グラフィティ出身、浮世の女性たちを和紙にスプレーで描くアーティスト

10代でヒップホップと出会い、91年に16歳で単身渡米、アメリカでグラフィティと出会い、西海岸を拠点に活動を開始したTOMI-E。

94年の帰国後はグラフィティにとどまらない様々なプロジェクトや作品を手がけてきたが、近年、浮世絵との出会いがあり、それまでに培ってきたグラフィティと浮世絵を融合した独自のスタイルを模索し続けてきた。昨年8月にはこの10年に渡って描いてきた600点以上にものぼる作品の中から、女性をテーマにした作品を厳選した画集「富壱 tomi-e」"艶" を出版した。

ーグラフィティを始めたきっかけは?

TOMI-E:八王子の古着屋で働いてた時、有線でラップが流れてたのをきっかけに、ヒップホップに辿り着いたんです。それで、アメリカで買い付けに連れていってもらった時に、ブロック・パーティに行って。写真を撮って、真似して自分でも始めるようになりました。古着屋の買い付けでアリゾナ、LAに行くようになって。ビザを取って、うろうろしてましたね。とにかくブラック・ブックに描きまくって。壁にも描きまくって。上手い下手とか、誰かに見せるとかじゃなくて、自分をぶつけてたって感じですね。

ー帰国する頃には日本でもちょうどグラフィティのシーンが始まっていましたよね。

TOMI-E:本当に初期の面白い時代で。日本にはKAZZROCK、JELL-O、SMASH、NESM等がいました。当時グラフィティと言えば、桜木町の高架下の壁だったので、そこで描いてて、雑誌Fineに取材してもらって。そこからみんなにつながったんですよ。見よう見まねではあったけど、この世代はストイックにやってましたね。

ーそこから絵を仕事にしていこうとなった転機は?

TOMI-E:仙台のクラブからFine編集部経由で連絡をいただいて、壁を描いたんですよ。20歳そこそこのヤツが好きで勝手に描いてたのが、初めての仕事で8万円のギャラをいただいて。働いてた電気屋を辞めて、「俺はこれをやりたい!」って思いましたね。ただ、今でもそうなんですが、営業をしたことがなかったんで、そこで一回どん底です。それで94年にG-SHOCKの仕事をいただいて。企業仕事をやらせていただくようになってから、どんどん広がっていきました。ただその時点でマインドは変わりましたよ。当時のライターはヴァンダリズムだったり、顔を出さなかったり、個人の自由だけど暗黙のルールがあった。今のバンクシーにしても、謎めいた存在ですよね。でも俺はそういうのは関係なく、目立ちたいっていうのが先行してましたから。その頃はちょうどベンチャー起業が出始めてた時だったので、バジェットを投げるから何か面白いことができないか?って言われて。そこでゲームとか漫画を作ったり、グッズを出してみたりとかいろいろやってたんです。

その次に声がかかったのが芸能で。その時に、ヒップホップの中で芸能に足をつけてる人がいないな、これは面白いかもしれないと思ったんです。タバコの広告とか、違うアプローチからも仕事が入るようになって。その間にTV番組も入ってくるようになったんです。でも契約してすぐに事故を起こしてしまって。借金を抱えて、2年間腕が効かなかったことによって、マインドが変わっていきました。その後にまた面白い縁で、そのTV番組の制作会社が、俺をモデルにした映画(『TAKI183』)の話を持ってきてくれたんです。その映画を作ることによって独立しようと思ったんですよ。そこで、映画で着る服をブランド化して、最初の資金を作ろうと思って、それでACC(ASIAN CAN CONTROLERZ)が始まったんです。そこでブランドが売れて、クルーもどんどん増えていった。でもそれも2008年の12月30日に全員集めて、「解散」って言ったんですよ。やっぱり一人ひとりの絵が強くなっていかなきゃいけないから。で、僕の転機もそこであって。キャンバスに描いて、初めて個展をやらせてもらいました(2008年、銀座SHINWA ART MUSEUMでの「TOMI-Exhibition」)。でもそこから絵を描けなくなった時があって。


「生和貴」(©︎TOMI-E, Photo by Yuji Shiraki)

ーそこから浮世絵との出会いがあるわけですよね。

TOMI-E:美術館で実際に働いてみて、そこで棟方志功とか葛飾北斎に出会ったんです。絵師がいて、彫り師がいて、刷り師がいる。そこの三位一体があって浮世絵が出来上がる。そこにヤラレてしまったんです。


ーそこで自分の中での日本的なものの追求と、スプレーで描くことのこだわりが融合したわけですね。

TOMI-E:そうです。スプレーだけはずっと使っていきたいんです。自分のアイデンティティとして、和紙を使って、浮世絵から受けたインスピレーションがある。でもスプレーだけは外せないんです。スプレーがなかったら僕は今ここにいないわけですから。アメリカからもらったものを、日本人として何か違う形のオリジナルとしてできるものをずっと模索してた中で出会えたんです。

ーそこまでに試行錯誤はありました?

TOMI-E:スゴく悩んで、迷ってしまって、絵が描けなくなって。初めて和紙に吹いてみて、どういうやり方をすればいいんだろう?ってなって。キャラクターを描いても今までと変わらないし。それにキャンバスと違って、色を上から重ねられない。同じ一発勝負でもちょっと感覚の違う一発勝負なんです。色が重ねられないということは、濃い色から乗せていかなくちゃいけない。そこからステンシルみたいな手法で、乗せて重ねていくのが面白くなっていった。ちょうど1年ぐらいかけて、2009年にはもうこれがスタートしてますね。

ー絵を描く時に自分で決めていることってありますか?

TOMI-E:昔から面白い隠し絵は好きでしたね。でも最近の作品では、そういうのもなくすように敢えてしてますね。

ーシンプルになったということですか?

TOMI-E:削ぎ落とされたというか。今までプラスで全部乗せてたものを、ここからマイナスにしていったらどうなるんだ?っていうのをやってるんです。それまでは細かなところに目が行きすぎてしまっていたんですけど、もっと普通にパッと見た時に何を感じるのか、そういう方が大事なんじゃないかと思って。昔は足していって、足していって、面白くしようと思ってたんです。でもシンプルなのがベストなんじゃないかと思って。


「紫掛  Shikake」(©︎TOMI-E, Photo by Yuji Shiraki)

ー絵を描いていて女性のどういうところに惹かれますか?

TOMI-E:うなじですね。一人ひとりの生え方が全然違うんですよ。男にはない女性特有のもので、そこが一番セクシーだと思うんです。あと、正面から描くと絶対ブサイクになるから、少し下を向いたところとか、45度の斜めの角度とかが好きで、ドキッとする瞬間があるんです。本当、いろんな女性がいるなって思うし、セクシーさが一人ひとり違うなって思いますね。昔は女性のタイプが決まってたから、そこでしかインプットできなかったんですけど、一人ひとりのかわいさがわかってきたんです。


ー10年間女性を描き続けてきて、さらに描きたいものは出てきていますか?

TOMI-E:やっぱり仕草ですかね。画集の最後の方に出てくる絵にしても、化粧で紅をつけてるところだったりするんです。女性って紅をつける時、唇を合わせてニッてやりますよね。でもそれって絵にするとけっこうブサイクで、女性が一番見られたくない表情になってしまう。ほんの一瞬なんですけど、好きな人に会う前とかに、化粧はしてるんだけど、一つ抜けてるような自然のシーンがスゴく好きで。本当、女性が描けるようになって良かったです。

ーこれはライフワークになりそうですね。

TOMI-E:もう完全にライフワークですね。無理して描かないで、ずっとこれを続けていきたいなっていうものをやっと見つけられたんです。キャンバスとか壁を描いてる時って、何をやっても提示できないんですよ。結局はアメリカの真似事であって、いくらオリジナルなものを描いても、例えば和柄を描いたとしても、それはまた違うものであって、アメリカからもらったものに対して返せないというか、提示できないというか。でもここでやっと自分の好きなものを見つけられたって感じなんです。それは出会った女性のおかげでもありますね。本当、女性のパワーは強いです。ここ7年ぐらいでスゴく女性のことを尊敬するようになりました。

ー今後考えていることは?

TOMI-E:2019年からATHLETAっていうブランドとのコラボも始まります。ブラジルのサッカーのブランドなんですけど、2020年のオリンピック・イヤーに向けて、いろいろプロジェクトがスタートしていきます。ここでも落とし込みたいのはやっぱりジャパンで。練習着でも和テイストのものを作ってみたりしたいですね。


「Rock Star Parilyn IV」(©︎TOMI-E, Photo by Yuji Shiraki)

ー画集を主婦の友社から出版しているのは理由があるんでしょうか?

TOMI-E:ある親父からのご紹介でWORKSHOP MU!!っていう、大先輩でグラフィックの先駆者の方たちとお会いさせていただいたのがきっかけです。その方たちは70年代、狭山のアメリカンハウスにみんなで生活してて、NIAGARAのジャケットやたくさんのグラフィックを描いてるんです。当時一番カッコいいストリートの人たちで、その先輩がおっしゃってたんですが、自分たちの後の世代には面白いのがいなかったらしいんですけど、僕のやってきたこととかには興味を持ってくれたらしくて。先輩たちもアメリカにヤラレて、アルバム・ジャケットなどを作ってたわけで、結局僕もヒップホップに影響を受けて同じようなことをやってたわけなんですよ。


「富壱 tomi-e」”艶"
(主婦の友社)
初画集「TOMI-E 富」以降8年の間に浮世の女性たちを和紙にスプレーで描いた作品を納めた画集。2018年、ヒップホップ誕生の日と定められた8月11日に発売された。

TOMI-E
http://www.tomi-e.jp