ホラー映画「シライサン」に出演する稲葉友さん (C)2020松竹株式会社

 俳優の稲葉友さんが、飯豊まりえさんの初単独主演作となるホラー映画「シライサン」(安達寛高監督、2020年1月公開)に出演することが24日、分かった。稲葉さんは、謎の電話を最後に、密室の部屋で眼球破裂と心不全という不自然な死因によって弟を亡くした大学生の鈴木春男を演じる。映画の特報も公開された。

 映画は、「視線をそらすと、殺される……」という「シライサン」の呪いを描くホラー作品。両目の眼球が破裂した死体が連続して発見される事件が起こる。死因は心不全だが、死の直前“何か”におびえ取りつかれたようだったという奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊さん)と弟を失った春男(稲葉さん)は死因を不審に思い、共に事件を調べ始める……という展開。

 約30秒の特報には、不穏に通り過ぎる影や、血がにじむ異様な両手などが映し出され、端紀が驚がくの表情を浮かべる姿などが収められている。

 ◇稲葉友さんのコメント

 ホラー映画ならではの張り詰めた空気と安達組ならではの穏やかな空気が同居した不思議な現場で、おびえながら台本を読み、恐怖という感情を楽しみながら参加させていただきました。安達監督の作り上げたシライサンの世界に僕が演じた役を通じてお客さんを引きずり込めたら幸せです。