シュナイダーエレクトリックは4月25日、データセンター(DC)やサーバルームの局所冷却「Uniflair InRow Cooling」シリーズから、従来機よりも単位面積あたりの冷却能力を向上した「Uniflair InRow DX 300mm」を国内で発売すると発表した。受注開始は、8月5日を予定している。

  • 「Uniflair InRow DX 300mm」の外観

    「Uniflair InRow DX 300mm」の外観

Uniflair InRow Coolingシリーズは、データセンターやエッジのサーバルームのポッド、ITラック列内に組み込み、高発熱サーバの冷却を行う局所冷却ソリューション。

今回、発売するUniflair InRow DX 300mmは、冷却に水を使わない空冷方式を採用し、チラー(冷却水循環装置)や水配管設備がない建物でも高発熱エリアへの対策として増設が可能なほか、筐体および室外機の省スペース化により、IT機器の設置スペースの確保を可能としている。

コンパクトかつパワフルでエネルギー効率に優れた設計となっているため、中小規模のDCや企業内のサーバルームなどオンプレミスの高密度エッジ環境に適しているという。

具体的には、高効率に関しては熱を発する機器の近くに組み込み、負荷に合わせて運転することで効率よく冷却すほか、省スペ-スについては従来機600mm幅から300mm幅になっており、室外機の据え付け面積を50%削減。

  • 室外機の備え付け面積を削減

    室外機の備え付け面積を削減

運用性の向上では、圧縮機などの主要部品や高圧力部品を室外機に組み込んだことにより、InRow空調機のスペース当たりの冷却能力が向上したことに加え、ITスペースでのメンテナンス作業が不要となるため作業ミスによる故障を抑制するとしている。