ブリキのカタツムリで旅するプロヴァンス

プロヴァンスよりも美しい場所はフランスのどこにもない。この地を探索するなら2CVのほかに最適なパートナーはない。

私の手元にある1968年版のくたびれたフランスのガイドブックを捲ると、"景観、芸術、歴史的背景において、プロヴァンスほどに心動される土地はほかにはない"そうだ。ならば、歴史的な自動車に乗ってこの土地を探索することとしよう。私の愛車である1965年式のオースチン・ヒーレー3000ならば、ロンドンからはるばるフランス南東部まで文句も言わずに私たちを乗せてくれるだろうが、すぐに足を休めることとなるだろう…。

私たちが旅の途中で最初に車を停めたのは、リュベロン産地の麓にあるコミューンであるルールマランだった。だが、私の目の前に広がる光景は、私が思い描いていたプロヴァンスとは程遠いものだった。

昼食を終えてから少し走ると、ねじれのある峡谷、道の下を走るエギュ・ブラン川を通り、コル・デュ・ポワンチャの頂上に向かった。そこでセニョンの方向を向くと、まるで軍隊の整列のようにきれいに並んだラベンダーに囲まれていた。絵の具で塗ったかのような紫色の畑、青い空、そして、まさにぴったりのタイミングでシトロエン2CVを称える赤色。ルールマランの中心には近づいたが、正確には戻ってこられたというわけではなかった。私の愛車ヒーレーは代わりにマ・ド・ギーユホテルに停まり、近くのシャトー・フォンヴァート城からのバラの香りで、その疲れを癒したのだった。

翌日、私たちはD56号線を走り、ブドウ畑や中世の村の中を走っていた。プロヴァンスのベストセラー『プロヴァンスの贈り物』の著者、ピーター・メイルが気に行っている場所の近くも通った。

私たちの計画は、自分だけのドゥ・シュヴォ(青い1960年式がいい)を見つけることから始まった。多くの人がフランスの中で最も美しいと感じるアンスイ辺りの道で、最もフランスらしいこの車を満喫しようというプランを立てたのだ。

私たちに2CVを提供してくれたオーナーは、フォード・オブ・ヨーロッパ社の元デザインディレクター、マーティン・スミスだが、この日は彼が不在だったため、エンジンの始動方法とギアポジションは、正確とはいえない私の記憶に頼らざるを得なかった。まずはイグニッションキーを回し、チョークを引き、Dノブを引き、ガチャガチャとやって、ようやく425ccフラットツインが動き出した。



この"ブリキのカタツムリ"は、農村生活のためにあるようなものだ。マーティンの険しいドライブウェイを笑い飛ばし、道に出ると排水用の畝を嬉しそうに走り抜けた。田舎道を数キロ走ると、私は2CVを楽しむ若僧に戻っていた。屋根を開け、エンジンを"ぶん回して"カーブを走った。

昼食時には、アンスイの中心部でこの2CVの写真を撮影した。人通りは少なかったが"Bar des Sports"の外で飲んでいた数人の地元民達が、このシトロエンに向けて笑顔で熱く親指を立ててくれた。

2CVはすばらしいマシンだ。よりエキゾチックな車を好む人でさえ、その華麗ともいえるシンプルさに感銘を受けざるを得ない。デッキチェアのような形のパイプフレームに布を被せただけのシートは快適で、前方の道路以外に見るべき物は電流計とスピードメーターだけだ。スピードメーターは金属製ステアリングホイールの左側に高く固定され、上限は100km/hまで刻まれているが、頑張っても65km/hを超えることはなかった。モペッドに乗る若者に何度も追い抜かれたほどだ。

3日目には、ここから北にある、ツール・ド・フランスの第12ステージとなった地に向かった。

「この先の道路閉鎖」の警告が何度も姿を現した。それはモン・ヴァントゥ山の頂上へ向かう途中、ゴルド峠とトロワ・テルム峠のアスファルト舗装をし直したばかりの路面のせいだ。この地方の岩石の赤い色合いから、この一帯は「レ・コロラド・プロヴァンサル」(プロヴァンスのコロラド州)と呼ばれるようになった。

ここまでの道程では、他の観光客にはほとんど出会わなかったが、次の停車地では何とか人々を見つけることができた。セナンク修道院に到着した時、数台の観光バスの横で、スマートフォンに向かってポーズをとる観光客たちがいた。頭上でかすかに唸る音が聞こえたと思ったら、上空で12世紀の建物の写真を撮っているドローンだった。

私たちは、再びレースルートへと戻った。1902年から1976年まで開催された「モン・ヴァントゥ・ヒルクライム」のスタート地点であった、ベドアンの「ホテル・デ・パン(Hotel des Pins)」に到着した。モン・ヴァントゥ・ヒルクライムのコースは、山頂展望台をゴールとする全長21.6km。イベント初年度のウィナーは、70HPのパナール・エ・ルヴァッソールだが、所要時間は27分17秒もかかった。そして、最終回となった1976年には、ジミー・ミエウセットの乗ったマーチが、わずか6分11秒で走り切って優勝を果たした。

今回の旅でこのコースにアタックした私たちの記録は、後者よりも、1902年の記録にかなり近いものではあったが、これほどまでに車で楽しく過ごせたことは稀である。

読者の皆さんがプロヴァンスを旅するなら、是非とも2CVに乗ってみることをお勧めしたい。もし、その気になったら、誰でもすぐにレンタルが可能だ。

「ティン・スネイル」(ブリキのカタツムリ)は急ぎの旅には向かないが、その代わり、フランスのどこに行っても歓迎されることは間違いないだろう。そしてその旅は、目的地での出来事を上回るほどに記憶に残ることは請け合いだ。

この旅に詳細な情報については以下もご参照いただきたい。
- Hotel Mas de Guilles, guilles.com
- Hotel des Pins, hotel-des-pins.fr
- 2CV hire, 2cv-provence-location.fr
推奨図書:アンドリュー・ブロディー著
『An Omelette and Three Glasses of Wine: En Route with Citroens by Andrew Brodie』


特に屋根を後方に巻いて開く2CVは、プロヴァンスのラベンダーの香りからは逃れられない。