中古車購入チェックポイント[2019.04.22 UP]


日産フーガのおすすめの中古車をまとめてみた

日産フーガのおすすめの中古車をまとめてみたグーネット編集チーム

フーガは、伝統のある高級セダン「セドリック」「グロリア」の後継モデルに位置づけられ、上品で躍動感のあるスポーティセダンとして2004年10月にリリースされました。

大型フロントグリルを備え、張りのある面構成が特徴の硬質なサイドビューが、高級感を演出したフォルムとなっており、6ライトウインドウを採用しています。ショートノーズ&ショートデッキの優雅なフォルムが印象的なラグジュアリーセダンです。

「パワフル&エレガント」を具現化したGTシリーズ、エレガントさが際立つXVシリーズと2つの個性を持ったシリーズが用意されます。

インテリアは、ラグジュアリーで高級な意匠を採用しながら、機能性を重視したドライバーを高揚させるスポーティなコックピットデザインが印象的です。
まさに、ドライバーズ高級サルーンとしての心地良さと、後席のホスピタリティの高さを融合させた、上品で快適な室内空間がフーガの持ち味といえるでしょう。

大径ロープロファイルタイヤ&アルミホイールを装着した足回りは、ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション+マルチリンク式リヤサスペンション、デュアルフローパスショックアブソーバーと相まって、しなやかで安心感の高い乗り心地と剛性感の高い優れた操縦安定性を両立しています。

搭載するエンジンは2.5Lと3.5L V型6 気筒DOHC自然吸気エンジンが設定され、マニュアルモード付フルレンジ電子制御5速ATとの組み合わせにより、ダイナミックでありながらスムーズでジェントルな走りを提供します。

また、誕生の翌年には4.5L V型8気筒DOHC自然吸気エンジンを搭載するGTシリーズのトップグレードが追加されます。

スポーティグレードでは19インチのファットなタイヤを履き、リヤアクティブステアの採用とともに、スタビリティの高いスポーティドライブが楽しめる、走行性能の高さが魅力のビックサルーンです。

2009年11月に実施されたフルモデルチェンジでは、よりダイナミックに抑揚のある重厚な外観デザインを採り入れています。セダンの本質的な魅力である「走・美・快」を研ぎ澄ませた、日産のフラッグシップセダンとしてアップデイトされました。

2.5L V型6気筒エンジンと3.7L V型6気筒エンジンが搭載され、多段化されたマニュアルモード付7速ATとの組み合わせにより、スムーズな加速性能と低燃費性能を実現しています。

また、スポーツグレードのトップモデルには20インチタイヤ&アルミホイールが装着され、高速道路の巡行性能や走行安定性の向上が図られています。

ここでは、フーガの中古車の中から人気の高いおすすめグレードや、中古車を探す際に押さえておきたいおすすめの装備、フーガのライバルとなるおすすめの車種などを紹介します。


フーガの特徴・どんな方におすすめなのか


ここでは、2009年11月にリリースされた2代目モデルの主な特徴を取り上げます。


【フーガの特徴】


・音楽用語であるイタリア語「FUGA」に由来し、「優美さ」と「ダイナミックさ」が融合した、躍動感のあるボディデザイン
・先代モデルから継承するフーガのデザイン上のアクセントとなる6ライトウインドウデザイン
・20インチタイヤ&アルミホイールを装備した、安定感のあるスポーティな佇まい
・しっとりとしたなめらかな肌触りが心地良いセミアリニン本革や熟練した職人の手による銀粉本木目フィニッシャーを採用した、プレミアムなインテリア
・高級ソファーのような快適な掛け心地を実現した厚みのあるシート
・ドライバーの操作性を重視しながら、3次元曲面を巧みに取り入れたラグジュアリーなコクピットデザイン
・パワーリクライニングシートをはじめ、リヤ電動サンシェードやコントロールスイッチ内蔵リヤセンターアームレストを備え、かつ後席の快適性を向上させた「VIP」グレード
・レスポンスに優れ軽快な走行性能と優れた省燃費性能を両立する2.5 L V型6気筒エンジン
・全域にわたり胸のすく力強い動力性能を発揮するVVEL機構付3.7L V型6気筒エンジン
・マニュアルモード付フルレンジ電子制御7速ATがもたらす、シームレスでスムーズな加速フィール
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)をはじめ、インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)やインテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)などの充実した先進の安全装備
・重厚感のあるフラットな乗り心地を実現する「コンフォートサスペンション」
・減衰力を高めダイレクトなハンドリングを安定感のある走りを実現する「スポーツチューンドサスペンション」


【フーガはこんな方におすすめ】


フーガは、大柄なボディサイズながら、金属の塊を削り出したようなソリッドで躍動感のあるダイナミックなスタイリングが特徴の高級スポーティセダンです。

後席に座る乗員へのホスピタリティの高さはもちろんのこと、余裕のある力強い動力性能を発揮するエンジンを搭載し、パドルシフトを駆使したスポーティドライブが享受できる「繰る楽しみ」を提供するスポーツ性を備えた、ラグジュアリーモデルです。
オンとオフを大事にする充実したライフスタイルを送る方々におすすめのモデルです。


フーガの人気車種・おすすめグレード

フーガの人気車種・おすすめグレードグーネット編集チーム

フーガの中古車の中から、人気の高いおすすめグレードを世代ごとに紹介します。
ここでは、2009年にフルモデルチェンジした2代目モデルを取り上げます。


2代目 日産 フーガ Y51系(2009年~)のおすすめ人気車種・グレード



日産 フーガ(FUGA)250GT(2015年2月モデル)


乗車人員:5名
駆動方式:FR
タイヤサイズ:(前)245/50R18(後)245/50R18
エンジンタイプ:VQ25HR型 V型6気筒DOHC
排気量:2495cc
最高出力:225ps(165kW)/6400rpm
最大トルク:26.3kg・m(258N・m)/4800rpm
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:11.2km/L
車両重量:1710kg
価格:4,710,960円
自動車税:年間45,000円

※自動車税は2018年8月時点で参照したものとなります。


■主な装備

【エクステリア】
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・デュアルエキゾースト(テールパイプフィニッシャー付)
・18インチタイヤ&アルミホイール(245/50R18 100V+18×8.0J、クロームカラーコート)

【インテリア】
・ネオソフィール&ジャガード織物
・リヤセンターアームレストスルー機構

【安全装備】
・運転席・助手席SRSエアバッグシステム
・運転席&助手席SRSサイドエアバッグシステム
・SRSカーテンエアバッグシステム
・前席アクティブヘッドレスト
・クリスタルブルーバイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、プロジェクタータイプ、オートレベライザー付)
・アクティブAFS
・リバース連動下向ドアミラー
・バックビューモニター(カラー、車幅/距離/予想進路線表示機能付)
・サイドブラインドモニター(カラー、左側車幅/前端表示機能付)
・オートライトシステム(ワイパー連動、薄暮れ感知機能付)
・フロントバンパー組込みハロゲンフォグランプ
・ヒルスタートアシスト

【快適装備】
・UVカット機能付プライバシーガラス(リヤドア、リヤサイド、リヤ)
・UVカット断熱全面ガラス(フロントトップシェード付)
・ヒーター付ドアミラー
・雨滴感知式ワイパー
・インテリジェントキー
・プッシュエンジンスターター
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・クルーズコントロール
・パーソナルドライビングポジションメモリーシステム
・運転席パワーシート
・助手席パワーシートパワーオットマン機能
・トランクオートクロージャー
・フォレストエアコン(ゆらぎ風/アロマディフューザー/湿度制御機能/プラズマクラスター機能)

【オーディオ・ナビゲーション】
・カーウイングスHDDナビゲーションシステム
地デジ内蔵・高精細8インチワイドVGAディスプレイ、マルチファンクションスイッチ/タッチパネル併用操作、ハンズフリーフォン、ボイスコマンド、Bluetooth対応、DVD/CD再生機能、ミュージックボックス、USB接続、iPod対応、AM/FMラジオ
・フーガホログラフィックサウンドシステム(6スピーカー、MP3/WMA再生機能)

【その他】
・アルミ製エンジンフード/ドアパネル(フロント&リヤ)
・ドライブモードセレクター
・4輪独立懸架サスペンション(フロント:ダブルウィッシュボーン式、リヤ:マルチリンク式)
・4輪ベンチレーテッドディスクブレーキ
・スタビライザー(フロント、リヤ)


■特徴

・爽快なドライブフィールと優れた省燃費性能を両立する2.5L V型6気筒エンジン
・優れた操舵性能とダンピングの利いた重厚な乗り心地を実現する剛性感の高い足回り
・18インチロープロファイルタイヤ&クロームカラーコートアルミホイールやデュアルエキゾーストを備えたスポーティなスタイリング
・質感の高いネオソフィール&ジャガード織物や木目調フィニッシャーを備えたインテリア
・パーソナルドライビングポジションメモリーシステムや運転席パワーシート、助手席パワーシート&パワーオットマン機構など、充実した快適装備
・実用性の高いトランクオートクロージャーやインテリジェントキー、プッシュエンジンスターターを装備
・クリスタルブルーバイキセノンヘッドランプやアクティブAFS、バックビューモニターなど先進の安全装備
・豊富な機能が備わったカーウイングスHDDナビゲーションシステム
・奥行きのある高音質な音楽を奏でるフーガホログラフィックサウンドシステム


フーガ中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプション

フーガ中古車を探す際にチェックしておきたいおすすめの装備・オプショングーネット編集チーム

フーガは、余裕のある高性能V6自然吸気エンジンを搭載し、卓越したダイナミックな走行性能を発揮する高級スポーティセダンです。
後席の乗員に配慮した、数々の快適装備が設定されている点から、ショーファードリブンカーとしての用途もでも活用可能なフォーマル性能も兼ね備えています。

ラグジュアリーなプレミアムセダンとして、本革シートや上質な手触りが特徴の丁寧になめされたセミアリニン本革シート、助手席パワーオットマン機能は人気の高い装備として挙げられます。

また、パーソナル性を高める快適装備として電動ガラスサンルーフは人気の高いオプション装備です。

ほかにも、スポーティセダンらしいオプション装備として、フロントエアロフォルムバンパーやリヤスポイラーなどから構成されるエアロパッケージは、個性を高めるアイテムとしておすすめします。

たくさんのオプション装備の中から、2代目モデルに人気の高いおすすめのアイテムを紹介します。



【エクステリア】
・エアロパッケージ(フロントエアロフォルムバンパー、サイドシルプロテクター、リヤスポイラー、ミッドナイトブラックグリル)
・20インチアルミホイール(20×9.0J、ガンメタリックカラー)
・18インチアルミホイール(18×8.0J、クロームカラーコート)

【インテリア】
・セミアニリン本革表皮
・スエード調ルーフ
・銀粉本木目フィニッシャー
・セーフティシールドパッケージ(インテリジェントクルーズコントロール/インテリジェントペダル/LDP:車線逸脱防止支援システム)
・アンビエントライトシステム(おもてなし間接照明)

【安全装備】
・LDP(車線逸脱防止支援システム)
・LDW(車線逸脱警報)
・FCW(前方車両接近警報)
・インテリジェントブレーキアシスト
・タイヤ空気圧警報システム(輪位置表示機能付)

【快適装備】
・インテリジェントクルーズコントロール
・インテリジェントペダル
・ECOペダル
・前席エアコンディショニングシート
・電動ガラスサンルーフ(ワンタッチスライド・チルトアップ、UVカット機能付プライバシーガラス、挟み込み防止機構付)

【ナビゲーション・オーディオ】
・Boseサラウンド・サウンドシステム(5.1ch サラウンド再生機能、16スピーカー、AUDIOPILOT2、Centerpoint2、MP3/WMA再生機能付)

【その他】
・コンフォートサスペンション


フーガのライバルとなるおすすめ車種

フーガのライバルとなるおすすめ車種グーネット編集チーム

ラグジュアリーなインテリアや、後席の快適性を高める数々のオプション装備など、ショーファードリブンカーとして顔を持ちながら、スムーズで爽快なスポーティドライブを提供するプレミアムセダンモデルとして、安定した人気を誇るフーガの中古車を購入する際に比較される、ライバル車の中からおすすめの車を紹介します。


4代目 ホンダ レジェンド KB1、2系(2004年~2012年)


中古車価格相場:110.1万円(2018年8月24日時点)

レジェンドは、1985年10月の誕生以来、ホンダのフラッグシップセダンとして、V型6気筒エンジンを搭載し、余裕のあるダイナミックな動力性能や先進の安全性能を備える先進的なモデルとして、高い人気を誇るモデルです。

初代モデルから広々とした室内空間にこだわり、一貫してFF駆動を採用するなどユニークで意欲的なモデルです。

天童木工製の艶やかな本木目パネルや四季を通じて快適なウールシートを装備した、高級感あふれるインテリアをはじめ、国産初のSRSエアバッグシステムやA.L.B(現在のABS)など、先進の安全装備が設定されていたことも大きな話題となりました。

レジェンドは、年月を経ても進化を続け、従来のターボユニットの弱点であったターボラグを感じさせないレスポンスの良いウイングターボや、国産車初のオーバー300psモデルのリリースをはじめ、世界初四輪駆動自在システム「SH-AWD」などの採用をしています。

4代目モデルの販売終了から約2年半後の2015年2月に誕生した5代目モデルは、i-VTEC機構付3.5L V型6気筒直噴エンジンに3モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を組み合わせ立ち上げたハイブリッドモデルとしてリリースされました。

モーターのみで走行するEVドライブを備えながら、全域にわたり高出力ハイブリッドモデルならではの、立ち上がりの鋭い圧倒的な動力性能と優れた省燃費性能を実現しています。

ラグジュアリーな室内には、世界最高峰のホームオーディオメーカーKRELL(クレル)社との間で共同開発されたオーディオシステムの装備やキャビンの静粛性を徹底的に高める対策が施され、フラッグシップセダンに相応しい、ホスピタリティの高さが魅力のモデルです。

2018年の2月のマイナーチェンジでは、レジェンドに先進の運転支援システム「Honda SENSING」が搭載され、高い安全性能からも、フーガを購入する際に比較される人気の高いモデルです。



関連情報


中古車購入