ケイジ・ジ・エレファント、プレイリスト時代に勝ち取ったロックンロールの未来

マット・シュルツ率いる米ケンタッキー州出身のロック・バンド、ケイジ・ジ・エレファントが通算5作目となるニューアルバム『Social Cues』を発表した。ベックとのコラボレーションも話題の本作について、荒野政寿(「クロスビート」元編集長/シンコーミュージック書籍編集部)に解説してもらった。

2009年のフジロック、2011年のサマーソニックと2度来日を果たしているケイジ・ジ・エレファントだが、単独での来日が実現しないこともあってか、日本での知名度は本国ほど上がらないままの状況が続いており、実にもどかしい。彼らが日本でデビューした2009年は2000年代初頭からのガレージ・ロック・リバイバルもすっかり落ち着き、無頼なロックンロールを鳴らすギター・バンドにとって生きにくい時代に入っていた。追い風がない中でのデビューだった、と記憶している。

このバンドにとって最大の武器は、ストゥージズやマッドハニーに憧れていたというシンガー=マット・シュルツの、後先など考えない爆発的なパフォーマンスにある。ボディ・ランゲージよろしく身をよじり、やたらとジャンプし、踊り狂いながら歌うマットは、日本の舞踏もパフォーマンスに取り入れているそうだ。2009年のフジロックでは完全燃焼とまでいかなかったが、2011年のサマソニではマットが3回も客席へ突入、熱狂するオーディエンスの頭上を満足気な表情で泳いでいく勇姿が忘れられない。

ひと度ステージに立つとワイルドなフロントマンに変貌するマットだが、オフステージでは意外と謙虚で屈託がない、極めてフレンドリーな男。2011年にドラマーのジャレド・チャンピオンが急病で倒れた際、助っ人としての参加を大先輩のデイヴ・グロールが買って出たのも、周りから好かれるマットの人柄があってこそ、と思う。




彼らが所属するマネージメント会社、Qプライムのピーター・メンチ(AC/DC、メタリカ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ等と組んできた敏腕マネージャー)は、最近musicweek.comのインタビューでケイジ・ジ・エレファントと出会った際の衝撃を改めて振り返り、「マット・シュルツは僕のミック・ジャガー」と手放しでベタ褒めした。それが大袈裟に思えないほどライブ・アクトとしての実力は群を抜いており、決定代となるヒットさえ出ればいつでもトップクラスに躍進できるはず…というポジションに長いこといる。


ケイジ・ジ・エレファントの歴史は案外古く、地元のケンタッキー州で活動していたハイスクール・バンド、パーフェクト・コンフュージョンが母体。セルフ・タイトルの自主制作アルバムを2005年に残しているが、この時点では演奏もアマチュア然としていてまだ線が細く、ルーツ志向をうまく血肉化しようともがいている感じだった。



バンドが現在の名前で本格的に始動したのは2006年のこと。最初に彼らを見つけたのはイギリスのリレントレス・レコードで、2008年に入ってからUKシングル・チャートに「In One Ear」(51位)、「Aint No Rest For The Wicked」(32位)を送り込み、まずヨーロッパから人気に火がつく。泥臭いスライド・ギターが先導する「Aint No〜」は初期のベックやホワイト・ストライプスと比較され、ブルースに端を発するリフ・ロックを咀嚼した新世代として一躍脚光を浴びた。



それらシングルを含むデビュー・アルバム『Cage The Elephant』(2008年)では、ジョン・ハイアットやパティ・グリフィンなどベテランと組んできたナッシュヴィルを拠点とするプロデューサー、ジェイ・ジョイスを起用。デレク・トラックス・バンドの傑作『Songlines』(2006年)でリズム・アレンジや編集に貢献したジョイスの手腕が存分に発揮され、バンドのグルーヴを覚醒させた。

マット・シュルツいわく「予算が少なくて10日程度で作った」というデビュー作とは対照的に、ジェイ・ジョイスとの共同作業で練りに練った2作目『Thank You, Happy Birthday』(2011年)は全米アルバム・チャートで初登場2位をマーク。メンバーにとって「会心の1枚」だったという2013年の3作目『Melophobia』(全米15位)までジョイスとのタッグが続く。これら3枚はバンドが鉄壁のグルーヴを獲得するまでの過程を記録した”3部作”的な作品だが、ピクシーズなど90sオルタナティヴ勢の影響がモロに出た「Shake Me Down」のようなタイプから、ダンサブルな「Come A Little Closer」まで、曲調の幅は気まぐれに拡がっていく一方で、デビュー当時の”ルーツ継承派”的なイメージに縛られることを嫌っているようにも見えた。




2015年の4作目『Tell Me Im Pretty』(全米26位)では、同じQプライムの仲間であるブラック・キーズのダン・オーバックにプロデュースを依頼。ガレージ・パンクど真ん中の「Mess Around」を筆頭にヴィンテージ・サウンドを活かした60sテイストの曲が目立つ一方、より内省的かつフォーキーな「How Are You True」にも取り組んだ。バンドの中核であるシュルツ兄弟(ギタリストのブラッド・シュルツとマット)は父の影響で幼少期からフォーク・ソングやクラシック・ロックを浴びるほど聴いて育っており、彼らの”原点”が透けて見える作品とも言える。本作は2016年のグラミー賞で、見事「ベスト・ロック・アルバム」に選出された。




2016年にはジュリエット・ルイスのミニ・アルバム『Future Deep』のレコーディングにバンドごと参加し、ブラッド・シュルツが4曲をプロデュース。いかにもブラッドらしい気っ風のいいロックンロールが並ぶが、タイトル曲はシンセを絡めたこれまでにないディスコ風で、変化の兆しが窺える。



ニュー・アルバム『Social Cues』は、これまで準メンバー扱いだったギタリストのニック・ボックラスと、キーボードから弦楽器や打楽器までこなすマルチプレイヤーのマッザン・ミンスターが正式メンバーに昇格、6人編成で臨んだ初のオリジナル・アルバムだ。注目すべきは、ポルトガル・ザ・マンに大ヒット曲「Feel It Still」をもたらしたプロデューサー、ジョン・ヒルを迎えていること(ポルトガル・ザ・マンから推薦されてヒルの起用を決めたそうだ)。ヒルはエンジニアとしてNASやウータン・クランの作品に参加、その後プロデューサー/ソングライターとしてサンティゴールドやMIAと組んだのを機に、ジャンルを越えて活躍する売れっ子となった。最近はカリードの「Vertigo」やカーリー・レイ・ジェプセンの「No Drug Like Me」も手掛けている。

メンバーが敬愛する同じケンタッキー州出身のマイ・モーニング・ジャケットのように、トータル性を持ったアルバムを作ることがなかなかできなかったケイジ・ジ・エレファントだが、外の血を入れることで『Social Cues』は遂にそれを達成したのではないか。雑多にあれこれ詰め込みがちだったこれまでのアルバムとは対照的に、ジョン・ヒルが参加してポストプロダクションに凝ったことでサウンドの質感が刷新され、全体のトーンに統一感が出てきた。デヴィッド・ボウイの「Ashes To Ashes」を彷彿させる「Social Cues」や、「The War Is Over」のようにシンセが活躍する場面も増え、従来のラフなサウンドに固執していない点も好感が持てる。磨いた分、ちゃんと光っているアルバムだ。



forbes.comのインタビューに応じたマット・シュルツは”プレイリスト・ジェネレーション”という言い方で影響源の多様性を説明し、「僕はアルバムという表現を愛している」と前置きした上で、クランプスもケンドリック・ラマーもビートルズもニック・ケイヴもカニエ・ウェストも、世代やジャンルを越えてシームレスに聴けてしまうサブスクリプション時代の面白さに言及している。それら異なる影響を作品の中で融和させる技——そもそも複数のジャンルを飲み込むことで進化してきたロックンロールの”未来”を提示しようと本作では模索しているし、その可能性をまったく諦めていない。型通りの伝統主義者とはそもそも立脚点が違うのだ。

ベックをゲストに迎えた「Night Running」は、先にコーラス部分も含めて大部分が出来上がっていたが、適切なヴァースがなかなか作れず悩んでいるところに、ブラッド・シュルツが「ベックなら解決できるかも!」と思い立って共演を依頼したという(本作のストリングスを手掛けたベックの父、デヴィッド・キャンベルが一役買った模様)。ベックは依頼を快諾してからほんの数日でこのヴァースを入れてトラックを送り返してきたそうで、ポップなレゲエを好むベックらしく、耳に残るフレーズがクセになる。ここでの共演が縁となり、今夏ベック、スプーンとの「Night Running Tour」が開催される予定だ。



マットのスポークンワードをフィーチャーした「House Of Glass」も、これまでのアルバムにはなかったタイプの楽曲。ブラッドはConsequence Of Soundでこの曲の背景を解説しており、アルバム制作中にNetflixで観た犯罪ドキュメンタリー『アイ・アム・ア・キラー ~殺人鬼の独白~』にヒントを得て、「シャイでソフトに話す」キャラクターをマットが作り上げたそうだ。同じ記事でブラッドが認めている通り、バースデイ・パーティ時代のニック・ケイヴを彷彿させるところもある。

海外メディアでは、先行シングル「Ready To Let Go」の背景に注目が集まっている。この曲はマット・シュルツが少し前に離婚した妻(「Cigarette Daydreams」のビデオに出演していた女優で、シャンペン・スーパーチリンのシンガーとしても活動しているジュリエット・ブックス)と訪れたイタリアのポンペイで、別れを察知したときの心情が綴られていると公表されたからだ。ヴェスヴィオ火山噴火で亡くなった人々の石膏で復元された遺体を目にしながら、命のはかなさを自分たちの運命と重ね合わせる——この歌詞には、マットが同じ時期に、仲が良かった従兄弟と親友を続けて亡くしたことも反映されているそうだ。この曲のビデオはマット自身が監督しているが、メタファーとして「血」を使ったシュールかつショッキングな内容になっている。



”離婚と死”は、本作のラストに置かれた、感情を抑えるように歌う「Goodbye」のテーマにもなっている。曲ごとに異なるキャラクターを設定して歌詞を書いたアルバムだとマットは言っているが、「The War Is Over」や「Loves The Only Way」も、歌詞を読む限り離婚と無縁とはとても思えない。



実際、新作に取り掛かる前のマットの落ち込みようはかなり深刻だったようで、兄のブラッドもマットが立ち直るまで見守るしかない状態だったらしい。しかしアルバムのプロモーションでこの話を訊かれる度、マットは気丈に「別れを歌うことで前を向く」モードに切り替わったという旨の回答をしている。コミュニケーションの断絶を嘆くばかりでなく、それを言葉と音にして向き合う、ある種のセラピーのようなアルバムと言えるかもしれない。

このように明け透けなタイプの表現者であるマットは、本作のタイトル曲「Social Cues」で、周囲から「ブレイク寸前」と言われながら活動を続けてきた自分の心情をさらけ出してもいる。ロックスターを客観的に見る視点、自分を遠くから眺めるような距離感は、この人ならではだ。

なお、彼らのライブ・アクトとしての魅力は2012年にリリースされたライブ盤『Live From The Vic In Chicago』に凝縮されており、DVDとの2枚組で発売されている。スタジオ盤だけでは把握しきれない彼らの躍動する姿を、新作と合わせて是非とも堪能してもらいたい。



2017年にはアコースティック・ライブ盤『Unpeeled』をリリース。こちらではレックレス・エリックの「Whole Wide World」やストラングラーズの「Golden Brown」といった古典と共に、ダフト・パンクの「Instant Crush」(原曲はジュリアン・カサブランカスをフィーチャー)をカヴァーしており、彼らの雑食性をわかりやすく伝えてくれる。ストリングスを加えたアレンジも秀逸だ。

アートや映画を好む一方で、古着収集にも夢中なマットの横顔を伝える記事は、Rolling Stone Japanのこちらを。





ケイジ・ジ・エレファント
『Social Cues』
発売中