ローリングストーン誌がおすすめする、ノイズ・キャンセリング・ヘッドホン6選

雑音をシャットアウトして、音楽に集中したい人向け!ローリングストーン誌がおすすめする、ノイズ・キャンセリング機能付きのヘッドホンを紹介。

まれに、自分の周りの音をすべて消してしまいたくなることがある。でも、そうそう簡単に、静かな場所を見つけることはできないだろう。そんな時、ヘッドホンは我々の味方だ。登録しているストリーミングサービスにヘッドホンをペアリングすれば、自分のお気に入りのアーティストと音楽によって、禅の境地へ入り込むことができる。

多くの会社がヘッドホンを製作しているが、もし身も心も音楽にどっぷりと浸かる、という経験をしたいのなら(鮮やかな高音と深み、そして身体を揺らす低音を想像してみて欲しい)、ノイズキャンセルの技術をぜひ味わって頂きたい。アクティブ・ノイズ・キャンセレーション(略:ANSと)は、雑音をゼロするか、ほぼ気づかない程度に抑える。ヘッドセットに装備されたマイクロフォンは、外音を取り込み、その音を内部で転換する。転換された音波は元の音波に逆らうよう設計されているため、”キャンセリング”機能が働くと言う仕組みだ。

覚えておいて欲しいのは、どのヘッドホンも周りの音を100%消すわけではない(多くの会社が、”キャンセレーション”と言う言葉の代わりに”アクティブ・ノイズリダクション”と言う言葉を使っているのはこれが理由だ)。この機能は聴き心地をマイルドにする、だけではない。外を歩いていて、万が一何も聞こえなければ、車や歩行者が近づいて来た際に危険なので、このような処置が取られている、と言うわけだ。

1. マーシャルMid A.N.C ワイヤレス・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Marshall

マーシャルはアンプやスピーカーのブランドとして知られているが、素晴らしいヘッドホンをいくつも作っているオーディオブランドでもある。Mid A.N.Cはマーシャル社による、初のノイズキャンセル機能付きヘッドホンだ。内蔵されたマイクは取り入れた雑音を常に察知し、それを計測する。つまり:音楽をよりラウドでクリアに聴くことができ、邪魔な音は取り除かれ、寄せ付けない。

これらのヘッドホンでは引き締まった、力強いサウンドを聴くことができ、最大で30時間充電が持続する(Bluetoothとノイズキャンセル機能を両方組み合わせた場合は、20時間に減少する)。マーシャルは、Bluetooth aptXによって、ワイヤレス接続に対する問題をカットすることができ、タイムラグを減らし、ムービーの場合は音を口の動きと正確にマッチさせることができると語っている。

このヘッドホンは、ギターのトラベルケースにインスパイアされた専用のボックスに収められている。耐久性の高いボックスの裏地は真紅のベルベットになっており、専用の充電ケーブルと、3.5mmの取り外し可能なケーブルに、内蔵マイクロフォンとリモートが搭載されている。

2. サムスン AKG N700NC ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Samsung

サムスンもまた、AKGのようなヘッドホンを数多くリリースしており、不要な音を綺麗にシャットアウトしてくれるため、音楽プロデューサーや作曲家のような、スタジオ作業を生業とする人々のお気に入りとなっている。レビュワーたちは、一度イヤーカップを装着すれば、外からのノイズは一切聴こえなくなり、求めている音だけを届けてくれる、と評価している。その強力なヘッドホンと、サムスンによる”アダプティング・ノイズ・キャンセリング”の技術は、周囲の騒音を消すだけでなく、耳を音楽だけに集中させてくれる。その機能によって、それぞれの楽器やヴォーカル、ハーモニーまで詳細に聴き分けられると言う。もし道を聞いたり、友達の話に耳を傾けなければいけなくなったら?ボタンを押すだけの簡単な操作で、いくらでも外の雑音を耳に入れることができる。

サムスンは、オーディオ界においてここ数年かなりの進歩を見せている。多くのユーザーは、同社が手がけたN700NCが、素晴らしい音質と深みのある低音のクオリティから、聴覚を使って得た経験の中で最高級であると評価している。Bluetoothとアクティブ・ノイズキャンセレーションを使用したとしても20時間再生可能(ヘッドホンを接続すれば、36時間再生可能だ)。小さく折りたたむこともでき持ち運びも便利。

3.  ソニーWH-1000XM3 ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

ソニーはここ最近、ノイズキャンセル機能を向上させ、それによって莫大な収入を得ており、その結果を見せている—そして聴かせてくれる—のが、このWH-1000XM3ヘッドホンだ。HDノイズキャンセリング・プロセッサーはミュージック・プロセッサーと別に内蔵してあり、それらを含むこの技術の進歩は、たとえ飛行機に乗っていても、高い遮音性を誇る。ソニーのアダプティブ・サウンド・コントロールは、あなたがどこにいるか、何をしているかを見極め(例えば、地下鉄に乗っている、オフィスにいる、など)、環境に合わせた最善な音になるよう自動で調節がかかる仕組みだ。さらにソニーは、ヘッドホンが人の声や天気に合わせた微妙なノイズの変化も認識し、ブロックすると語っている。どのような機能かと言うと:”クイックアテンション”モードは、イヤーパッドを触るだけでボリュームを落としてくれる。お気に入りのボイスアシスタントに接続し、アレクサやGoogleプレイに音楽を流してと頼んだり、気温を聞いたりもできるだろう。

WH-1000XM3は、Bluetoothに接続していたとしても30時間再生可能なバッテリーを搭載。もしすぐにパワーアップが必要になったら?10分のチャージ(ACアダプタを使用して行う)で、5時間の再生が可能だ。

4. ボーズQuietComfort 35 ワイヤレス・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

Amazonで2600以上のレビューを獲得し、星4.4が付いているボーズ QuietComfort 35は、ウェブ上での評価が非常に高い。オーディオ愛好家からカジュアルなリスナーまで、あらゆる人々に愛されるボーズのヘッドホンは、シンプルにボタン操作でき、またボーズコネクトアプリでの操作も可能。

QuietComfort 35独特の機能は、BOSE AR(Augmented reality,拡張現実)を使用できることだろう。搭載されている、マルチディレクショナル・センサーはあなたがどこにいて、何をしているのか(その動きによって)探知し、状況に合わせてより澄んだクリアなサウンドになるよう調節してくれる。

外での電話にも最適だ。このヘッドホンはノイズを除外するデュアル・マイクロフォンシステムを採用しており、周囲の雑音がうるさい場合でも、正確に声を拾うことができる。また、アレクサを繋げることで、声だけで音楽を聴いたり、設定を行うことも可能。一回の充電で、最大20時間再生が可能だ。付帯品にはキャリーケースとチャージケーブル、接続して使用する際必要なオーディオケーブルがある。

5. デノン AH-GC30 プレミアム ワイヤレス・ノイズキャンセリング・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

デノンはオーディオ業界において100年以上の歴史を誇り、さらにヘッドホンを作って50年の経験があるため、彼ら商品が信頼できるものであることは、よく知られた事実だろう。AH-GC30ワイヤレス・ヘッドホンは”トリプルモード”アクティブ・ノイズキャンセレーション(飛行機、通勤、そして仕事を想定した設定)を搭載している。それぞれのモードは周囲の騒音を減らす、もしくは取り除く機能を担っており、その度合いは、周りの状況や、外音をどのくらい聞かなければならないかによって変わる。イヤーカップをダブルタップすると、ノイズキャンセル機能をオフにし、重要な会話や電話を聞くことができる。再度ダブルタップすれば、再び元に戻る。

エンジニアによるとデノンは、風やエコーによる摩擦音、およびBluetooth接続の際に生じる歪み音といったノイズを、徹底的に抑制できるヘッドセットをデザインした、とのこと。それぞれのイヤーカップにデュアル・マイクロフフォンが搭載されていて、リスニングに没入できる仕様になっている。デノン独特の”フリーエッジ”ドライバーは、澄み渡った、わかりやすい音を生み出す技術として知られている。ファンの間では、そのドライバーによって、ヘッドホンを通じた音がより力強く聴こえるようになる、と言われている。リチウムイオンバッテリーは20時間ワイヤレス再生が可能で、たったの2時間で充電が完了。本体はおしゃれなキャリーケースに収納されており、持ち運びも簡単。ヘッドホン自体は、手のひらサイズに折りたたむことができる。

6. バウワース&ウィルキンスPX アクティブ・ノイズキャンセリング・ワイヤレス・ヘッドホン
サンプル
Courtesy Amazon

50年もの歴史を持つバウワース&ウィルキンスは、パフォーマーやプロデューサー、エンジニアまで、幅広い人々が頼りにしているオーディオブランドだ。その証拠として:バウワース&ウィルキンスのヘッドホンやスピーカーは、ロンドンにあるアビー・ロード・スタジオでほぼ独占的に使用されていたり、『メリー・ポピンズ リターンズ』のサウンドトラックチームが、ニューヨークの彼らのスタジオに送った。

その仕様この通りだ:エルゴノミック・デザインを採用したイヤーカップは、騒音を瞬時に遮音し(真空効果を思い浮かべて欲しい)、3つのノイズキャンセリング機能が、飛行機、街中、オフィスと、最適化した状態で周りの音をシャットアウトしてくれる。フライトモードに設定すれば、エンジン音をブロックしキャビンの音を最小限に抑えてくれる;オフィスモードは、雑音は遮音しながらも、耳を傾ける必要がある隣の人の会話などはキャッチしてくれる。イヤーパッドのモールド部分も心地よく、空気が通るように設計されている(耳に汗をかいてパッドが濡れる、なんてことはない)。

レビュワーたちはこのヘッドホンの高品質な音質を愛し、リッチでありながらきめの細かいオーディオを称賛している。バウワース&ウィルキンスの、耳にしっかりと張り付くような設計は、リスナーに自然なステレオの音をもたらし、太く、ダイナミックで、正確なサウンドへ導く。このヘッドホンを使用すれば、アーティストが意図した音を楽しむことができるはずだ。

リチウムポリマーバッテリーを搭載し、Bluetoothとノイズキャンセル機能をオンにした状態で、最大22時間再生可能。接続状態では、最大50時間の再生が可能だ(ただし、ANC機能はオフにした状態に限る)。