玉木宏、眞島秀和

玉木宏主演のドラマBiz『スパイラル~町工場の奇跡~』(テレビ東京系、毎週月曜22:00~)の第7話が、5月27日に放送される。玉木演じる主人公・芝野健夫への復讐に燃える村尾浩一(眞島秀和)と、外資系ファンド「ホライズン・キャピタルジャパン」の社長、ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)の策略で「マジテック」は危機に陥る。

本作は、真山仁による累計260万部を超えるベストセラー「ハゲタカ」シリーズのスピンオフ作品「ハゲタカ4.5/スパイラル」を原作とした、社会派ヒューマンエンターテインメント。天才的な発明家だった創業者・藤村登喜男(平泉成)が急逝し、倒産危機に陥った下町の小さな金型工場「マジテック」を、銀行員から転身した企業再生家の芝野(玉木)が立て直すために奮闘する姿を描いていく。“中小企業の再生”をテーマにしたこのドラマでは、主人公の芝野と敵対する人物たちとの攻防戦も見どころの一つとなっている。

ドラマ公式サイトの予告動画では、トミナガが芝野に向かって「あなたも、マジテックも、私のものになります」と宣言したり、高笑いをする村尾(眞島)の映像に“ハゲタカの来襲!!”とテロップが流れたりと、追い詰められていくマジテックの様子が映し出されている。

<第7話あらすじ>
マジテックの債権を手に入れたナオミ・トミナガ(真矢)。マジテックは3億円の債務が返済できない限り、ホライズンに買収される危機的状況に。さらに英興技巧の社長に就任したテイラー氏(グレッグ・デール)は、マジテックを特許侵害で提訴する準備に入ったと会見で発表。追い詰められていくマジテック……。芝野(玉木)は買収の裏にある真の狙いを探るが、そこにはハゲタカの恐ろしい計画が待ち受けていた!