映画「小さな恋のうた」の公開記念舞台あいさつに登場した眞栄田郷敦さん

 俳優の千葉真一さんを父、新田真剣佑さんを兄に持つ俳優の眞栄田郷敦さんが25日、東京都内で行われた映画「小さな恋のうた」(橋本光二郎監督)の公開記念舞台あいさつに登場。今作が演技初挑戦だった眞栄田さんは「この映画は僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではないくらい大事な作品」と胸中を告白。「この作品を通じて新しい経験をたくさんさせてもらって、大きな目標や夢をこの作品でいただきました」と感慨深い表情で語った。    さらに、眞栄田さんは「(今作の)森井(輝)プロデューサーと出会っていなければ、この作品に出ることもなかったし、この世界にいることもなかったと思います、本当に感謝しています」と語り、「未熟な僕ですが、監督、キャストの皆さん、そして温かいスタッフに支えられてこの作品ができました。ここにいる(観客の)皆さんも、もっともっと日本中のあらゆる人に(映画を)広めていただければと思います」と呼びかけ、会場の拍手を浴びていた。

 舞台あいさつには佐野勇斗さん、森永悠希さん、鈴木仁さん、山田杏奈さん、トミコ・クレアさん、橋本監督も出席した。

 映画は、3人組バンド「MONGOL800」(モンパチ)の同名曲を基に映画化。沖縄の小さな町で人気を集めていたある高校生バンドは、見る者を熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、プロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに1台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた1曲のデモテープと米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める……というストーリー。