ときのそら、猿楽町双葉、響木アオ

バーチャルYouTuberドラマ『四月一日(わたぬき)さん家の』(テレビ東京系、4月19日スタート、毎週金曜24:52~)の第1話試写会&記者会見が18日、都内にて行われ、本ドラマで東京下町の一軒家に住む“四月一日三姉妹”を熱演したバーチャルYouTuberのときのそら、猿楽町双葉(新人)、響木アオがスクリーン上に現れ、番組の見どころなどを語った。

本ドラマは母親が幼少期に、父親が昨年他界し、東京江東区・門前仲町の一軒家に住む三姉妹が主人公。長女・一花(ときの)、次女・二葉(猿楽町)、三女・三樹(響木)の三姉妹が、日常生活の中で起こる、ささいな出来事や思わぬ事件が、笑いあり涙ありのほのぼのタッチで描かれる。

会見は、用意されたスクリーンに3人が映し出されて行われる“バーチャル会見形式”で行われ、スクリーン内でフォトセッションも行われた。ときのは、撮影を振り返り「新たな挑戦ばかり。やってみて楽しかったです」と嬉しそうに話し、響も「勉強になりました。いい経験をさせてもらったなって」と充実の様子。「最初のほうはセリフを覚えるのが大変で。寝ながらセリフを聞いて覚えていくというのを実践していたんですけど、慣れてくるとこの作業が楽しくて。ドラマを通じてたくさん成長できた気がします」と本ドラマに出演の成果を口にした。

本ドラマをきっかけにYouTuberデビューを果たした新人の猿楽町は「出演者は3人だけ。セリフがすごい量でとんでもなくしゃべったんです。でもタイトなスケジュールの中、和気あいあいと助け合いながら作れたので、今は達成感でいっぱいです」とにっこり。ときのとは初対面だったというが、「双葉ちゃんは初めて会ったんですけど、最初はシャイな子かなと思ったら、実際はすごくおちゃめでいたずらっ子。しっかりものでもあるけど可愛らしい子なんだって印象を持ちました」と紹介した。

現場でのチームワークもばっちりだった模様。ときのは響木についても「アオちゃんは普段から仲がいいんですけど、キャピキャピしている感じなのに今回の役では真逆。大人っぽくて、クールで、そのギャップがすごく新鮮でした」とコメント。ときのは、役作りの面では3人の中で長女らしさを出すことに苦労したらしく、「どうすればお姉ちゃん感が出るか考えました。普段からお姉さんぽい仕草ってどうなんだろうって考えながら役作りをしていました」と述べたが、猿樂町はそんなときのや響木と演技をし、すごくやりやすかったとのこと。「2人が自然とお姉ちゃんと妹でいてくれたから、わたしは自然と次女を演じられました」と感謝した。

見どころについて、猿楽町は「双葉が結構言い間違いをするので、そこを見つけるのが楽しいんじゃないですか」とアピール。ときのも「わたしがものまねをやっているシーンが結構あるんです。そこが見どころだと思います」と述べ、響は「突っ込みのシーンがあるのですが、クールに突っ込むことを頑張ったのでそこを見てほしいです」と話していた。