車のニュース[2019.05.21 UP]


プジョー、3008と5008に新型パワートレーンを搭載

5008(左)/3008(右)

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドのSUV「3008」および「5008」に改良型ガソリンエンジンと電子制御8速ATを搭載した「3008 Allure/3008 GT Line」と「5008 Allure」を設定し、5月21日に発売した。今回発売されたモデルの価格は3008が367万~409万円、5008が414万円。


ガソリンエンジンを改良し、8速ATを採用

改良型1.6リッター PureTech ガソリンエンジン

 2017年にデビューした新世代SUVである3008と、3列シートを備える7人乗りの5008は、日本市場におけるプジョーの中でも販売比率の高い人気モデルだ。
 今回、その2車のガソリンエンジン搭載モデルの改良を実施し、既に改良を済ませたディーゼルモデル「ブルーHDi」と合わせ、3008と5008はともに全車8速AT化と環境規制への適応を果たした。
 新たにに搭載されるガソリンエンジンは、従来の1.6リッターPureTechエンジンを改良してEuro6.2の排ガス規制に対応させたもの。ガソリン微粒子フィルターによる排出ガス浄化、フリクション低減、電子制御ウエストゲートバルブの採用などにより、これまで以上の高効率、ハイレスポンス、スムースな吹け上がりを実現した。
 アイシン・エィ・ダブリュと共同開発した電子制御8速オートマチック・EAT8は、3つのドライブモードを選択可能。新搭載のフリーホイール機能により、エコモード時に走行条件が合えばアクセルオフ時にクラッチを切ることができる。各モードの制御は以下の通り。
■エコモード:エアコンの最適化、フリーホイール機能により燃費走行に貢献
■通常モード:シフトタイミング、ドライバビリティ、コンフォートの最適化
■スポーツモード:シフトアップポイントの高速化、アクセルレスポンスの向上、ステアリングフィールの変更


人気の高いパッケージオプションを設定


 3008 GT Lineと5008 Allureには、ディーゼルモデルの3008 GT BlueHDi/5008 GT BlueHDiで装着率約70%の「ファーストクラスパッケージ」を設定している。

ファーストクラスパッケージ内容(30万円・税込)
・運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート
・前席シートヒーター
・パノラミックサンルーフ
・360°ビジョン


グレード/価格




関連情報


ボディタイプ:SUV・クロカンスペック・特徴新車輸入車