【ブルーレイレコーダー】おすすめ商品4選|家電ジャーナリストが厳選+目的別14選

【この記事のエキスパート】

IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト:安蔵 靖志

一般財団法人 家電製品協会認定 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)、スマートマスター。AllAbout オーディオプレーヤー、スピーカーなどのガイドを務める。

日経BP社『日経ネットナビ』『日経ネットブレーン』『デジタルARENA』『日経トレンディネット』などを経てフリーに。

デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。

KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演するほか、ラジオ番組の家電製品紹介コーナーの構成などにも携わっている。


IT・家電ジャーナリストが選ぶブルーレイレコーダー5選をご紹介します。ドラマやお気に入りのテレビ番組を高画質でしっかり残しておくには、ブルーレイレコーダーが最適です。ハイビジョン撮影機器や4K、8K放送の登場により、大容量記録ができるブルーレイレコーダーでなければ、大量のデータを保存し続けることはむずかしくなりました。しかし、いざ購入しようにもたくさんある機種と機能のなかから、どれを選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんに、ブルーレイレコーダーの選び方とおすすめ商品についてうかがいました。最後にECサイトの売れ筋ランキングも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブルーレイレコーダーの選び方|IT・家電ジャーナリストに聞く

IT・家電ジャーナリストの安蔵 靖志さんに、ブルーレイレコーダーを選ぶときのポイントを5つ教えてもらいました。

「全録タイプ」か「予約録画タイプ」かを選ぶ

【エキスパートのコメント】

2番組以上同時録画が可能なものも

ブルーレイレコーダーは、複数のチャンネルを録画し続けて、「過去番組表」と呼ばれるテレビ欄タイプの番組表から再生番組を選べる「全録タイプ」と、従来どおり番組表から録画する番組を選ぶ「予約録画タイプ」の2つに大きく分かれます。

全録タイプは価格が高めですが、地デジ6チャンネルを1週間以上録りためてくれますので、話題になった番組を後から観ることができます。予算さえ許せばかなりおすすめです。好きな番組だけをしっかりと録画したいという方は、それ以外の予約録画タイプを選ぶといいでしょう。

Panasonic『おうちクラウドDIGA 全自動モデル』:

出典:Amazon

全録タイプでチューナーの数も7つあり、ゴールデンタイムの番組をのがさずに複数録画したい方に向いています。

チューナー数とHDD容量(録画時間)をチェック

【エキスパートのコメント】

録画したい番組が重なる方は3チューナー以上を!

全録タイプ、予約録画タイプのどちらにしても、同時録画できるチューナー数はかなり重要です。特番の時期などには録りたい番組が重なることが多いため、最低でも2番組同時録画対応、できれば3番組同時録画対応以上のモデルを選ぶことをおすすめします。

全録タイプの場合、何チャンネル同時に全録できるのかに加えて、予約録画用のチューナーの数もチェックしましょう。また、たくさん録りためるためにはHDD容量も重要です。画質を落とすことでどのくらいの時間まで録画できるのか、容量に加えて録画可能時間もチェックしましょう。

独自の録画・再生機能、その他の機能もチェック

【エキスパートのコメント】

画質調整機能でクリアな映像に

各メーカーともに、新番組自動録画機能やおまかせ録画機能、連ドラ自動録画機能、予約ランキング機能など、ユーザーが好みの番組を予約し損なわないように、さまざまな機能を搭載しています。

録りためた番組を効率的に視聴するための再生機能もメーカーごとに異なるため、機種特有の機能が、自分の使い方にマッチしているかどうかも、ブルーレイレコーダー選びのコツの1つです。

動画配信サービスへの対応やスマートフォン・タブレットへの番組転送機能、外出先から録画番組を視聴できる機能などもありますので、このような機能の有無もしっかりと確認しましょう。

Ultra HD Blu-ray再生機能の有無も重要

【エキスパートのコメント】

3Dや画像をきれいに観たいという方は要チェック

4Kテレビをお持ちの方なら、Ultra HD Blu-rayの再生機能の有無も重要な要素です。Ultra HD Blu-rayというのはブルーレイディスクをさらに高画質化した、いわば「4Kブルーレイ規格」です。

ブルーレイに比べてコンテンツは決して多くありませんが、ハリウッド映画を中心にどんどん増えている状況です。Ultra HD Blu-ray再生機能を搭載するモデルなら、より高画質なコンテンツを楽しめるようになります。

「新4K8K衛星放送」の録画機能を搭載するモデルも

【エキスパートのコメント】

新4K衛星放送の録画は4Kチューナー搭載モデルを

4Kテレビをお持ちで、2018年12月にスタートした「新4K8K衛星放送」の視聴環境が整っている、またはこれから整えたいという方は、新4K8K衛星放送の録画にも対応する機種がおすすめです。

新4K8K衛星放送のすべてを視聴したい場合は新たなアンテナの設置が必要になりますが、従来のBSデジタル放送を視聴できる家庭なら、そのままBS4Kの6チャンネルを視聴可能です(マンションなど集合住宅の場合は管理会社に問い合わせるといいでしょう)。新4K8K衛星放送を録画したい方は4Kチューナー搭載モデルをおすすめします。

SHARP『AQUOS 4Kレコーダー』:

出典:Amazon

4TB HDDに4K放送を4K高画質のまま約262時間録画できる「新4K衛星放送」対応のレコーダー。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)