映画「さよならくちびる」の完成披露イベントに登場した小松菜奈さんと門脇麦さん

 女優の小松菜奈さんと門脇麦さんが24日、東京都内で行われたダブル主演映画「さよならくちびる」(塩田明彦監督、5月31日公開)の完成披露イベントに出席した。2人は劇中で歌とギターに挑戦しており、小松さんは「不安もあったし、(一人での)練習は孤独だった。でも、麦ちゃんという信頼できる方がいて、お互いに『これが難しい』と素直に言えた。そういう部分を共有できて、だんだん楽しくなっていった」と明かすと、門脇さんは「渋谷の街をギターを担いで、2人でプライペートでカラオケに行った」と明かし、「一人で練習している時間を菜奈ちゃんも味わっていて、共に闘っているのを知って『よし頑張ろう』と思えた」と語っていた。

 映画は塩田監督のオリジナル脚本をベースにした音楽ロードムービー。路上から始めてライブハウスを埋めるまでの人気を得た2人組女性バンド「ハルレオ」のハル(門脇さん)とレオ(小松さん)は、それぞれの道に歩み出すため解散を決め、バンドのサポートをするローディー兼マネジャーのシマ(成田凌さん)と共に、解散ツアーとして全国を巡ることに。旅を重ねるうちに、ハルの真実、レオの思い、隠し続けたシマの本音が明らかとなり、ツアーは思わぬ方向に転がっていく……というストーリー。イベントには、俳優の成田さん、塩田監督も出席した。

 レッスンを通じて“同志”となったことを打ち明けた小松さんと門脇さんだが、小松さんは「麦ちゃんは落ち着いているけれど、ふざけるときは一緒にふざけてくれる。お互い“ボケ”のよう」と告白。撮影中は、2人とも髪形がマッシュルームスタイルだったといい、門脇さんは「菜奈ちゃんが、私のことを『しめじ』って言ってきたんです。人のこと言えない!(笑い)。私は『えのき』って呼んでました」と髪形をお互いにいじっていたことを語るなど、和やかなやり取りで会場の笑いを誘っていた。

 また、この日は、主題歌を提供した秦基博さんも登場。レコーディングにも立ち会ったという秦さんが「なるべく楽しく、褒めて伸ばせたらなと思っていた」と明かしたが、小松さんは「秦さんに指導してもらうなんて、すごく緊張した。褒めてくださるんですけど、不安で不安で仕方なかった。最初、怖い人なのかなと思って、へたくそだなとか言われるのかと思った」と素直な気持ちを吐露。秦さんは「どんなイメージですか……」と苦笑いだった。