車のニュース[2019.04.24 UP]


三菱自動車、パジェロの特別仕様車「ファイナル エディション」を700台限定発売


三菱自動車は、パジェロの特別仕様車「ファイナル エディション」を4月24日から発売を開始した。価格は453万600円、700台限定発売。

1982年に初代モデルが発売されたパジェロは2019年8月で生産を終了となり、今回の特別仕様車はその37年の歴史を締めくくる限定モデル。


内外装/走行機能に特別装備を採用


クリーンディーゼル車の「エクシード」をベース車に、エクステリアではルーフレールと電動ロングサンルーフを標準装備し、インテリアには本革シートとパワーシート(運転席/助手席)を採用する。走行機能では、寒冷地仕様とリアデフロックを標準装備し、アウドドアでの走行性と利便性を向上させている。さらにSRSサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを備え、安全性も高めている。

専用ディーラーオプションパッケージとして人気の高い「リヤデフレクター」「スペアタイヤカバー(メッキ)」「マッドフラップ(アルミプレート仕様)」で構成される「ファイナル エディション アクセサリーパッケージ」(12万2752円)も設定。


車両本体価格/特別装備


[特別装備]
<エクステリア>
・電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)
・ルーフレール(ブラック)
<インテリア>
・本革シート
・パワーシート(運転席/助手席)
<安全関連装備>
・SRSサイド&カーテンエアバッグ
<機能装備>
・リヤデフロック
・寒冷地仕様



関連情報


ボディタイプ:SUV・クロカン新車特別仕様車