12代目のゼクシィCMガールに抜てきされた白石聖さん

 ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系)での振り切った演技が「怪演」と話題を集めた女優の白石聖さんが、“美少女タレントの登竜門”とも言われる結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)のCMガールの12代目に起用されたことが18日、わかった。同日、東京都内で行われた発表会で、ウエディングドレス姿を披露した白石さんは「ゼクシィCMガールになりたいというのは目標だったので夢が一つかなったという実感があります」と喜びを語った。

 白石さんは1998年8月10日生まれ、神奈川県出身の20歳。「新世代ヒロイン」の一人としてしばしば雑誌で特集される期待の新進女優で、「絶対正義」のほか、ドラマ「Miss デビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)などに出演。桂正和さんの人気恋愛マンガ原作の実写ドラマ「I”s(アイズ)」では絶対的美少女のヒロイン、ドラマ・映画「PRINCE OF LEGEND」でも多くのイケメンから思いを寄せられるヒロインをそれぞれ演じており、多彩な役どころでも話題となっている。

 白石さんが出演するCMは18日午後7時から放送。新郎役は「ウルトラマンR/B」(テレビ東京系)で主演を務めた平田雄也さんが演じている。会見には平成元年に結婚した女優の泉ピン子さんも出席し、約30年の結婚生活を振り返った。

◇歴代ゼクシィCMガール(敬称略)

 初代:加賀美セイラ▽2代目:加藤ローサ▽3代目:JOSI▽4代目:倉科カナ▽5代目:高橋真唯(現・岩井堂聖子)▽6代目:松井愛莉▽7代目:広瀬すず▽8代目:新木優子▽9代目:吉岡里帆▽10代目:佐久間由衣▽11代目:井桁弘恵