香織(長谷川京子)、貴志(杉野遥亮)

長谷川京子、水野美紀、玄理、大政絢が演じる4人の女性たちのスリリングで、ミステリアスで、ロマンチックな日常が描かれるドラマ10『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK総合、毎週金曜22:00~)の第6話「溺れる女たち」が、5月24日に放送。杉野遥亮が長谷川をバッグハグする場面写真が公開されている。

同ドラマは、本国イギリスではシーズン3まで制作された人気シリーズで、米国版がシーズン4まで、ロシア・スロバキア・韓国でもリメイク版が制作された『Mistresses』の日本版。偶然の出会いで親友となった4人の女性――。彼女たちは頻繁に女子会を開いては、酒を飲み楽しく会話をし、日頃のうっ憤を晴らしている。

<第6話あらすじ「溺れる女たち」>
とうとう香織(長谷川)は不倫関係にあった自殺した恋人・木戸光一郎(橋本さとし)の息子・貴志(杉野)と結ばれ、より一層彼のとりこになっていく。

死んだ夫の愛人と名乗るミキ(筧美和子)から、保険金を分けて欲しいと言われた友美(水野)は恐怖と怒りに震える。

子供を欲しがっていた悟史(佐藤隆太)は妻が妊娠したのが自分の子だと勘違いして大喜びするが、その姿に一夜の過ちで年下同僚・坂口(細田善彦)の子を身ごもってしまった冴子(玄理)は何も言えなくなる。

そして玲(篠田麻里子)の結婚前夜、彼女に惹かれている樹里(大政)はやっと自分の素直な気持ちを玲に伝えるのだが……。