AKB48グループ歌唱力No.1 SKE48野島樺乃初ソロ公演『レイニーブルー』でしっとりと幕開け

今年1月に開催されたTBSチャンネル「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝を勝ち取ったSKE48の野島樺乃が名古屋・栄のSKE48劇場で1stソロ公演を開催した。

開演前、影アナで登場した野島樺乃が「日本で一番熱いところにしましょうねー!」と宣言し、公演はスタートした。1曲目、徳永英明のカバー曲『レイニーブルー』をしっとりと丁寧に歌い上げ、続けて『愛の色』『万華鏡』を連続して披露。

最初のMCで「改めまして、SKE48の野島樺乃です。緊張しました! 本当にドキドキだったんですけど、どうですか?」と初ソロ公演の喜びに満ちた笑顔で問いかけると、客席からは大きな拍手が。1曲目に歌った『レイニーブルー』について「皆さん知っている曲なので、口ずさんでくれていて安心しました」と振り返り、「最後まで最高に楽しいソロ公演にしていきたいと思います」意気込みを語った。

「次はコールができる曲なので是非コールしてください!」と、爽やかなこの季節にぴったりの曲『君はメロディー』を披露。客席は大きな「樺乃ちゃん」コールで力強くバックアップ。秦基博のカバー曲『ひまわりの約束』では、野島の優しく透き通る歌声に合わせて黄色と紫の光がゆらめく。一人一人の心に届くよう、気持ちを込めて歌ったとの言葉どおり、会場の隅々にまで歌声が広がっていく。

『枯葉のステーション』『夜風の仕業』『虫のバラード』とSKE48にゆかりのあるユニット曲を歌った後は、SKE48メンバーが考えたお題について野島が語るMCコーナーに突入。「変なお題が来たらどうしよう!」と不安がる野島。最初のお題は熊崎晴香からの「一番好きな身体の部位は?」。「爪の形! 衣装に合わせて、ネイルも赤にしました」と答え、順調に滑り出すも、佐藤佳穂からの「一番音痴だと思うメンバーは?」の質問には「チームKIIの青木詩織さん。歌声を聞いたことがない!」と思わぬ毒を吐くシーンも。杉山愛佳からの「正直、杉山のことはどう思っていますか?」という質問には「重くない? 昔は仲悪かったと言われていますが、今は良きライバルです」と笑顔でまとめた。

トークコーナー明けには「生演奏でライブするのが夢でした。ソロ公演ができるだけでも恵まれていると思います。気持ちをこめて歌わせていただきます」と語り、ピアノとシンセサイザーの生演奏で『雨のピアニスト』を披露。

「こんな素敵なステージに立てるなんて信じられない!」とディズニーの「リトル・マーメイド」のセリフをアレンジして歌いはじめた『パート・オブ・ユア・ワールド』は、「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」決勝大会で歌った思い出の楽曲。本当に大好きと語るこの曲の後、ラストは『桜の木になろう』で公演を締めくくった。

全曲を歌い終えた後、野島樺乃は歌唱力No.1決定戦で優勝してから好きな歌の仕事をたくさんできている喜びを語り、「足を運んでいただき、ありがとうございます。昨年には想像できなかったし、ファンの皆さんも想像つかなかったと思います。皆さんの応援に感謝して、また観たいと思ってもらえるように頑張ります」とこれからの成長を誓い、初めての特別な1日が幕を閉じた。

終演後 野島樺乃コメント
こうしてソロ公演を開催できたことに感謝の気持ちでいっぱいですし、まさかソロ公演を開催できるなんて夢にも思っていなかったので、すごく幸せな時間でした。自分なりに見どころをたくさん作りたいと思って選んだのが1曲目の『レイニーブルー』、中盤の『ひまわりの約束』、生演奏での『雨のピアニスト』、決勝大会で歌った『パート・オブ・ユア・ワールド』です。特に1曲目の『レイニーブルー』は、いい意味でファンの方の期待を裏切れたんじゃないかなと思って楽しく歌えました。素敵な景色を見せていただき、ありがとうございました。これからもまだまだ頑張りますので、応援よろしくお願いします。
▽公演概要
タイトル:野島樺乃ソロ公演
開催日時:2019年5月16日(木)19:00開演
会場:SKE48劇場
来場者数:295人
出演:野島樺乃
サポートメンバー:宮澤由衣(ピアノ)/ 佐藤雄大(シンセサイザー)

▽セットリスト
overture
1. レイニーブルー(徳永英明)
2. 愛の色
3. 万華鏡
4. 君はメロディー
5. 今 君といられること
6. ひまわりの約束(秦基博)
7. 枯葉のステーション
8. 夜風の仕業
9. 虫のバラード
10. 雨のピアニスト
11. またあなたのこと考えてた
12. パート・オブ・ユア・ワールド(ディズニー「リトル・マーメイド」)
13. 桜の木になろう