ロッテの福浦和也

 ロッテは5日、福浦和也が出身地習志野市で開催される5月11日のイースタン・リーグ ヤクルト戦(13:00試合開始、第一カッター球場)において特別セレモニーを行う事になったと発表した。

 第一カッター球場(習志野秋津野球場)は、福浦選手が習志野高校時代の高校3年の夏(第75回全国高等学校野球選手権千葉大会3回戦)、1993年(平成5年)7月18日に野田北高校に3-5で敗れた高校野球最後の思い出の球場。

 当日は福浦が始球式を行う予定で、それ以来のマウンドとなる。当時、福浦は投手として延長10回まで投げ抜いたものの、10回に2点を勝ち越され敗れた。当日は1993年時にこの球場で福浦と一緒に戦った習志野高校野球部同期生16名も始球式イベントに参加し、グラウンドで守ってもらう予定。

▼ 福浦選手コメント
「26年ぶりですかね。秋津の球場も自分はその時以来。これまでも何度か二軍で試合がありましたけど、自分はいなかった。この球場は高校だけではなく中学時代にも試合で使っていたので、本当に沢山の思い出があります。高3夏の最後の悔しい思い出もあります。この場所でセレモニーをしていただけるのは驚きですし光栄です」。

※なお福浦選手が一軍に昇格をした場合はイベントは行わない。