連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に出演した横浜流星さん

 1~3月に放送された女優の深田恭子さん主演のTBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじこい)で由利匡平を演じた俳優の横浜流星さんが、テレビ誌「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)が主催する「第100回ドラマアカデミー賞」の助演男優賞を受賞した。22日発売の同誌5月31日号で発表され、インタビューなどが掲載された。

 同誌の「ドラマアカデミー賞」は、読者と記者、有識者の投票で選出。支持者からは、匡平の純粋さを自然に演じた点に賞賛が集まったほか、地毛を5日に1回染めて臨んだ特徴的なピンクの髪にも絶賛の声が多数寄せられたという。

 横浜さんは、受賞に「ありがとうございます。すごくうれしいです。たくさんの方が応援し、愛してくださった証しだと思う」と喜び、共演した深田さんについて「最初にお会いしたときは『テレビの人だ!』と緊張したのですが、たくさん話し掛けてくださったので、すぐに順子にしか見えなくなって。おかげで自分も匡平として現場にいられました」と振り返った。

 さらに、「今作では先輩方と共演させていただいて大きな財産を得ることができましたし、本当に大切な作品になりました。皆さんとはぜひまた共演したいです。やるなら、やはり続編ですね! 順子と匡平がハッピーエンドになったその後が見たい。東大を卒業して結婚している姿とか。もう髪はピンクではないと思いますが、続編ができるなら何色にでもなりますよ!」とメッセージを寄せている。

 「はじこい」は、マンガ誌「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきさんのマンガが原作で、深田さん演じる“しくじり鈍感アラサー女子”の春見順子の前にタイプの違う男性3人が現れることから始まるラブコメディー。3人の男性を横浜さん、永山絢斗さん、中村倫也さんが演じた。

 「週刊ザテレビジョン」5月31日号の表紙は、22日から放送される「5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』」(テレビ朝日系)で主演を務める人気グループ「V6」の岡田准一さん。価格は390円。