貫地谷しほり

貫地谷しほりが、4月21日にスタートする福山雅治主演の日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系、毎週日曜21:00~※初回は85分SP)のナレーションを担当することがわかった。

本作は、江波戸哲夫の小説「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」を原作に、『ROOKIES』や『南極大陸』などのいずみ吉紘が脚本を手がける“下克上エンターテインメント”。50歳を目前にして廃店が決まっている三友銀行・蒲田支店の支店長となった片岡(福山)と、左遷された銀行員たちが協力しながら大逆転に挑む姿を描いていく。福山をはじめ、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、市村正親、三上博史ら個性あふれるキャストが集結しており、早くも注目を集めている。

同ドラマのナレーションを務める貫地谷は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)などのドキュメンタリー番組をはじめ、ジャンルを問わず多くの番組でナレーションを担当してきており、その落ち着いた語り口に定評がある。ナレーションは、視聴者がドラマの世界観やストーリーを受け止めるための重要な役割だ。

今回の決定について貫地谷は、「ドラマに出演する皆様のとても濃いお芝居に負けないようにがんばりました。自分の出演しないドラマのナレーションをするのは今回が初めてでした。ドキュメンタリー番組のナレーションは風景や人物に寄り添って紡いでいくという印象が強いのですが、今回は熱のこもった出演者に負けないように、こちらも“当てていく”というような感じでしたね。本編の映像を拝見して監督も凝って制作してらっしゃるのも感じましたし、そこに負けない“パンチ”を意識しながら演じました」と、コメント。

いよいよ、福山をはじめとするキャストたちの熱い演技合戦が繰り広げられることになるが、諦めずに一生懸命頑張る銀行員たちに寄り添う彼女の澄んだ声が一服の清涼剤となることだろう。