謝罪会見を行った浦田直也容疑者

 男女6人組ユニット「AAA(トリプル・エー)」のリーダーで、女性への暴行容疑で逮捕された浦田直也容疑者(36)が21日、釈放後に東京都内で謝罪会見を行った。会見には黒髪姿で登場し、「あってはならない行動で被害者にご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありません」と頭を下げて謝罪。すべての活動を自粛することが、本人の口から説明された。

 会見では「被害者に本当に申し訳ない気持ちでいっぱい」と謝罪。事件について「自分がそんなことをしたのか、何をしたのか、何をしゃべったのか、覚えていない」と語り、「あり得ない行動をしてしまい、なぜそういうことをしてしまったんだろうと反省しています。被害者に申し訳ないことをしてしまったという気持ちでいっぱいです」「なぜ、こんな大人になってしまったのか、悔しいです」と話した。

 所属事務所によると、活動自粛は本人の意向で、会社として正式な処分は今後、発表される。また、現在予定されている「AAA」のツアーなどの活動についても、未定の状態。追って発表されるという。