浪費癖があってはお金持ちにはなれません。そこで今回は、あなたの浪費癖をチェックするために、手軽に使える診断テストをご用意しました

案外知られていませんが、ホンモノのお金持ちは無駄遣いをしません。高価なスーツを買うこともないし、高価な靴や腕時計を買うこともありません。

高価なスーツや靴、腕時計を身にまとっているのは、いつの時代も「お金をたくさん使うけど、手元にはお金が残らない人」です。

お金持ちはお金を「持っている」から億万長者なのであって、「使っている」からお金持ちな訳ではありません。「金は天下の回りもの」という言葉もありますが、科学的に見ればこの言葉は嘘八百と言ってよいでしょう。

何を言いたいのかというと、「いつの時代もお金持ちになれない人のほうが、お金持ちよりも金遣いが荒い」ということです。浪費癖があっては、お金持ちにはなれません。そこで今回は、あなたの浪費癖をチェックするために、手軽に使える診断テストを用意しました。ぜひ、トライしてみてください。

◆【浪費癖診断テスト】あなたは億万長者になれる?
さっそく、浪費癖をチェックしてみましょう。質問は3つです。「はい」か「いいえ」かの2択で回答してみましょう。

・質問1:4万円以上するスーツを買ったことがありますか?
・質問2:1万5000円以上する靴を買ったことがありますか?
・質問3:2万5000円以上する腕時計を買ったことがありますか?

 該当する場合は「はい」、該当しない場合は「いいえ」と回答しましょう。さて、あなたは何個、「いいえ」と回答しましたか?

◆億万長者ほどお金を使わない
億万長者の多くが、このテストに「いいえ」と回答しています。億万長者研究の第一人者であるトマス・J・スタンリーの著書によると、調査対象の億万長者のうち、

・半数が、4万円以上のスーツを買ったことが「ない」
・半数が、1万5000円以上以上の靴を買ったことが「ない」
・半数が、2万5000円以上以上の腕時計を買ったことが「ない」

と回答したのだとか。

ちなみに、筆者の答えは「全てイエス」でした。なるほど、僕が億万長者になれないのは、金遣いが荒いからだったんですね(涙)。この事実を知った瞬間から、「無駄遣いを減らさなきゃ……」と反省しております。

◆億万長者を目指す方へ
この調査を行ったトマス・J・スタンリーによると、「よい暮らしをするためにお金が欲しい」と考える人ほど、億万長者にはなれないのだとか。その代わりに、「質素倹約を続けることで、財政基盤を確立したい」と考える人ほど、億万長者になりやすいと述べています。

「お金を使いたい!(だからお金が欲しい!)」と考えていると、どれだけお金を稼いでも使ってしまい、手元にお金が残りません。だから、「使うために稼ぐ」ことを続ける限り、その人は一生億万長者になることはありません。

一方、「お金をたくさん貯めて基盤を作り、お金に困らない生活をしたい!」と考えていると、支出が減って、みるみる億万長者へ近づいていきます。結局、億万長者は「誰よりもお金を貯めることのできる人」なんです。

コーネル大学ジョンソンスクールの経済学教授、ロバート・H・フランクは、彼の著書の中で、高価なスーツや靴、腕時計のように、地位の高さを誇示するもの(地位財、ステータス・シンボル)をいくら買っても、幸福にはつながらないと指摘しています。

高い買い物をしたところで心は満たされません。「お金持ちに見られたい!」「高いものを身につけて羨ましがられたい!」という虚栄心は、僕らを貧乏にするうえ、幸せにもしてくれないのです。

そう考えると、お金持ちを目指す人に必要なのはささやかな日常を楽しみ、「足るを知る」ことなのかもしれません。

●参考文献:【診断テスト】あなたは億万長者になれる?(https://allabout.co.jp/gm/gc/478946/)記事下段に記載

文=中原 良太(マネーガイド)