連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」に出演する俳優の向井理さん(左)と吉高由里子さん(C)TBS

 女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が21日に放送された。吉高さん演じる主人公・東山結衣に対して、向井理さん演じる元婚約者・種田晃太郎が告白する場面があり、SNSでは「向井理にズッキューン」「向井理がかっこよすぎ」「きゅんきゅんした」などの声が上がった。

 第6話は、巧(中丸雄一さん)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこさん)らに結婚の報告をした結衣。そこに、偶然、種田がやってくる。独立話を断った種田に、巧が「(独立話を)蹴った理由って何なんですか? まさか、結衣ちゃんだったりして……。冗談ですよ。さすがにまだ結衣ちゃんのこと好きなんてありえないですよね?」と聞くと、種田は「いや、好きですよ。いまでも好きです」と告白する……という展開だった。

 ツイッターでは、「種田さん」などがトレンド入りするなど盛り上がりを見せ、「種田さん『好きです』って巧くんの前で言っちゃうんだ!?ってドキドキハラハラ」「あんな告白されたい」といった声のほか、「巧と種田さんとの板挟み、うらやましいぞ主人公」「吉高由里子になりたすぎる」といった声もあった。

 「わたし、定時で帰ります。」は、朱野帰子(あけの・かえるこ)さんの同名シリーズ小説(新潮社)が原作。「残業ゼロ」「定時で帰る」がモットーのワーキングガール、結衣が、くせ者のモンスター社員の抱える会社でさまざまなトラブルを解決していく物語。