとかは特にそうですね。彼の中で明確な映像が描かれていることもあったりするし。「アルペジオ」に関しても、僕としては細かいニュアンスを抜いて大味な感じでいくのかと想像してたら、軽快な裏拍で穴を埋めるようなビートに変わっていきましたね。「KABUTO」もそう。自分の中ではもっと大きなビートで行くつもりでしたけど、裏拍に入るスネアのノリで踊らせたいとなって、「OK、OK」って付け足したりとか。


バンドとしての最終目標

ー庄村さんは、今回のアルバム『Sleepless in Brooklyn』は前作までと比べて、どのへんが変化したと思います?

ウチらの向こう見ずな感じは相変わらずとして(笑)、ビートというよりはメロディの譜割りについて、以前よりも間口が広くなったと思ってます。それに伴ってビートも細かくなっていますし。大きく広く、かつ気持ちよく揺らしていこうという感覚が全体的にある気がします。ウチの特徴として、ヴォーカルの譜割りが細かい曲が多かったんだけど、今回に関してはメロディの情報量で押す感じではない曲が多い。だから、バンドの語り手であるメロディがいつも以上に中心的役割を担っているような印象ですね。

ー前作のインタビューでは、同期サウンドの導入について「それなら自分がいる意味があるのだろうか」といった葛藤もあったそうですね。その点について、今回はいかがでしたか?

それについては、最近はあまり思わなくなりましたね。曲ごとに自分の中のツマミを絞ったり振ったりはしていますけど、抑えるという行為がストレスだとも思わないし、打ち込み風の音を意図的に差し込むこともありますし。先日の「VIP PARTY 2018」でやった「ハナウタ」だって、CDとライブではアレンジが違いますから。僕のドラムを下敷きに打ち込みのビートを入れ直しても、それで曲がよくなるなら全然構わない。その辺りは柔軟に考えています。

ーところで、バンド間の人間関係ってどんな感じなんですか?

バンドの舵取りをするのは洋平ですけど、ウチはずっとバラバラですよ、ただ、各々が抱くイメージは違うのかもしれないけど、とにかくデカくなりたいって目標だけは頭にあって。このチームで組んでればデカくなれるんだっていうのは、ビンビンに感じながらの毎日ではありますね。あとは、くだらない話を延々するときもあれば、スタジオ内で喧々諤々になったりもしますし。これからもっと大きくなるためにどうするべきか、秘密結社みたいなことを4人ですることもありますよ。

ー[ALEXANDROS]はずっと世界的なバンドを目標に掲げてきたわけじゃないですか。ただ、庄村さんもジョン・セオドアとの対談でおっしゃってましたけど、海外ではここ数年、ロック自体のアクチュアリティが下降ぎみにあるとされている。そうなったときに、庄村さんの中で「世界的なバンド」に対するイメージは昔と今で変化があったりするのでしょうか?

そこは変わらないですよ。今の世間ではそうなのかもしれないけど、全然ステレオタイプなやつでいいんです。マリンスタジアムでライブをやったときも、「お前の後ろ姿、マジでロックスターだったよ」ってみんな言ってくれて。自分は実感がなかったんですけど、周りがそう思ってくれるのであれば最高だなって。ロックスターなんて、それくらい単純かつ実態のないものでいいんです。

ーちなみにいま、世界一のバンドってどこだと思います?

去年、東京ドームでみたコールドプレイは凄かったですけどね。「世界中に愛されている」のレベルを超えて、敵がいなさすぎる感じ。布でお顔を覆われたムスリムの方も、大勢でライブにいらっしゃってて。僕みたいな日本人のドレッドとムスリムの方々とでは、文化的なバックボーンにはとてつもない差があると思うんですよ。そんな人間同士を一つの会場でひとまとめにしてしまうコールドプレイの力は凄いなって思いましたし。これまで行った海外旅行のなかでも、どこでも流れていたのはコールドプレイでしたしね。

ーバンドとしての最終目標は、今もグラストンベリー・フェスにあるんですか?

バンドはさておき、僕個人としてはそこじゃなくてもよくて。これまで日本人が成し遂げてこなかったことを、何かしら実現できればいいかな。ワールドワイドな規模でも大きなトピック、大きな波が作れればそれでいいです。

ープライベートの話も少し伺っていいですか? 例えば、音楽以外の趣味とか。

僕も映画が好きなんですけど、洋平と観るジャンルは被ってないんですよ。名画座に通うようになってしばらく経ちますけど、最近は昔の日本映画ばかり観ていて。ついこないだも、渋谷の某映画館が閉館するにあたって、80年代の角川映画の特集上映をやっていたのでプログラム10本中7本を観ましたよ。『犬神家』『Wの悲劇』『戦国自衛隊』とか。『セーラー服』もそこで初めて観ました。

ーへー、熱いですね。

こんな感じだから、人生であまり退屈したことがなくて。この前もBIGMAMAのヴォーカル(金井政人)と2人で新宿で遊んだときに、蜘蛛の串焼きを食べたんですよ。タランチュラ。

ー美味しかったですか?

悪くはなかったですね。虫を食べた経験はチラホラあるので。そういうニッチな趣味が、自分の人生では大きなテーマになってますね。

ープライベートでの目標って何かあります? いい車や時計が欲しいみたいな。

どうなんだろう。僕がよく食べるの松屋ですからね。昔と変わってない(笑)。期間限定のメニューがマジで外さないんですよ。手を変え、品を変え。あの企業努力は本当に素晴らしいと思います。

Edited by Motomi Mizoguchi

SATOYASU SHOMURA(庄村聡泰)
[ALEXANDROS] のドラム担当。神奈川県出身。サポート・メンバーとして『Wheres My Potato ?』リリースツアーに帯同した後、2010年に正式加入。トレードマークは、黄色いカラーリングが施されたSTAR Bubingaのドラムセット。アパレル出身でファッションにも造詣が深く、音楽はもちろん、映画からB 級グルメまでカルチャーの守備範囲は幅広い。




「Pray」
[ALEXANDROS]
※映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日本版主題歌
ユニバーサルJ
配信中

Sleepless in Japan Tour
6月15日 埼玉県  さいたまスーパーアリーナ
6月16日 埼玉県  さいたまスーパーアリーナ
 
・Asia Tour
Sleepless in Shanghai
6月21日 上海 MODERN SKY LAB
 
Sleepless in Beijing
6月23日 北京 Beijing Omni Space
 
Sleepless in Jakarta
6月28日 ジャカルタ To be Announced
 
Sleepless in Bangkok
6月30日 バンコク Moon Star Studio 1
 
Sleepless in Hong Kong
7月5日 香港 Music Zone @ E-Max
 
Sleepless in Taipei
7月7日 台北 Legacy Taipei
 
Sleepless in Kuala Lumpur
7月19日 クアラルンプール Bentley Music Auditorium
 
Sleepless in Seoul
7月21日 ソウル MUV HALL

[ALEXANDROS] オフィシャルHP
https://alexandros.jp


Rolling Stone Japan vol.05 掲載