「進撃の巨人」と「五等分の花嫁」のイラスト イラスト/春場ねぎ

 動画配信サイト「GYAO!(ギャオ!)」で、テレビアニメ「進撃の巨人」と「五等分の花嫁」とのコラボ企画「進撃の花嫁」を実施することが26日、明らかになった。それぞれのオープニングの主題歌と映像を入れ替えたコラボ映像が配信されるほか、「五等分の花嫁」の原作者の春場ねぎさんが描いたオリジナルイラストが公開される。

 コラボ映像「進撃の花嫁」の五等分の気持ちバージョンと紅蓮の弓矢バージョンは、28日正午から7月上旬まで配信。オリジナルイラストには、「五等分の花嫁」のキャラクター・中野五月が「進撃の巨人」の超大型巨人にバトンタッチをする模様が描かれている。

 「GYAO!」では、28日から放送されるテレビアニメ「進撃の巨人」シーズン3のパート2を、テレビ放送翌日の正午から見逃し無料配信する。これを記念したオリジナルビジュアルも公開された。

 「進撃の巨人」は、諫山創さんの人気マンガが原作。圧倒的な力を持つ巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描く。原作は、諫山さんのデビュー作で、2009年9月に月刊マンガ誌「別冊少年マガジン」(講談社)の創刊タイトルとして連載がスタートした。テレビアニメのシーズン1が13年4~9月、シーズン2が17年4~6月に放送された。シーズン3はNHK総合で、パート1が18年7~10月に放送され、パート2は28日から放送。

 「五等分の花嫁」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(同)で連載中の春場さんのマンガが原作で、貧乏生活を送る主人公の男子高校生・上杉風太郎が、あるきっかけで落第寸前の個性豊かな五つ子のヒロインの家庭教師となり、彼女たちを無事卒業まで導くべく奮闘する姿を描いたラブコメディー。1~3月に放送された。