標高4000mの高地をクラシックカーで旅する│唯一無二の体験

標高4000mの高地を行くチリ-アルゼンチン・ロードクラシックには、ほかではできない唯一無二の経験が待っていた。辺境の高地を旅する。

すべての写真を見る

ヨーロッパや北米から15組のクルーがチリ北部にやってきた。私たちはベルギーからコンバーチブルの1973年マスタングで参加。マスタングはあと2台おり、ほかに"パゴダ"メルセデスが3台、1937年ラゴンダ、1957年ベントレーS1 が各1台、ポルシェとプジョー504コンバーチブルが2台ずつに、ビッグヒーレーとサンビーム・タイガーという実に多彩な顔ぶれだ。それぞれに数千マイルを移動して2017年チリ-アルゼンチン・ロードクラシックのスタート地点に集まった。ここからフィニッシュ地点まで、さらに2324マイル(約3740km)の長旅が始まる。



太平洋岸の都市アントファガスタを出発し、アンデス山脈を横断してアルゼンチンに入り、再びチリに戻って港湾都市バルパライソへ至る行程だ。苦もないと見くびっている参加者がいたら、初日に気を引き締めることになっただろう。まずは世界最大の銅山であるチュキカマタを通過し、次にサンペドロ・デ・アタカマを目指す。標高2500mに位置するアタカマ砂漠の玄関口だ。ここから標高はさらに上がる。各車には万が一に備えて緊急の酸素ボンベも用意されている。

初日の宿、ホテル・クンブレスに到着すると、さっそくガソリンスタンドで給油だ。周囲数マイルで唯一のスタンドなので、村の車が列をなす。早くも1937年ラゴンダが空気の薄さから調子を崩し、メカニックの再調整を受けた。ゴールのバルパライソまで15日間にわたってメカニックが同行してくれるのは心強い。

翌朝は出発して間もなく南回帰線を横断。平らなアスファルトの幹線道路に別れを告げて、未舗装の道を突き進む。標高4200mまで登っていくと、ミスカンティ湖とミニケス湖の絶景に迎えられた。その道中には、ラマに似た動物、グアナコも見かけた。夜は、アルマ望遠鏡(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)を全員で訪問。世界最大規模の電波望遠鏡で、月の表面や火星、土星、天の川などをつぶさに見ることができた。



話を地上に戻そう。翌日もタフな行程だ。朝5時にサンペドロを出発し、標高4500mに広がる間欠泉群で有名なエル・タティオを目指す。そこまでの道には、ひどく波打った箇所があり、車で進むのはひと苦労だった。タティオで朝食をとったあとは、美しい風景を楽しみながらサンペドロに帰還。悪路の震動に耐えた骨休めに、近隣のプリタマ温泉に出掛けてひと風呂浴びるクルーもいた。

4日目に国境を通過してアルゼンチンに入国。サリーナス・グランデス塩湖とサボテンに覆われた渓谷を抜け、つづら折りの山道を下ってプルママルカに至る。古風な佇まいの村で、ホテルは美しいコロニアル様式だ。

5日目は183km先のサルタまで快適なドライブとなるはずだった。しかし、1957年ベントレーS1が予想以上に苦戦し、冷却トラブルに見舞われてしまう。

幸いにも、自身もクラシックカーを所有する地元の修理工場のオーナーが、すぐに原因を突きとめ、無料で直してくれた。その夜はサルタでバーベキューを楽しみ、全員が上機嫌で寝床についた。



6日目から、このラリーでも随一の美しい景色が続く道に入った。アルゼンチンで最長の5194kmに及ぶルータ・ナシオナル40(国道40号線)だ。カチとモリノスの2村の間は47kmにわたって未舗装で、サボテンと山々の間を縫うように進む。小さな教会のあるモリノスは、まるでハリウッド映画から抜け出したかのような村だった。そのハシエンダ(農園)が今夜の宿だ。そこからの数日間、私たちは数々の渓谷を抜け、荒野を進んだ。

野生の馬が自由に走り回る広大な大地が何マイルにもわたって続く。ようやくたどり着いたエスタンシア・ラス・カレーラス農場で、フォンデュと絶品の肉料理に舌鼓を打った。

覚悟はしていたが、万事順調とはいかなかった。途中で調子が悪くなり、レッカー車で運ばれる車も1台や2台ではなかった。例のラゴンダは、ブレーキとエンジンのトラブルでついに走行を断念。クルーはレンタルした車でフィニッシュ地点を目指すこととなった。

巨大な赤い岩がそびえ立つタランパヤ渓谷を抜けると、次の目的地はバレー・デ・ラ・ルナ(月の谷)だ。色鮮やかな景色が広がるが、砂埃がひどく、私たちのマスタングはショートを起こして発火した。幸い、炎はすぐに消し止められ、ダメージは最小限で済んだ。



翌日はワインで名高いメンドーサの美しいブドウ園に立ち寄る。近隣のホテル、ザ・ヴァインズに2日間滞在し、様々な銘柄を堪能した。

ゆっくり休息して英気を養った私たちは、再び40号線を走り、チリへ戻る国境を目指した。1台目は青空の下で国境を越えたのだが、最後に横切った車は雪をかぶっていた。その通過後に峠は閉鎖された。そこから28ものヘアピンが連なる山道を下り、麓の都市ロス・アンデスのホテル・デル・バリェに到着する。

いよいよ最終日の15日目だ。2週間前に別れを告げた太平洋を目指す。沿岸の村サパジャールでは、日差しを浴びながら獲りたての新鮮な海の幸をいただいた。目の前の湾では、私たちを楽しませるかのようにイルカが戯れていた。

地元の自動車博物館のオーナーが、自慢のクラシック・パトロールカーでやってきて、バルパライソへの途中にある施設まで私たちをエスコートしてくれた。見学のあとは、最後の数マイルを走ってチリのリヴィエラと呼ばれるビニャ・デル・マールへ。そこのシェラトンが最後の宿だ。

時にチャレンジングな旅だったが、どこへ行っても息を飲むような絶景に迎えられた。その夜のガラディナーでも、スタート地点のアントファガスタに戻りたくなったほどだ。2324マイルを走破してもなお足りないほど、魅力にあふれ
た旅だった。