錦織圭選手(C)Getty Images

 プロテニスのグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦となる「全仏オープンテニス」が26日、パリで開幕する。会場であるローランギャロスのサーフェスは、ハードコートに比べ球足が遅い赤土のクレーコート。ロングラリーになりやすいため、技術に加え、スタミナや精神力が勝負の鍵を握るといわれている。大会第1日に、男子シングルス1回戦で、Q・アリス選手(フランス)と対戦する錦織圭選手が現地で取材に応じ、意気込みを語った。

 ――今年はここまでどのような感じですか?

 物足りない感は多少あります。例年に比べて、結果が出ていないという面では、もどかしい気持ちはありますが、大事なのはこの大会ですし、ちょっとずつ自分の調子は上がっているような気がするので、しっかり気持ちを切り替えていくこと。それがすごく大事だと感じます。

 ――調子が上がっているのは、どのあたりで感じますか?

 気持ちの面だったり、プレー内容だったり、自分のプレーを思い切りいけそうだなと思える瞬間が増えてきたりとか。ちょっと攻め切れない部分もありますが、思い切ってプレーできていることに、調子が伴ってついてきてくれる。この掛け合いが自分の中の感覚にありますね。

 ――体力面・精神面はいかがですか?

 クレーは体力的にはすごく大変なグランドスラムの一つではあるので、自分のプレーをしっかり貫いて、身体に気をつけながらプレーしたいと思います。

 ――今年のローランギャロスのコートの感触を教えてください。

 去年と若干違う感じがしています。硬いなと思ったり、跳ねるのも、ちょっと去年よりあるのかなという感じはしました。コートの感触が違うというところで球筋が速くなったり、バウンドが跳ねたりというのは、頭に入れながらプレーしないといけないと思います。

 ――ローマの時に調整していきたい点として挙げていたフォアハンド。感触はいかがですか?

 毎日ちょっとずつは良くなってきています。ポイント練習もかなりしっかりこの2、3日はできています。感覚的には全部良くなってきているので、いい準備はできていると思います。

 ――錦織選手自身が感じている、テニスの手応えはどうですか?

 あまり悪くはないと思います。試合の中で大事なポイントが取れなかったり、ツアーのレベルも誰が勝ってもおかしくないほど上がってきていることもあるので、自分のテニスのクオリティーにフラストレーションを感じたりすることもありますが、自分のレベルは少しずつ上がってきていると思います。

 ――初戦のQ・アリス選手(フランス)ですが、どんな試合になるか教えてください。

 力強い選手かなと。まだそんなに詳しく見ていませんが、サーブも良く、ストロークもしっかりしていて、パワーのある選手だと思う。これからしっかり見て、なるべくパワーに負けないようにしたいと思います。

 ――全仏に向けて意気込みをお願いします。

 新たな気持ちでしっかり気持ちを切り替えて、続けば長い2週間になるので。自分のテニスの調子も上がってきているし、練習も今週しっかりできているので、全力で頑張りたいと思います。

 *……WOWOWでは大会の模様を5月26日~6月9日まで連日生中継する。大会第1日は、5月26日午後5時半からWOWOWプライムで無料放送。