ランボルギーニ・ミュージアムがリニューアル│新たなワークショップも

イタリアのサンタ―ガタ・ボロニェーゼに位置する、ランボルギーニ・ミュージアムが"MUDETEC"という名のミュージアムへとリニューアルした。より一層、ランボルギーニのテクノロジーにフォーカスを当てた展示が繰り広げられる。

ランボルギーニの歴史を築いてきた技術や、開発秘話などもテーマに展示をおこなう。350GT、ミウラ、カウンタック、LM002などのアイコニックなヒストリックモデルから、ハイブリッドカーである最新コンセプトモデルのアステリオンや、アヴェンダドールSVJなどを展示し来場者がランボルギーニの歴史を目で見て感じられるものとなっている。



ランボルギーニの情熱や未来への野心を伝えるため、新たなワークショップも開設。エアロダイナミクスなどを学ぶ「車構造と人間工学」、軽量化などを学ぶ「カーボンファイバーとテクノロジー」というランボルギーニがマシン開発において重要としている2つの要素にフォーカスを当てたものである。
"Future Shapers since 1963"という企画展(2019年4月16日~2019年10月31日)は、リニューアルを祝うものであり、60年代から90年代のランボルギーニのイノベーションとデザインの歴史を巡る。ミュージアムのアプリがあり、タッチスクリーンなども設置され、車それぞれの情報や写真、オリジナルスケッチやビデオを見ることもできる。





最新のドライビングシュミレーター体験や、ランボルギーニのV10エンジンとV12エンジン製造ラインを見学するツアー(予約制)にも参加できる。

来場者にとって常に新たなものとなるように、一風変わった企画展や、個人使用での貸し出しもおこなうとのこと。