インタビュー

2019/04/26 16:30:00

車いすで世界を一周して想う、東京2020に必要な"形のないバリアフリー"

- PR -

いよいよ来年に迫った「東京オリンピック・パラリンピック(東京2020)」。開催にともない、世界各国から障害を持った方も大勢が東京を訪れる。近年、急ピッチで街のバリアフリー化が進められているが、果たしてうまく機能するのだろうか? 車いすで世界各国を旅してきた三代達也さんの答えは、少し意外だった。「バリアフリーの設備はもちろん大切ですが、もっと大切なのは"形のないバリアフリー"です」。"形のないバリアフリー"とは、何なのか? ――三代さんのこれまでの歩みを辿りながら、その言葉の意味に迫りたい。

目次

1 車いすでたった一人、世界一周の旅へ
2 今の日本に必要なバリアフリーとは?