車のニュース[2019.04.18 UP]


レクサス、NXを一部改良 先進安全システムや車両安定性を強化


レクサスはNXを一部改良し、5月6日から発売を開始する。価格は468万5237~597万7309円。






レクサス セーフティ システム+を機能強化


今回の一部改良では、予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+」の機能を強化。単眼カメラとミリ波レーダーによって、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者を検知する「プリクラッシュセーフティ」や自動車専用道路などでの同一車線内走行をサポートする「レーントレーシングアシスト(LTA)」、主要な道路標識をカメラで読み取って、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」、先行車の発進を表示とブザーによって知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」などのシステムを進化させて、ドライバーの負担軽減と事故の回避および被害軽減を図っている。

加えて、コーナーでのアンダーステアを抑えるアクティブコーナーリングアシスト[ACA]を全車に標準設定する。

ボディーカラーには、赤土をモチーフにした重厚感のある新色「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」をオプション設定。またインテリアカラーには、バージョンLにブラック&アクセントサンフレアブラウン、Fスポーツにブラック&アクセントマスタードイエローを新規採用している。


ダークローズ


ブラック&アクセントサンフレアブラウン


F SPORT専用ブラック&アクセントマスタードイエロー



関連情報


ボディタイプ:SUV・クロカン