黒木華扮する大島凪。

コナリミサト「凪のお暇」のドラマ化が決定。7月より、TBSにて金曜日22時から放送される。

エレガンスイブ(秋田書店)にて連載中の「凪のお暇」は、場の空気を読みすぎてしまうOL・大島凪が、仕事を辞め、彼氏からも逃げ、郊外のボロアパートで人生リセットしようとすることから始まるラブコメディ。「このマンガがすごい!2019」オンナ編の第3位、第22回文化庁メディア芸術祭・優秀賞、第8回ananマンガ大賞などを受賞しており、単行本は5巻まで刊行されている。

主人公の凪役には黒木華が決定。TBSの連続ドラマで主演を務めるのは2016年の「重版出来!」以来3年ぶりとなる黒木は、「凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたい」と意気込みを寄せた。またコナリは黒木のキャスティングについて「うれしくて拳を握りしめました」とコメントしている。

コナリミサト コメント

ふわりとした雰囲気の中に凛とした何かを感じて目が離せない・・・。と以前から思っていた黒木華さんが 凪を演じてくださるとお聞きしたときはうれしくて拳を握りしめました。そしてビジュアル第1弾を見せていただいたとき「凪だ! 黒木華さんが!!」とその拳を空高く掲げました。ドラマ放送日が本当に本当にたのしみです。

黒木華(大島凪役)コメント

原作を読ませていただいた時、純粋に面白くてすごくワクワクしました。
本当は空気を読むのが得意ではなくて、自分の気持ちが追いつかずにアップアップしてしまう凪ちゃんの気持ちなど、すごくわかるなぁという気持ちで感情移入してしまいました。このドラマを見てくださる皆さんに、凪ちゃんの姿に共感して、私も一歩踏み出して頑張ってみようかなと少しでも思ってもらえるように、明るく楽しく一生懸命頑張りたいと思いますので、どうぞご覧になってください。よろしくお願いします。

中井芳彦プロデューサー コメント

さまざまな作品で演じる黒木華さんの表情が頭からずっと離れず、いつかはご一緒したいと思いながら数年。この原作と出会った時に「これだ!」と、思いきってオファーさせていただきました。「空気を読みすぎる女」から卒業し、強く明るく生きようと奮闘する凪(なぎ)を是非お楽しみください。

「金曜ドラマ『凪のお暇』」

2019年7月よりTBSにて毎週金曜22:00~22:54放送

スタッフ

原作:コナリミサト「凪のお暇」(エレガンスイブ / 秋田書店)
脚本:大島里美
プロデューサー:中井芳彦
演出:坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰  

キャスト

大島凪:黒木華
ほか