筆者・加藤勝明(KTU)のライターキャリアは、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)のPC雑誌から始まったが、時代の流れか今ではPC雑誌そのものが消え去ろうとしている……。当時の編集部スタッフも散り散りになってしまったが、かつて自作PC系記事で一緒に仕事をさせていただいた阿部氏が数年前からマイナビニュースに所属。平成の終わりが騒がれだしたころ、久々に同氏からメールが届いた。

再燃したゲーム熱に、凍てついていた自作魂が

その阿部氏、雑誌の仕事を離れてからノートPCだけを使ってきたが、今猛烈に自作PCに再挑戦したいという。スマホ版「PUBGモバイル」でゲーム熱が再燃し、ならばPC版の「PUBG」、さらには「Apex Legends」や「BFV」等のゲームにも挑戦したい、だが普通のノートPCでは遊べないので、久しぶりに自作だ……という流れだ。

私も阿部氏も世間一般には、初老とかアラフィフと呼ばれる種族である。周回遅れでバトルロイヤルゲームに参入しても若者にいいように転がされるのが関の山だが、新しいことに挑戦したいとなれば筆者も力を貸さない訳にはいかない。

というわけで、10年以上も止まっていた阿部氏の時間が、ゆっくりと動き始めた。その顛末を大きく3回にわたってお伝えしたい。

  • ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」でPUBGモバイルに熱中

    ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」でPUBGモバイルに熱中する編集部の阿部。50歳にして、これが一番幸せな時間だという

再会して見せられたのは、ボロボロのCore 2 Duoマシン

「PC版PUBGを快適にプレイしたい」という目標に沿って、自作ゲーミングPCの構成パーツを選定していくが、久しぶりの再会で始まるモノといえば昔話だ。阿部氏と筆者は「PCfan」という雑誌で長年に渡りPC自作の最前線を追ってきた。

Pentium IIだとかCeleron 300Aの時代から、AMDとIntelの1GHz競争を経て、Core 2 Duoあたりまでの間、毎号一緒に特集記事を作りながら駆け抜けてきたのだが、考えてみればPC自作の根幹はその頃と大して変わっていない。CPU性能はPentium 4時代の10倍どころか50倍以上にも達しようとしているが、マザーボードにCPUやメモリを取り付けて……という根本部分は変わらない。昔話を進めれば、阿部氏もかつての嗅覚がよみがえってくるだろう。

  • 懐かしのPCfanを前にすれば、自然と昔話のクロックが高まる。2人ともメガネをおでこにかけているのは、加齢に伴う近距離索敵力低下のため

  • 当時市場では勢いのなかったAMD製CPUを鼓舞する特集記事、プレスコットコアのPentium 4をやや斜めから攻める特集記事などが出てくる出てくる

  • そしてクレジットには筆者の名前が! そういえば「毎週CPUを買う男」として人気だったTK先輩、元気にされてるのだろうか?

さぁ、筆者が過去にやらかした悪行の数々が阿部氏の脳裏に去来する前に本題に進まねばならない。聞けば最後に組んだ自作PCは自宅の奥底に眠っていたという。PCケースや電源ユニットは規格が古くならないため、予算圧縮のために使いまわしたいところだが、外見はともかく異臭がひどい。フタを開けた途端に漂うカビ臭さ。キレイにパーツを外して洗浄すれば解決するかもしれないが、そんな手間暇をかけるほど思い入れはないようだ。そこで完全新規で組み立てることとした。

ただ、電源ユニットだけは使えそうなモノが編集部に転がっている(後述)ということで、それ以外のPCパーツのチョイスが始まったのだ。

  • 阿部氏が最後に組んだPC。Core 2 Duo世代だという。Antecの名作ケース「Solo」は一見すると状態が良さそうだが、フタを開けてみると、長年倉庫に入っていたせいか強烈にカビ臭い! CPUクーラーのマウント部分も破損していた

PUBGを遊び倒すパーツ構成を考える

阿部氏の願いを叶えるべくパーツ選定が始まった。ただ元は自作PCにどっぷり浸かっていただけあって、最初から定番どころのパーツで固めた手堅いプランを上げてきた。ただ、自作PCのトレンドだとか、同価格帯でもより良いパーツ選択、さらに今後の展開まで予測して、という視点でみると10年以上のブランクは否めない。足りない部分をアドバイスしながら、もっと満足度の高いパーツ構成に仕上げていくのが筆者の仕事だ。

今回は阿部氏本人がPCゲーム用に組みたいと言ってはいるものの、それほどPCゲームに費やされる時間は長くないと予想した。人間偉くなればそれなりに余暇の時間も減ってくるし、何よりゲームをぶっ続けでやる気力もなくなる。阿部氏の持ち物やSNSを見る限り、ゲーム目的のPCと言いつつも、写真や動画編集にも使うだろうと判断。PCゲームはもちろん、動画編集系でもしっかり働いてくれるPCに仕上げ、さらなる満足度の高みへ誘うのだ。

CPU:AMD「Ryzen 5 2600X」

元のCPUがCore 2 Duoなのだから、最新CPUはとんでもない速さになることは間違いない。現行のPentiumクラスでも速さに腰を抜かしてしまうだろうが、その感覚をより鮮烈にするためには物理6コア以上のCPUを使うのが正解だ。当初阿部氏は6コア6スレッドの「Core i5-9400F」を指名してきたが、筆者は「Ryzen 5 2600X」を強く推した。

  • AMD Ryzen 5 2600X

    AMD「Ryzen 5 2600X」

その理由は二つ。ひとつは同価格帯でもRyzen 5 2600Xなら6コア12スレッドとCPUの論理コア数が多いこと。今回の企画に自前の4Kビデオカメラを意気揚々と持参する阿部氏の姿を考えると、やはりコア数の多い方が満足度が高かろうという結論。

もう一つの理由は、上位CPUへの乗り換えに関しても、AMD製CPUの方が精神的障壁が圧倒的に低いからだ。例えば、物理8コアCPUへ移行するには、Core i5-9400Fから準ハイエンドのCore i7 9700KFへの換装なら5万円以上かかるが、Ryzenだと最上位のRyzen 7 2700Xでも3万円程度と安い。

さらに、Intel製CPUだと次世代CPUへの移行はマザーボードごとの交換になりやすくコストが嵩みがちだが、RyzenのSocket AM4マザーは今後も可能な限り互換性が確保される見通しである。今年の夏までには出ると噂される「Ryzen 3000シリーズ(仮名)」への移行も、BIOSさえ更新すればスムーズに行えることが各マザーメーカーの動きから判明している

より高性能なCPUが出るとわかっている今、最上位の2700Xを勧めれば、新CPUが出ても性能差をあまり感じられず、"まだ使える" おじさんになるだけ。程々の性能のCPUに慣れさせ、さらなる高みも見せることで、近い将来に高性能なCPUへ乗り換え……。自分の意思で自作PC沼の深みにどっぷりハマッていただくための布石なのだ!

マザーボード:ASRock「B450 Steel Legend」

  • ASRock「B450 Steel Legend」

CPUがRyzenなのだから、マザーはSocket AM4で決まりだ。問題はチップセットをどれにするかだが、前述の通り筆者は長期的に使ってもらい、自作PC魂を再び燃え上がらせてくれることを目論んでいる。つまり、より長く現役で使えそうなものがよい。

X370のようなRyzen最初期からあるチップセットを搭載したマザーなら予算をいくらか節約できるが、やはり古いチップセットはマザーのデザインセンスもオンボード機能のチョイスもそれ相応。より新しいチップセットを載せたマザーのほうが最新トレンドに合ったものが得られるし、万が一旧世代チップセットが足切りにあっても、より長く使い続けられる可能性がある。

こうして考えると、B450チップセットを搭載したマザーを選ぶのが一番理にかなっている。Socket AM4用のチップセットとしてはX470がハイエンドであるが、B450とX470の違いは、PCI-Expressのレーン数やSATAの数など拡張性にかかる部分であり、スタンダードなパーツ構成で自作するなら、ややスペックダウンしたB450でも十分といえる。

B450マザーはチップセットの位置づけに連動し廉価版モデルが多いが、今回そこまではケチらない。コンデンサ等の搭載コンポーネントの質がよく、デザインも今風で洗練されているASRock「B450 Steel Legend」をチョイスした。B450 Steel LegendはRGB LEDにも対応しているが、マザーそのものの光り具合は控えめというのもポイントが高い。経験上、昔の光らないPCを使っていた人にいきなり光モノを与えても、拒絶反応が返ってくることが多いのだ。

  • Ryzen対応チップセットの機能比較

    Ryzen対応チップセットの機能比較。B450は、PCI-Expressのレーン数やSLI対応など拡張性に関わるスペックが削られている反面、Ryzen 2000番台のXFR2やPrecision Boost Overdrive等、CPU性能に関係する部分は上位のX470と同等となっている

メモリ:シリコンパワー「XPower Turbine 16GB (2x8GB)」

  • シリコンパワー「XPower Turbine (SP016GXLZU266BDA)」

搭載できるメモリの規格はマザーボードの設計で決まるのは10年前と共通。さらに同容量を2枚単位で組み込むのがベストというのも共通。ここまでわかっていれば、あとの絞り込みは容易い。現行RyzenはDD4-2933まで対応しているので、確実に動かしたいならDDR4-2400/2666/2933と銘打った製品から選ぶことになる。Ryzenはメモリクロックが高いほどCPUの処理もパフォーマンスも上がるのだが、高クロックメモリになるほど値段も高い。

だが、PUBGを遊びたいという確固たる動機を持った阿部氏だけあって、8GB×2枚組がスタートラインであることはすぐ調べがついたらしい。となれば、あとはメモリクロックと予算で絞り込むだけだが、今回はDDR4-2666の "光らない" メモリを選ぶことで、やや予算を圧縮することとした。次世代Ryzenがどのようなメモリクロックになるか情報がない今、ギリギリを攻めても仕方がない。幸いにして今はメモリ価格が下落傾向にある。不満が出たら一緒にアップグレードすればよいのだ。

グラフィック:ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan」

  • ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2060 Twin Fan」

阿部氏がPC自作に再挑戦する理由はPCゲーム。ならばグラフィックスカードは今回の自作の生命線といえる。PUBGやApex Legends、BFVといったFPS/TPS系の人気ゲームが快適に遊べるとなれば、現行ミドルレンジ以上のGPUが必要だ。

具体的には、GeForce GTX 1660TiやRadeon RX 590といったところが最低ラインだが、今回は「DXR(DirectX レイトレーシング)を使ったゲームも堪能したい」というリクエストがあったので、必然的にGeForce RTX 20シリーズに絞られてくる。GTX 1660/1660TiでもDXRを使ったゲームは "動く" が、DXR対応ゲームを "堪能する" のであれば、RTコアとTensorコアを備えたRTX 20シリーズしかない。予算的にはGeForce RTX 2060が一番妥当なチョイスだろう。

また、グラフィックスカードは工場出荷時にオーバークロック(OC)されたモデルが主役だが、非OCモデルに比べゲームのパフォーマンスが劇的に変わる訳ではない。1FPS単位の極限性能を求める向きはOCモデルを狙うとよいが、そうでないスタンダードな仕様のモデルを選んでコスト圧縮を図っても問題ない。

今回推挙したZOTACのRTX 2060搭載モデルは、カードサイズが大きすぎず、かつデュアルファン仕様で冷却力もそこそこ期待できる。さらにカード裏面から側面をガードするバックプレートを装備しているので、カードの物理的強度も魅力。デザインもマザーのテイストに合って良い感じだ。

SSD:サンディスク「Extreme PRO SDSSDXPM2-500G-J25」

  • サンディスク「Extreme PRO SDSSDXPM2-500G-J25」

今やメインストレージといえばSSD、ということは阿部氏もわかっているようで、最初からPCI-Expressに直結するM.2 NVMe接続SSDを選択してきた。コスト的には2.5インチのSATA接続のものが有利だが、SATA3というインターフェースは今のSSDにとっては遅すぎるため、NVMeを選ぶのが今風のPCに近づく最善の一歩だ。

SSD選びで一番悩むべきは容量の選択だ。ゲームの他に写真や動画編集も楽しむPCとなると、240~256GBクラスの安価なモデルは命取り。Cドライブの空き容量が合っという間に尽きてしまうだろう。480~512GB程度のSSDをオススメしたいところだ。1TBならさらに盤石だが、今後容量が不足したら乗り換えることにしていただこう。

最終的に阿部氏がチョイスしたのは、SanDiskの人気モデル「エキプロ(2.5インチ SATA版)」の後継モデル。中身は親会社であるWesternDigitalの「WD Black NVMe」と同一だが、カメラ関連の仕事が増えた当人にとってなじみのあるブランドを選ぶのもよいだろう。

電源:使い回していいのかな?

電源ユニットはPCケース同様ATX規格が続いているため、10年前の電源ユニットだろうと利用できる。問題になるのは電源の出力、もっと言えば+12V出力の太さだが、Ryzen 5 2600XとGeFore RTX 2060程度の組み合わせなら500W出力でも十分に運用できる。

阿部氏が編集部の倉庫から引っ張り出してきた電源ユニットは1200W出力。80PLUS Bronzeなので変換効率はいまひとつだが、まあ動けば問題ない。こういう使い回しをするのも自作PCの醍醐味だ。

しかし、この決断が後々重大な事件を引き起こす……。これは次回解説するとしよう。

PCケース:NZXT「H700 PUBG」

腐海に沈んだPCケースを救う術はない。救出するにしてもかかる手間が大きすぎる。どうせ中身は全部取っ替えるのだから、ケースも変えてしまえ、という結論にはあっという間に到達。デザインには好みがあるので、ATXマザーが入るミドルタワー型PCケースで好きなものを選んでもらうこととした。

  • NZXT「H700 PUBG」

最近のPCケースはサイドが強化ガラスになっており、ハデに光るファンが付いていたりするが、阿部氏はあまりそういったギラギラしたものは好まないらしい。NZXTの「H700」は、サイドがガラスながら、光モノパーツは標準装備しないタイプ。内部が広く作業しやすいうえに、5インチベイ非搭載、電源をカバーで隠すといった今どきのPCケースデザインを数多く取り入れている。

光学ドライブが使えないとOSやドライバーを入れられないだろうと思うかもしれないが、OSは後述の通りUSBメモリ版だし、ASRock製マザーの場合、BIOS設定画面からドライバ一式をUSBメモリにダウンロードする機能もある。どうしても光学ドライブが欲しいなら、USB接続の外付けドライブを準備するのが今風のやり方だ。

H700には白ないし黒のカラーバリエーションがあるが、今回阿部氏がチョイスしたのは限定版のPUBGコラボモデル。PUBGに出てくる物資用コンテナのペイントが3面に入っているので、光らないまでもかなり派手。気に入ったPCケースを見つけたら予算オーバーでも買いたくなるという心理はわからないでもない(ふるさと納税でゲットした商品券を投入したそうだ)。使う本人の情熱が優先されるべきなのだ。

OS:マイクロソフト「Windows 10 Home 64bit」

  • マイクロソフト「Windows 10 Home 64bit」

最後にOSだが、前のCore 2 Duo自作機がWindows Vista世代であるため、OSもライセンスの関係上買い直しとなる。以前の自作PCの常識なら、DSP版のWindowsを買うのがお約束だったが、今は通常版を買うのが正解だ。

DSP版は一緒に買ったパーツに紐付けられるため、パーツ構成が大きく変わるとライセンスも失う。今後登場する次世代Ryzenへの乗り換えを視野に入れている以上、縛りの厳しいDSP版は絶対に選択してはいけない悪手といえる。

通常版ならDSP版のような縛りはない、ゆえに通常版はDSP版に比べ高額……というのは自作PCにおける "古い常識"。Windows 10 Homeの通常版は15,000円前後、Windows 10 Pro DSP版とほぼ同額で入手できる。Windows 10 Proオンリーな機能に未練がなければ、Windows 10 Homeの通常版を買うメリットの方が大きい。媒体がDVDでなくUSBメモリなので光学ドライブが不要なのも見逃せない。

ちなみに、Windows 10 Proは搭載メモリやCPUソケット対応数など、ワークステーション級のマザーを使った時にのみ明確な差を発揮するが、今回のような自作PCでは、Homeでも同じこと。ソフトウェア的にはリモートデスクトップやHyper-V対応など細かい差はあるが、PCゲームには関係がないし、サードパーティ製のソフト(TeamViewerやVirtualBox)でカバーできる部分もある。いずれにせよホビー向けPCなのでWindows 10 Home 64bitの通常版を買うのがベストだ。

  • 新たに買い揃えたパーツ一式。あとはこれを阿部氏自らの手で組み立ててもらい、昔のカンを取り戻してもらうのだ

  • この時点で阿部氏が購入したパーツ一覧。価格は購入当時のものであるため、現在の実売価格とは若干異なる

肉体の衰えは高性能デバイスで帳消しだ!

デスクトップPCは、これまで使ってきたディスプレイやキーボードを使い回せるのがメリットだが、10年近く放置したとあっては新調する方が良い。劣化したキーボードや液晶で遊ぶPCゲームは、自らを後ろ手に縛り目隠しして戦場に飛び込むようなもの。アラフィフの肉体の衰えはハードの性能でカバーせねばならぬ。その点阿部氏も気づいていたらしく、ゲーミングデバイスをすでに調達していた。

キーボード:ロジクール「G512 ROMER-G LINEAR」

マウス:ロジクール「G502 HERO」

  • ロジクール「G512 ROMER-G LINEAR」「G502 HERO」

PCゲーム初心者が最も陥りやすいミスは、PC本体をハイスペックにすることだけで予算を使い切ってしまい、肝心のマン・マシン・インターフェースの部分が弱いまま、という状態。この場合はキーボードとマウスである。

この分野はショップで触って使いやすいものを選んでくれ、としか言いようがないが、ことゲーミングキーボードは押下時にどの程度押し込めば反応するか、すなわち「アクチュエーションポイント」が浅いものを選ぶことをオススメしたい。「キーを押したつもりなのに反応しない」というミスは、慌てて押下したあまりアクチュエーションポイント手前でキーを戻してしまっても発生し得る。

通常のメカニカルキースイッチ(CHERRY MXが代表的)ではアクチュエーションポイントが約2mmだが、「G512 ROMER-G LINEAR」が搭載するRomer-Gスイッチは1.5mmと浅い。指の反射神経の衰えをスイッチの性能でカバーするのだ。Romer-Gスイッチは押下時にスッと沈み込む「リニア軸」。「CHERRY MX」で言えば Red(赤軸)に近いタイプであるため、打鍵音もそれほど大きくない。阿部氏の自宅環境でクリッキー軸(青軸)タイプを選んだ日には、家族の不興を買うこと間違いなしだ。

マウスもキーボードに合わせてロジクール。FPS向けのゲーミングマウス「G502 HERO」を使うようだ。

ディスプレイ:アイ・オー・データ機器「GigaCrysta LCD-GC242HXB」

  • アイ・オー・データ機器「GigaCrysta LCD-GC242HXB」

今回自作するゲーミングPCのパーツ構成だと、描画負荷が軽めのApex Legendsなどではかなりのフレームレートが出ることが予測される。60fpsをはるかに超え、140fps近くまで出せるだろう。

これを、発色の黄ばんだ10年選手の液晶でプレイするのは実にもったいない話だ。何より古い液晶は応答速度も遅いのでゲームの表示には厳しい。特に索敵で周囲を見回すことの多いFPS/TPS系ゲームでは、液晶が狭い・遅い・発色イマイチというだけで絶望的に不利。50歳になって動体視力が鈍っているところに残像の多い液晶では話にならない。

そこで液晶を高リフレッシュレート対応の今どきのモデルにすることで、眼力の衰えをカバーしようというわけだ。GPUの描画にあわせて画面をリフレッシュするVRR技術、すなわちG-SyncやFreeSync液晶が理想だが、今回はシンプルに表示が高速なアイ・オー・データ機器「GigaCrysta LCD-GC242HXB」を準備。リフレッシュレート144Hz、HDR10にも対応した23.6型のゲーミングディスプレイだ。

パーツ調達完了、次回組み立て編にご期待

これでパーツの選定と調達は終了した。PCケースが阿部氏の好みを優先した限定モデルゆえに合計金額が上がってしまったが、同じNZXT H700の通常版なら1万3000円程度安くなる。その差額で電源ユニットを買うとしても、おおよそ16万円で十分なポテンシャルを秘めたゲーミングPCがOS込みで手に入る。ゲーミングデバイスを入れても20万円なので、かなり良い買い物になったといえるだろう。

さらに阿部氏によると、前述のふるさと納税返礼品のほか、各種ポイント、電子マネーのキャンペーンをフル活用したので、実際に支払った現金はこれよりもいくらか安かったという。

しかし本番はここから。PCパーツを集めただけではPUBGは動かない。これらを組み上げる作業が待っている。この程度の自作PCなら、慣れていれば30分程度で組み上げられるが、阿部氏の凍りついた自作魂は、編集部の撮影室で「少しも寒くないわ」と完全復活するのか? 次回、怒涛の組み立て編に乞うご期待!

(撮影:高嶋一成)