ビヨンセ『レモネード』音源がついにSpotify、Apple Musicに登場

グラミー受賞作品であるビヨンセの『レモネード』がついにSpotify、Apple Musicに追加された。

ビヨンセのアルバム『レモネード』のリリースから3年の時を経て、同作がついにSpotify、DeezerそしてApple Musicといった主要ストリーミングサービスに登場した。これまでは同作を聴いたり、映像作品を鑑賞するためには、ファンはビヨンセとジェイ・Zが運営するTIDALに登録しなければならなかった。

グラミー受賞作品である同作のストリーミングバージョンは、全13曲。うち1曲は、オリジナル・デモバージョンの「ソーリー」が収録されている。3年前のちょうど同時期にリリースされた『レモネード』には、ザ・ウィークエンド、ジェイムス・ブレイク、ケンドリック・ラマーと言ったアーティストがフィーチャリングで参加。

先週ビヨンセは、Netflixで自身がヘッドライナーを務めたコーチェラ2018のドキュメンタリーの様子を映した『HOMECOMING ビヨンセ・ライブ作品』をリリースしたばかりだ。映像作品に合わせて、ライヴ・アルバムとなる『HOMECOMING:THE LIVE ALBUM』もドロップ。同作には38曲のヒット曲と、2曲のボーナス・スタジオ・トラックが収録されている。『HOMECOMING:THE LIVE ALBUM』も、Spotifyと言った主要ストリーミングサービスで絶賛配信中だ。