EXILE SHOKICHI、3年間にわたるソロの軌跡を振り返る

1stソロアルバム『THE FUTURE』のリリースから1114日、EXILE SHOKICHIが満を持して放つ2ndアルバム『1114』には、hideへのオマージュを捧げた「Underdog」から、王道のJ-R&B「白夜」、珠玉のバラード「君に会うために僕は生まれてきたんだ」まで、幅広いジャンル/スタイルの楽曲が収録された。

ブラック・ミュージックのトレンドが色濃く反映された前作から一転、バラエティに富んだその楽曲群には、仲間やファンたちへの信頼と愛情、そしてアーティストとしての成長のあとがくっきりと刻まれていた。ソロデビュー後、約3年間の活動の軌跡の中で、SHOKICHIはいったい何を見て、何を感じてきたのか。

ー前作『THE FUTURE』リリース後、約3年ぶりとなるアルバムです。バラエティ豊かな作品となりましたが、そこにはソロアーティストとしてのスタンスや心境の変化があったのでしょうか。

かなり変化がありました。この3年間の中では特に、EXILE THE SECONDとして2016年から2017年にかけて全国36公演を回ったツアー「WILD WILD WARRIORS」、2017年から2018年にかけて全国33公演を回ったツアー「ROUTE 6・6」を経験したことが大きな糧となりましたね。それまでは自分の作った音楽を多くの方に聞いてもらう機会があまりなかったのですが、SECONDではほとんどの楽曲のプロデュースを任せていただいて、その楽曲をツアーで披露した時に、多くのファンの方々が楽しんでいる姿を見て、これまでとは異なるスタンスになったんです。具体的には、ファンの皆さんに楽しんでもらうにはどうしたら良いのか、より真剣に考えるようになりました。SECONDは、本格始動した直後はまだ未熟なグループでしたが、ツアーを通じて自分たちの色や表現を獲得していくことができたと思います。

ーSHOKICHIさんが考えるSECONDらしさとは?

音楽的にもパフォーマンス的にも、遊びが多いところが特徴だと思います。いろんなジャンルをミックスして、セオリー通りではないやり方でアプローチするのがSECONDの音楽で、それはそのまま僕ならではのアプローチでもあります。そのため、SECONDのツアーが成功したことは、自分の音楽スタイルに対する自信に繋がりました。

ーSECONDのツアーの最終公演では、EXILEの再始動が発表されて、その後はEXILEのメンバーとして2018年7月にアルバムを発売。9月からは全国ドーム公演「STAR OF WISH」に出演しました。EXILEにおける役割も変わったのでは。

未完成だった新生EXILEが、あのツアーを経て1つグループとして完成して、さらに結束が強まったと感じています。僕の役割というところでいうと、グループに対して自信を持って自分の音楽を提示できるようになりましたし、何よりみんなが自分の音楽を信じてくれるようになりました。HIROさん然り、ATSUSHIさん然り、先輩方も僕のことを信じてくれて、これまで積み重ねてきたものは正しかったのだと確信しました。


ーEXILEのツアーにはFANTASTICSも帯同していました。次にデビューするBALLISTIK BOYZには、SHOKICHIさんが楽曲提供も行っています。後輩たちのことはどのように見ていますか?

アーティストとしてリスペクトしています。FANTASTICSは、公演を重ねるたびにどんどんレベルアップしていくのを間近で感じていましたし、それはエンタテインメントに対して真摯に向き合っていないとできないことなので。パフォーマンス面はもちろんのこと、オーラが増したと思います。同じEXILE TRIBEのグループとして刺激を受けますし、彼らのようなグループがいることで、僕自身の創作意欲も湧いてきます。BALLISTIK BOYZに楽曲提供ができたのも、うれしいことでした。将来的には音楽プロデューサーとしても活躍していきたいので、その第一歩が踏み出せたかなと。みんなでLDHの音楽を盛り上げていきたいですね。

ーベテランから若手まで、様々な才能が結集しているのが、EXILE TRIBEの強みとなっている印象です。

やっぱりチームは強いです。1つのプロジェクトをみんなで盛り上げられるので、掛け算のように一人ひとりの力が増していく。僕がソロアルバムをリリースして、すぐにアリーナツアーを行えるのも、グループの一員だからこそできることで、EXILE TRIBEにいなければ絶対に無理です。いつもメンバーのみんなにはものすごく感謝していますね。ソロ活動をする上でも、そのことは常に忘れずにいたいし、グループにしっかり貢献できる自分でありたいと思っています。そういうことを心から意識することができるようになったのは、ここ数年かもしれません。

ーSHOKICHIさんのファンやメンバーに対する気持ちが、今作『1114』には現れていると感じました。

そうですね、やはりファンの方々との信頼関係は何よりも大きかったし、音楽を作る上での一番のバイブスになりました。自分の音楽の存在意義を感じることができましたし、聴いてくださる皆さんのことを考えるのが何よりも大切なんだと改めて気付かされました。そういう意識になれたことが、この1114日での一番の成長だと思います。

ーファンの方々にツアーを楽しんでもらおうと考えた結果、バラエティ豊かな作品に仕上がった、と。

グループのライブだと、いろんなメンバーが入れ替わり立ち替わり登場するので、2〜3時間があっという間に感じられると思うのですが、ソロで皆さんに飽きずに楽しんでもらうことを考えると、EXILE SHOKICHIの様々な側面を見せて、色々な音楽を提供しなければいけないと考えました。これまで多くの楽曲を作ってきて、どんな歌を歌っても自分のものにできるという自信を培うことができたので、ジャンルには縛られずに作っていますね。歌のテクニックというところで言うと、「Underdog」のようなロックの楽曲では前に攻めるような歌い回しをしていますが、「プラトニック・ラブ」のような楽曲ではレイドバック感を大切にして色気のある雰囲気に仕上がるように工夫しています。グルーヴ感やヴォーカル・アプローチの違いで、様々な表情を見せることができたと思うので、そこを楽しんでほしいです。


ー「Ooo!」は、ブルーノ・マーズなどの楽曲を手がけているプロデューサーチーム・Stereotypesとの共作でした。海外ミュージシャンとの共作で学んだことはありますか?

様々な方と一緒に仕事をさせていただいて、コミュニケーション能力が上がったと感じるようになりました。こういう曲にしたい、こういうメロディにしたいという自分の頭の中にあるイメージを明確に伝えて、きちんと楽曲に落とし込めるようになったというか。「Ooo!」は、StereotypesとEXILEの「STEP UP」を制作した際に一緒に作った楽曲で、あっという間にできた曲ですね。

ー「サイケデリックロマンス feat. SALU」では、SHOKICHIさん率いるプロジェクト・KOMA DOGGに所属するSALUさんとの共作です。この曲はどんなイメージで?

昨年、SALUくんたちと作った「Good Vibes Only」が良い感じで夏を盛り上げる一曲になったので、その2019年度版というイメージで作りました。ラテンテイストで、レイドバック感がありながら、メロディはものすごくポップという、僕ららしい楽曲になっていると思います。サマーチューンは毎年作っていきたいですね。KOMA DOGGも色々と構想を練っているところなんですけれど、さらに良い人を入れて、いずれはコンピレーションアルバムとかも作ってみたいです。KOMA DOGGは色々な枠を越えていける可能性を持ったプロジェクトだと思うので、今年はさらに発展させていきたいです。



ーLDHは海外展開にも積極的な姿勢を見せていますが、SHOKICHIさん自身は海外のシーンを意識したりしますか?

日本には本当に多くのジャンルやシーンがたくさんあって、しかも日本独自のポップミュージックとして発展しているのが面白いと思います。僕は洋楽も好きですけれど、日本には日本にしかない音楽があるのは確かなので、もし世界で勝負をすると考えた場合、J-POPの魅力をしっかりと伝えていくのが理に適っているのではないかと考えています。僕は自分の音楽をやっていくだけですね。

ーでは最後に、ツアーへの意気込みをお願いいたします。

デビューから10年の節目で、ずっと目標だったソロツアーを実現できるのはうれしい限りです。自分のキャリア、ミュージシャン人生の全てをかけるつもりで頑張りますので、ぜひ観に来てください。


<INFROMATION>


『1114』
EXILE SHOKICHI
rhythm zone
発売中

(1)CD+DVD
RZCD-86843/B 5,480円(本体価格)+税
※初回生産限定盤/フォトブック同梱/ドキュメント映像収録
(2)CD+Blu-ray Disc
RZCD-86844/B 5,980円(本体価格)+税
※初回生産限定盤/フォトブック同梱/ドキュメント映像収録
(3)CD+DVD
RZCD-86845/B 4,480円(本体価格)+税
(4)CD+Blu-ray Disc
RZCD-86846/B 4,980円(本体価格)+税
(5)CD
RZCD-86847 3,000円(本体価格)+税

収録内容
[CD]※全形態共通
1.1114 Miracles
2.マボロシ
3.サイケデリックロマンス feat. SALU
4.Ooo!
5.Underdog
6.プラトニック・ラブ
7.白夜
8.Midnight Traffic
9.Futen Boyz
10.Bad Speed Play
11.君に会うために僕は生まれてきたんだ
[DVD/Blu-ray収録内容(RZCD-86847を除く)]
1.Underdog(Music Video)
2.Futen Boyz(Music Video)
3.君に会うために僕は生まれてきたんだ(Music Video)
4.サイケデリックロマンス feat. SALU(Music Video)
5.白夜(Special Video)
・RZCD-86843/B・RZCD-86844/Bのみ収録
6.STORY OF 1114(約40分収録)

・RZCD-86843/B・RZCD-86844/Bのみ梱包
EXILE SHOKICHI「1114」Documentフォトブック

EXILE SHOKICHI LIVE TOUR 2019 ”UNDERDOGG”
6月29日(土)長野 長野ビッグハット
7月3日(水)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
7月4日(木)埼玉 さいたまスーパーアリーナ
7月27日(土)静岡 静岡エコパアリーナ
8月17日(土)福岡 マリンメッセ福岡
9月11日(水)大阪 大阪城ホール
9月12日(木)大阪 大阪城ホール
9月15日(日)北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる

チケット一般発売日:
長野公演・埼玉公演・静岡公演:5月19日(日)
福岡公演・大阪公演・北海道公演:6月29日(土)

料金:
全席指定 ¥10,000(税別)
※6歳以上有料、5歳以下入場不可
※開場時間・開演時間は変更になる場合がございます。
※都合により興行内容の一部を変更する場合がございます。
※託児所実施有り

https://m.ex-m.jp/Cts/live/2019/shokichi/underdogg/index