車のニュース[2019.05.23 UP]


プジョー、特別仕様車「208アリュール・ファンエディション」を発売


プジョー・シトロエン・ジャポンは、運転のしやすさ/運転の楽しさを充実させた特別仕様車「208 Allure Fun Edition(208アリュール・ファンエディション)」の販売を5月23日より開始した。車両本体価格は239万~249万円(消費税込)。


フロントソナーや駐車アシストを特別装備


 208はプジョーブランドの国内販売比率の約17%を占める人気コンパクトカーだ。その208の今後の販売の中心モデルに位置付けられるのが、今回発売された特別仕様車「208 Allure Fun Edition」。特別装備を加えることによって208の“運転のしやすさ”と“運転の楽しさ”をさらに充実させ強調したモデルだ。
 “運転の楽しさ”をもたらすのは、1.2リッター3気筒ターボのPureTechエンジン、軽量ボディ、6速AT。
 “運転のしやすさ”につながるのは、i-Cockpit(208が初採用)に加え、特別装備のフロントソナー、パークアシスト(縦列のみ)など。
 ボディカラーは専用色のプラチナ・グレーのほか、リオハ・レッド(写真)、ビアンカ・ホワイト、ダーク・ブルーの計4色が用意される。


装備/価格


【特別仕様装備内容】

●フロントソナー&パークアシスト(縦列駐車のみ)
●16インチ アロイホイール
※他、安全装備などはAllureと同一で装備。
●バックソナー
●バックアイカメラ
●ヒルスタートアシスタンス
●アクティブシティブレーキなど


【グレード/価格】



関連情報


ボディタイプ:コンパクトカー新車特別仕様車輸入車