実写ドラマ「聖☆おにいさん 第II紀」のビジュアル (C)中村 光・講談社/パンチとロン毛製作委員会

 俳優の松山ケンイチさんがイエス役、染谷将太さんがブッダ役で、人気マンガを実写化したドラマ「聖☆おにいさん」(福田雄一監督)の「第II紀」のポスタービジュアルと特報映像が18日、公開された。特報には、ブッダとイエスがオタクの“聖地”秋葉原へと降り立つ模様が描かれている。また、俳優の山田裕貴さんがさまようイエスを補導する警察官役で出演することも明らかになった。山田さんは福田監督作品に初参加となる。

 ドラマは、中村光さんがマンガ誌「モーニング・ツー」(講談社)で連載中のマンガが原作。世紀末を無事に乗り越えたブッダとイエス・キリストは、下界でバカンスを取ろうと、東京・立川のアパートでルームシェアを始める……というストーリー。

 俳優の山田孝之さんが制作総指揮、映画「銀魂」シリーズなどの福田監督が監督と脚本を担当している。実写ドラマは「第I期」が2018年10月から動画配信サービス「ピッコマTV」で配信。「第II期」は、ピッコマTVで6月1日から配信されるほか、同6日に劇場公開される。「第III期」の制作も決定している。

 公開された特報では、パソコンオタクのイエスがずっと行きたかったという秋葉原の街をイエスとブッダで巡る様子が描かれる。イエスがコスプレをする姿や、2人がプリクラを撮る様子、イエスが「橋本★(ピー音)奈みたいに1000年に1度の仏みたいに言われるかもしれないよ」と話す場面などが収められている。

 ◇山田裕貴さんのコメント

 念願の、念願の、念願の福田組。そして「聖☆おにいさん」という大人気コミックが融合した世界に飛び込めることができて、うれしすぎて、興奮しすぎて、現場で何度かせりふをかみました。そのくらい現場でもワクワクしました。キャラクターが爆発してることを祈ります、いい意味で(笑い)。