大阪☆春夏秋冬「6人1部屋共同生活、喧嘩寸前の話し合いで見えたグループの新しい形」(前編)

6人組女性ダンス&ヴォーカルグループ、大阪☆春夏秋冬。デビュー当初から歌唱力、ダンス力に定評があった彼女たちだが、昨年夏からの1年でそのパフォーマンスが大きく変化したことにお気づきだろうか? 「あの頃の自分たちは何がしたいか分からなかった」過去をそう振り返る彼女たちを大きく変えたのは、6人の喧嘩も辞さない激しいぶつかり合いだった。大阪☆春夏秋冬、深化の1年。インタビューを始める前にあえて断言しておきたい。今こそ彼女たちのLIVEを観るべきだ。

──昨年6月に発売したアルバム『SSFW』までのインタビューは他のサイトでも見かけるので、今日はそれ以降のお話をお聞きしたいと思っています。夏以降、精力的に定期公演を開催していた印象があります。

MANA 公演ごとにお題が決めていたんです。例えば、「ドキドキすることやめられない」とか「ドブネズミみたいに美しく」とか「夏祭り」とか。テーマに沿って私たち自身で小説を書いてそれを朗読してそこから曲につなげた公演もありました。

YUNA その中でいろんな方の曲をカバーさせていただきました。自分たちで振り付けをして。そこからJUN SKY WALKER(S)さんの『すてきな夜空』を正式にカバーさせていただくことにつながったり。

MANA あとはX JAPANさんの『紅』もやったし。THE BLUE HEARTSさんの『リンダリンダ』もやったし、LINDBERGさんの『今すぐKiss Me』とか、Whiteberryさんの『夏祭り』とか。

ANNA それに毎月新しい曲をライブで披露していくっていうのに去年初めて挑戦させてもらったんです。毎月、新曲なので、振りを付けて振りを固めて、ワンマンライブの流れでどこに入れたらいいかをみんなで話し合って、定期公演で一曲ずつ披露していけたのも自分たちの中ではすごく大きかったんじゃないかなって思っています。

──今は振り付けもライブの構成も自分たちで考えているんですか?

ANNA セットリストも自分たちで考えていて、例えば1部と2部がある時は、1部はバラードよりにして、2部はガッツリにしようとか。毎回セットリストを変えて、その都度、今回こういうテーマを届けようっていうのをたくさんミーティングして作ったので、内容の詰まったライブにできたんじゃないかなって思います。

MANA 演出の先生もいらっしゃるんですけど、セットリストを考える時にその先生と言い合いになったりとか……。

──かなり激しく?

MAINA 激しいです(笑)。どっちもゆずらんみたいな。

──メンバーがセットリストを考えるようになったのは最近ですか?

MANA 10曲を超えるワンマンのセットリストを考えるようになったのは定期公演が始まってからですね。

ANNA セットリストを考えると、その分、自分たちで「ここはこういうことを伝えたいな」って明確になってくるんで、よりライブが分厚くなってくるし、6人で話し合ってる時間が長くなりました。ダンスと歌の練習をするのと同じ時間ぐらい話し合うので。

──セットリストのミーティングにそれほど時間をかけるんですか?

ANNA はい。今回は誰か一人が作りましたとかじゃなくて、6人で考えてるんで。気持ちの統一感は去年でより強くなったんじゃないかなって思っています。

RUNA 定期公演が始まったと同時ぐらいに、自分たちが持っている曲全部、一曲ずつミーティングして、この曲はこういう思いでやってますとか、ソロパートの部分はこういう思いでやってますっていうのを6人がそれぞれ言い合いました。そのミーティングを通して、6個バラバラにあったものが、大きな一個になった感じです。メンバー全員の思いを理解した上でライブができるんで、それは全然変わりましたね。

MAINA 私、ノート一冊使いましたもん。

──曲に対するメンバーの思いを書き留めていて?

MAINA はい。ノート自体はちょっと薄いんですけど。

EON ちょっと! ノートの薄さは別に言わんでよかったんちゃうん。

MAINA たしかに。やっぱり分厚いノートだったって書いといてください(笑)。

──いや、きっちり事実を書かせていただきます(笑)。でも、そのノートには具体的にどういうことを書くんですか?

MAINA RUNAがこの曲に対してどう思っているのか、自分がどんな音を聞いているのか、EONが煽る時にどんな感情で煽っているのか、それぞれがどんな感情でダンスしているのか、その曲はどんな色、どんな景色なのかを全部まとめました。

ANNA 同じバラードでも誰を思い浮かべるとか。

YUNA 全然違うんですよ。面白いです。

MANA 共有したからこそ、今回のライブのこの曲ではこういう景色を思い浮かべようとか、統一できるようになりました。同じ曲でもライブによってみんなで思い浮かべる景色を変えたりしてるので、毎回ちょっとずつ違った曲になってるんじゃないかなって思います。

RUNA それこそ今回、作詞に参加させていただいたんですけど(3月に配信された『その手(demo音源)』)、今まではそういうこともなかったので、いただいた歌詞の気持ちを汲み取ってそれを共有するっていうのはすごく大事やなって改めて思いました。

MANA 何曲か聞きに行ったんですよ。作詞していただいた方に、これってどういう思いで書かれたんですか?って。

RUNA 聞いて初めて知ることもありました。

──大阪☆春夏秋冬は2015年のTOKYO IDOL FESTIVALでアイドルファンに“見つかった”と言われていて、あの当時、ステージを観た人がみんな「すごいパフォーマンスのグループがでてきた」って言っていたんです。だからあの時点でパフォーマンス的にはもうほぼ完成しているんじゃないかとも思ったんですが、全然そんなことなかったわけですか?

6人 いやいやいやいやいや!

EON あの時の映像観たらヤバいもんな。

ANNA もう観れないです。

YUNA がむしゃらやったもんな。東京なんてほぼ来たことのない状態で、あんなに人が集まってるのも見たことない。

MANA あの頃はまだ、この思いを届けたいとかじゃなくて、「見てー!」みたいな。「なんでもいいから胸に刺されー!」みたいな感じでがむしゃらにやってました。

MAINA 料理が美味しいとかっていうレベルじゃなくて。

YUNA とりあえず皿に乗せとけ、みたいな(笑)。

MAINA 丼にいろんな肉を積み重ねて今まで誰も見たことのない丼が完成したみたいな感じですよね。

EON 頑張って例えようとしてるけど、分かりにくいな(笑)!
(後編へ続く)

▽大阪☆春夏秋冬ミニアルバムが7月31日に発売。既に配信リリースされているTVアニメ『FAIRY TAIL』のOPテーマ『NO- LIMIT』、そして本人たちが作詞に参加した『その手(demo音源)』の完成版音源も収録予定。