連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」で主演を務める古田新太さん

 俳優の古田新太さん主演の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系、毎週土曜午後10時)の第2話(4月27日)と第3話(5月4日)が放送され、平均視聴率は第2話が9.7%、第3話が7.9%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 「ダイバーシティ(多様性)」を掲げた私立高校が舞台の学園ドラマ。古田さんは52歳のゲイで女装家の国語教師・原田のぶおを演じる。原田のキャラクター監修は、女装パフォーマーのブルボンヌさんらが担当する。

 第2話は、残業代なしで補習授業に付き添わなければならなくなり、不満たらたらの原田。そんな中、チア部顧問が産休に入ったため、川崎結衣(高橋ひかるさん)らチア部員は困っていた。チア部の顧問をやれば補習担当が免除になり、手当をもらえると聞いた原田は、引き受けることに。大会が迫り、朝から晩まで猛練習を重ねるチア部だったが、川崎が足にけがをしてしまう……という展開だった。

 第3話は、テスト当日、校門の前で光岡慎之介(阿久津仁愛=あくつ・にちか=さん)と会った教師の里見(白石麻衣さん)が、光岡の手を引いて教室へ連れていく。光岡は父を亡くし、働く母親(須藤理彩さん)の代わりに幼い弟妹の面倒を見ており、経済的な事情で、将来の目標をあきらめようとしていた。一方、テストの採点をしていた里見は、光岡と隣の席の生徒の答案に全く同じ答えが書かれていることに気づく……という展開だった。