NHK連続テレビ小説「なつぞら」タイトルバックのワンシーン=NHK提供

 女優の広瀬すずさんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」のオープニング(OP)タイトルバックが17日、同局の公式YouTubeチャンネルなどで公開された。朝ドラでは初となる全編アニメーションで描かれたタイトルバックで、今回公開されたのは約80秒のノンクレジットバージョン。4人組バンド「スピッツ」による主題歌「優しいあの子」も話題となっていた。

 タイトルバックは、1996年生まれの若手アニメーター・刈谷仁美さんがキャラクターデザイン・演出・原画を担当。87年から2014年までスタジオジブリに在籍し、「となりのトトロ」以降、「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」「思い出のマーニー」などジブリ作品の動画チェックを数多く手がけた舘野仁美さんがプロデュースし、1960~70年代の日本のアニメーションのテイストにかなり寄せた作りになっている。

 ドラマの公式ガイドブックによると、ヒロインのなつ(広瀬さん)と動物たちの「小さな冒険」がテーマ。フルサイズ90秒の動画に対して、描かれた作画は2100枚以上と劇場版アニメを超えるクオリティーになっているという。

 SNSでは「これはアニメ円盤の特典でありがちノンクレジットOP!」「NHKの本気ってやつかな?」「1コマも怪しいカットがなくてすごい」「この作画で30分アニメ見たい」「スピッツの曲とマッチして可愛くて優しい画ですね」などの声が視聴者から上がっている。