自己啓発団体を隠れ蓑にセックスカルトと化した「主人」と「奴隷」の異常な関係

2018年3月、自己啓発団体ネクセウムの元幹部にして、同団体内の秘密組織でありセックスカルト集団「DOS」の一員だったローレン・ザルツマンは、メキシコのプエルト・バヤルタ郊外の家のキッチンでスムージーを作っていた。

その時、同じくネクセウムのメンバーで友人のロレッタ・ガルザが駆け込んできた。グループのカリスマ指導者で、ザルツマンとはなんやかんや20年も恋人関係にあったキース・ラニエール被告を逮捕しようと、警察がやってきたと言うのだ。

ザルツマンはたちまちパニックに陥った。ラニエール被告がメキシコに逃亡したのは1年前。ネクセウムの下部組織で、「奴隷」と「主人」から成る女性だけの秘密組織DOSの首謀者がラニエール被告だと、ニューヨーク・タイムズがすっぱ抜いたのがきっかけだった。被告が運営していたとみられるこの集団は、女性に焼印を入れ、「担保」として卑猥な裸の写真を無理やり提出させ、ラニエール被告とのセックスを強要していた。

ザルツマンをはじめ、ガルザ氏や『ヤング・スーパーマン』の女優アリソン・マック、『バトルスター・ギャラクティカ』の女優ニッキ・クラインといった他のDOSのメンバーらは、ラニエールを訪ねてメキシコへ飛んだ。マスコミの批判的な目が集団に向けられていたにも関わらず、DOSのメンバーは「再宣誓式」(のちにザルツマン本人も証言したように、ようは集団セックス)を開いて、被告への忠誠を誓うつもりだった。

だがラニエール被告には残念なことに、再宣誓式は行わずじまいだった。3月25日、警察当局が被告の家に現れ、性的人身売買と恐喝容疑で逮捕した。警察が姿を見せた時、「私の思いはただひとつ、キースを守ることでした」とザルツマン氏はアメリカ時間21日、ブルックリン連邦裁判所で現在公判中のラニエール裁判で証言した。

彼女の証言によると、警察がラニエール被告の滞在先に踏み込んだ時、被告は2階のベッドルームで昼寝をしていた。彼女は2階へ駆け上がり、被告を逃がそうとした。そしてベッドルームのドア越しに、令状はあるのかと警察に尋ねた。「この間ずっと、『警察がドアに発砲したらどうしよう』と考えていました」。それでも彼女は冷静を保とうとした。「私はキースが無事であることを最優先しました」


ラニエール被告、逮捕の瞬間

ザルツマンいわく、最終的にドアを蹴破った警察は、彼女を床に押し倒して銃を向けた。恐ろしくなった彼女がラニエール被告の名前を呼ぶと、ベッドルームに隣接したウォークインクローゼットから被告が姿を現した。ザルツマンがかつて「一番大切な人」と呼んだ男。我が恩師で、精神世界の導師で、恋人だった男。そのイニシャルを自分の脇腹に焼印してもかまわないと思った男。愛と犠牲、自己責任と勇気を教えてくれた男。その男は逮捕を前に、ウォークインクローゼットへ逃げ隠れていたのだ。

ラニエール逮捕の説明は、ザルツマンの生々しく赤裸々な証言のクライマックスを飾った。ちなみに彼女は、恐喝および恐喝未遂の罪ですでに有罪を認めている。かつてはネクセウムの最高幹部の1人だったザルツマンは疲れ果てた表情で、何十年間もラニエール被告の手の平で心理的に操られていた様子を振り返った。天才を自称する彼は信奉者をすっかり言いくるめ、しまいには彼が気候さえもコントロールできると誰もが信じ切っていた。

恐喝未遂罪1件で有罪を認めたネクセウムの共同創始者、ナンシー・ザルツマンの娘である42歳のローレン・ザルツマンは先週から証言台に立ち、ラニエール被告とのなれそめを詳しく語った。初めて出会ったのは1998年、彼女が21歳の時。2001年から性的関係を持つようになり、彼女がDOSに入会してからも、2008~2009年ごろまでひそかに関係を続けた。



「彼は私の主人でした」と、先週ザルツマンは証言の冒頭でこう語り、「彼を尊敬し、信頼していました。彼のようになりたいと思っていました」と付け加えた。彼女は被告をDroomp(男性器が大きいという意味)と呼び、被告は彼女をLorn(ローレンの愛称)またはForlorn (みなし子の意味)と呼んでいた。本人いわく「私がいつも悲しみにくれていたからです」

ザルツマンがネクセウム内で出世してゆくようになると、ラニエール被告は自分が関係を持った女性とセックスするよう促す一方、他の男性と寝ることは固く禁じた。彼女が言うには、一時期とある男性と関係を結びたいと思ったことがあり、被告に許可を求めに行ったという。「彼は私に、もしこのまま彼のそばにいるなら、関係を修復して一緒に子供を作ろう、と言いました」。是が非でも子供が欲しかったザルツマンは、しぶしぶこの条件を飲んだ。

2010年、ネクセウムの別のメンバーがラニエール被告と関係を持った。「ダニー」と呼ばれるそのメキシコ人女性は他の男性と恋に落ち、被告はこれを倫理違反とみなした。ザルツマンの証言によれば、ラニエール被告とダニーは話し合いの末、ダニーを家族と暮らす家の一室に監禁し、外部との接触を一切絶つことで同意した。この条件を受け入れなければ、ダニーはメキシコに送り返されることになっていたとザルツマンは証言した。

「こういう仕打ちを受ければ、彼女もステップアップできると彼は考えたのです」とザルツマンは証言した。「私もそうなってほしいと思いました」 当初ラニエール被告は、ダニーの監禁は数日間だけだと言っていた。だがザルツマンによれば、結局ダニーはむき出しのマットレス以外ほとんど何もない部屋に18~24か月間監禁された。

この間、ザルツマンは唯一の外部との連絡係として、ダニーの謝罪の手紙をラニエール被告に渡した。だがザルツマンいわく、被告が手紙を読むことはほとんどなかったという。ある時ラニエール被告は、自分の行いが「家族にも影響が及ぶ」ことをダニーに分からせるため、母親アドリアナをダニーの隣の部屋に監禁しようとした、とザルツマンは証言した。最終的にダニーが解放されたのは2012年2月。父親と別のネクセウムのメンバーが運転する車でメキシコ国境まで連れていかれたが、移民関連の書類は渡してもらえなかった。裁判中に読み上げられたメールの中で、ダニーは何度も書類を返してほしいと訴えたが、ネクセウム側はこれを拒否し、彼女が言葉巧みに「駆け引きをしている」と言って非難した。


ラニエールは「性器のクローズアップ写真」を好んでいた

グループのダニーの扱いに関するザルツマンの説明は、彼女の証言の中でもっとも感情が現れた場面だった。「今回の事件で私がした行為、犯した罪の中でも、これが最悪の出来事です」と言って、彼女はしゃくりあげた。にもかかわらず、彼女はラニエール被告の命令に従い続け、書類を渡そうとしなかった。「責任ある親になるためならなんでもする」という自らの意思を、被告に見せたかったのだ。

ラニエール被告は何年もザルツマンとの間に子供を作る可能性をちらつかせ、「1年から5年以内」という期限を設定したこともあった。だがバレーボールの試合の後に行われた祝賀会で、ザルツマンが他の男性に抱きつき「倫理違反」を犯したため、被告はこの約束を反故にした。ラニエール被告は憤慨し、自分をここまで「ないがしろにする」人間と子供を作りたいとは思えない、と言った。

ザルツマンはこれに対し、自分の行動が終始不適切だったと反省する7ページにも及ぶ手紙をラニエール被告に送った。「私が与えた心の傷のせいで、私たち2人がともに描いた人生設計を台無しにしてしまいました」とザルツマンは法廷で手紙の文面を読み上げた。彼女は手紙の中で、被告を侮辱したこと、グループのリーダーとしての評判を貶めたこと、そして「まだ存在してないけれども」生まれてくるはずだった子供の評判をも傷つけたことを謝罪した。だがラニエール被告は一切意に介さず、長年関係を持った別の女性との間に子供ができる予定だと明かして、ザルツマンにとどめを刺した。

「私はとても動揺しました。とても傷つきましたし、訳が分かりませんでした」にもかかわらず、彼女は集団に残った。「拠りどころになるものは何もありませんでした。愛する人も、子供も、何もかも」

2017年、ザルツマンはさらにラニエール被告の魔の手に堕ちていく。ネクセウムのメンバーでメキシコの裕福なメディア王の娘ローザ・ラウラ・フンコから、女性だけの秘密組織に誘われたのだ。ザルツマンは知られたくない秘密や卑猥な全裸写真を「担保」として提出した後、本人が言うところの一軍「奴隷」になった。つまり、フンコ、マック、クラインの他に4人の女性らとともに、DOSの中でもラニエール直属の側近メンバーとなったのだ。ザルツマンの証言によると、DOSに加わってからほどなく、フンコ以外の全員がラニエール被告と性的関係にあった、または現在関係をもっていることが判明した。

ザルツマンによると、グループは週3回ミーティングを開いていたが、メンバーは毎回ミーティングを始める前に全裸で集合写真を撮ってラニエール被告に送らなくてはならなかった。「全員同じ姿でいるよう求められました。同じ表情で、全裸で」とザルツマンは証言した。被告は女性たちに、身体に押した焼印がはっきり見えるよう、かつ全員が「うれしそうな顔」をするように命じた。もし被告が満足しない場合は、撮り直しを命じられることもあった。「足の開き方が十分でない場合は、もっと開かなくてはいけませんでした」とザルツマンは言い、彼が異様に「性器のクローズアップ写真」を好んでいたことをメンバー全員が知っていたと付け加えた。


主人が奴隷に命じた「自己否定」活動とは?

DOSの奴隷たちの大半は、自慰行為を控えたり、1日の食事を1500キロカロリーに制限したりするなど数々の「自己否定」活動に参加するよう命じられた。またラニエール被告を性的に興奮させることも命じられたが、ザルツマンはこれを「任務」と呼んだ。ザルツマンが言うには、勧誘した奴隷はみな被告と関係を持っているとマックから聞かされるまで、任務のことは知らなかったという。このことをラニエール被告に問いただすと、被告は女性たちとは寝ていないと答え、任務の目的は「男性優位になりがちなシチュエーションで、男性が優位ではない状況」を女性に提供することなのだ、と言った。

「彼は、それが女性たちの成長につながると考えていたのです」とザルツマンは証言した。

DOSメンバーはまた、不適切とみられる行為に対して「お仕置き」を受けねばならなかった。レザーストラップで鞭打ちするお仕置きでは、ラニエール被告はしばしば別室からスピーカーフォンで指示を出していた。「彼はスピーカーフォンから、ちゃんと手首を強くひねるように、と指示しました」とザルツマンは言った。また仲間のDOSメンバーの一人ダニエラ・パディーヤが、「お高くとまっている」という理由で被告から一度暴力を受けたことも証言した。「床に横たわる彼女を、彼は蹴り飛ばしたのです」と、ザルツマンはパディーヤの話を繰り返した。

ラニエール被告はまた、建物に地下牢を作る計画を立てており、パディーヤはお仕置き用の道具として多種多様なBDSMグッズを買いそろえた。このことは、セックスグッズ会社のオーナーも先週証言している。パディーヤは檻も発注していたが、2017年にDOSの活動が公になった直後、注文をキャンセルした。

時を同じくして、DOSの元奴隷でザルツマンの長年来の友人サラ・エドモンソンが、DOSの「焼印」はたちの悪い自己啓発のシンボルではなく、実はラニエール被告のイニシャルであることを突き止め、脱会した。エドモンソンの夫はネクセウムのイベントで、皆が見ている前でザルツマンにDOSのことを問いただし、グループの他のメンバーもDOSの存在を知るべきだと詰め寄った。2017年後半、ニューヨーク・タイムズ紙が焼き印の写真つきで、エドモンソン氏の暴露インタビュー記事を掲載したのがきっかけで、集団の存在は広く知れ渡ることになった。

ネクセウムにまつわる悪評に対し、ラニエール被告は損害を最小限に食い止めようとした。ザルツマンの証言によれば、被告はただちにDOSの一軍奴隷たちに、被告がDOSの存在を知っていたこと、女性たちが自らの意思で焼印を入れたことは伏せておくよう指示を出した。また、バー・アルファ・ミューという名前で集団専用のWEBサイトの作成を命じ、焼印は自分のイニシャルではなく、ギリシャのシンボルであることをネクセウムの他のメンバーに伝えるよう指示した。

ラニエール被告は公式声明文も作成した。DOSの存在を擁護しながらも、自らの関与は否定するという内容だった。声明文は裁判でも読み上げられたが、メディアに批判の矛先を向け、同意のもと活動に加わった女性たちを糾弾し、率先して「女性の権利や第2のライフスタイルに反対するキャンペーン」を行っていると非難した。またメールには、DOSのメンバーを独立宣言の作者になぞらえた箇所もあった。


異常な指導者を信じ続けた末に見たもの

ネクセウムの会員が次々離脱する中、ザルツマンはラニエール被告がDOSとは無関係で、集団の存在を知らなかったという話を貫いた。「私はみんなに嘘をつきました。組織全員に嘘をついたのです」と彼女は証言で述べた。彼女の忠誠心で気が大きくなったのか、ラニエール被告はふたたび子供を作る話をザルツマンに持ちかけた。一緒に病院に行って不妊治療を受けにいこうとまで言った。これを聞いたザルツマンは喜んだものの、被告が血液検査を拒否したことで彼の真意に気づき始めた。「当時私は他の誰よりも一生懸命(DOSを)正当化していたので、彼はこの状態をキープしようとしていたのです」

ラニエール被告がメキシコで逮捕されたのを受け、ザルツマンは自分がどれだけ被告の言いなりになっていたのか受け入れるようになったと言う。実際に証言台に立っている間も、心の整理をつけようとしている場面が見受けられた。「私たちがしたこと、ネクセウムで私が教えていたことはすべて……彼が教義に沿った生活を送れるようにすることを中心に回っていました」

だが自分の頭に銃が突きつけられたとき、ラニエール被告がウォークインクローゼットからこっそり出てくるのを見て、彼の教え、彼の約束、彼と共有した夢がすべて遠い存在に見えた。「こんなことが起きるなんて夢にも思いませんでした。私はキースの無事を選んだのに、キースは自分自身を選ぶだなんて」