マセラティと名門ワイナリー「アンティノリ」がパートナーシップ提携

マセラティは、最高品質のワインを手がけるトスカーナの名門ワイナリー「アンティノリ」との提携を発表した。

マセラティとアンティノリの提携は、妥協のない品質の追求におけるイタリアン エクセレンスの体現という、両社に共通する重要な価値観に基づいて結ばれたものだ。アンティノリ家は、1385 年にジョヴァンニ・ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワイン醸造業者ギルドに加盟して以来、26代600年以上にわたってワインの製造を続ける名門だ。

その長い歴史において、同家は常にその事業の最前線に立ち続け、革新的かつ時として大胆な戦略を展開しながらも、伝統と環境に揺るぎない敬意を払っている。マセラティとアンティノリの提携により、伝統と革新、完璧を目指す絶え間ない追求、細部へのこだわりと品質にかける情熱という、両社に共通する価値観にインスパイアされた一連のイベントや取り組みを実施していく。

こうした価値観を融合させることで、マセラティとアンティノリは、特別な才能と持つ人々と何世紀にもわたる歴史を協調させ、イタリアンエクセレンスの真の本質を世界と共有する。 また、3月に開かれた「第89回ジュネーブ国際モーターショー」では、アンティノリの副社長であるアレグラ・アンティノリのためにカスタマイズされた一台「レヴァンテ ONE OF ONE」を公開。このコンプリートカーの制作にあたっては、マセラティ・チェントロ・スティーレ(=デザインセンター)がオーナーであるアレグラ・アンティノリ女史をサポートし、単なるアクセサリーの選定を超えた、真の意味での「共同制作」を行っている。