亀梨和也演じる菊田の切ない表情に注目だ

二階堂ふみと亀梨和也(KAT-TUN)がW主演を務める木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が、いよいよ第二部「インビジブルレイン」へと突入。5月23日、30日と2週にわたって放送される第7話、8話は、一人の暴力団員が惨殺されたことから始まるサスペンスストーリー。

本作は、累計400万部を突破した誉田哲也の大ベストセラー警察小説「姫川玲子シリーズ」を原作に、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川玲子(二階堂)が、部下である巡査部長・菊田和男(亀梨)ら姫川班メンバーとともに数々の難事件に立ち向かっていく本格派警察ドラマ。第二部では、次第に警察の過去の不祥事が浮き彫りになり、警視庁捜査一課を揺るがす事態へと発展していく。警察上層部は女性刑事・姫川に対し、過去の事件の隠ぺいを理由に、「容疑者“ヤナイケント”を追うな」と指示するが、「蓋(ふた)をするなんてできない」と単独での捜査を決意。そんな姫川を心配する菊田は「俺が信用できませんか。俺たちはチームです」と、姫川班として、男として、姫川を支えられないもどかしさを抱え葛藤する。 

淡い恋心を伏せ、姫川の一番近いところで献身的に支えてきた菊田に、さらに追い打ちをかける出来事が……! 事件を追う中で姫川は、暴力団員・牧田勲(山本耕史)と運命的に出会い、禁断の関係に溺れていってしまうのだ。惹かれ合う二人の様子を、ただ遠くで見つめる菊田。このたび、冷たい雨に打たれ立ち尽くす亀梨の場面写真を初公開。目線の先には、牧田に手を取られ雨の中駆けていく姫川の姿。亀梨のファーストソロシングルであり本作の主題歌「Rain」の中で、亀梨は“叶わないことが真実ならば 風に揺れた果実を ただ護りたい 手の中”と歌う。菊田が抱く心情にリンクした歌詞が『インビジブルレイン』の悲しみ漂う世界観にそっと寄り添う。胸を締め付ける亀梨の切ない演技に注目が集まる。
                                                                   
<第7話あらすじ>
暴力団組織である六龍会の構成員、小林充(古野陽大)が何者かに殺害された。顔は傷だらけで、凶器は大ぶりで幅の広い刃物と推測。致命傷は胸部のものと思われるが、怨恨で何度も刺したというより、刃物の扱いに慣れていない者がメチャクチャに切りつけたように見えたという。殺害されていたアパートは小林が同棲中の志村恵実(玉井らん)の部屋。第一発見者でもある恵実に事情聴取が始まった。

特別捜査本部が立つ中野北署に集められた姫川班の面々。被害者が暴力団員であることから、刑事課と組織犯罪対策課の合同で捜査に当たることになった。その矢先、特捜本部にタレコミの電話が入る。それは「小林を殺したのは“ヤナイケント”」という内容だった。容疑者“ヤナイケント”を追おうとする姫川(二階堂)に、警察上層部は当人を追求しないよう指示を出す。指示の裏には、過去の不祥事を隠ぺいしようとする上層部の思惑があった。巨大な警察組織の後ろ盾を失ったまま、姫川は菊田(亀梨)たちの力を借りることもせず、無謀な単独捜査を進めていく。そんな中、同じく“ヤナイケント”の居場所を探していた極桜会会長、牧田勲(山本)と出会う姫川。相手の素性を知らないまま、姫川と牧田はお互い惹かれ合っていくが……。