チョコレートプラネット

コント日本一決定戦『キングオブコント2019』(TBS系)の開催決定会見が23日、都内で行われ、昨年度の覇者ハナコと、今年エントリーを決めているチョコレートプラネット、マヂカルラブリーが出席した。

優勝賞金は1000万円、プロアマ不問、所属事務所も不問、2人以上のユニットを対象に行われる本大会。エントリーはこの日23日から7月12日まで受け付けられ、準決勝は9月5日、その後決勝が行われ、ファイナルステージ3組から優勝者が決定する。

ハナコの菊田竜大は昨年の優勝後、結婚。結婚指輪を嬉しそうに披露し「優勝したら結婚しようって決めていたんです。本当に優勝してしまって。(昨年の)優勝賞金も結婚式の資金にしようと思っています。半分親が出してくれるんで」と満面の笑み。「奥さんは何でもしてくれます。僕がよく笑うらしいんですけど、そこを好いてくれているみたいです。僕は家に帰って今日会ったことをずっと喋っているんですけど、それを楽しく聞いてくれています。もう1人自分がいる感じ。本当に毎日楽しいです」とノロケた。

秋山寛貴も優勝を改めて振り返り、「あの週から人生が変わって、お仕事も増えました」とコメント。「霜降り明星と比べたら見劣りしますが、岡山で初冠番組も始まりました。優勝賞金は実家の外壁のリフォーム代にしました」と“優勝特需”に大喜び。しかし、今年の出場については「出るかどうか悩んでいます。ネタは作っていますが」と消極的だった。

チョコレートプラネットは2014年の準優勝が最高位。長田庄平は「絶対優勝します」と宣言し、「優勝して今のギャラを9000円から12000円にします。優勝したらコンビで(ネタのTT兄弟にちなんで)TTパークを作ろうかなと。田無に。小さくても作りたい」と意気込み。松尾駿も「優勝したらモノマネを封印します。そのくらいの気持ちで行きます」と決意を述べた。

マヂカルラブリーの野田クリスタルも「今年も出ます」とやる気満々。「今年は仕事もギャラも増えました。ギャラは5000円から6000円になりました」と本大会を通じて仕事も増えたとのこと。「今年は5位を狙います。僕らは優勝しない確率高いんで」とジョークを交えつつ、「ネタも体もまだ未完成ですが今年も脱ぐためにこれから体仕上げていきます。5位じゃなかったらすぐ脱いだりするのもやめます」ときっぱり。村上は野田の「5位狙い」に不満げで「僕は優勝狙います。優勝できなかったらボランティア100時間やります。優勝したらバイトしていたバーが売りに出されていて、それが100万円くらいで買えるというのでそれを買いたい」と意気込んだ。