フジテレビの武田篤技術開発部長が、日本ITU協会賞「奨励賞」を受賞した。

  • フジテレビの武田篤技術開発部長

この賞は、電気通信、放送分野に関する国際標準化や国際協力の諸活動において、功績が認められた放送・通信関連企業、研究機関、個人に対して贈られるもの。武田氏は、4K/8Kに代表される高品質・大容量の映像データを、最新の圧縮技術で伝送するために必要なデータ伝送速度を明らかにして国際的な取り決めを策定したことや、放送とインターネットを融合した日本のサービス事例について報告し、国際共有に寄与したことなどの功績が認められた。

武田氏は「コンテンツを視聴者に届ける技術の多様化が進む今、国際標準化活動がさらに重要になると考えます。今後も放送技術、電気通信技術の発展に寄与できるよう、一層の努力を重ねてまいる所存です。ありがとうございました」とコメントしている。

(C)フジテレビ