公開中の映画『映画版 ふたりエッチ~ラブ・アゲイン~』の公開記念舞台あいさつが14日、都内で行われ、主演の青山ひかるをはじめ、佐々木道成、吉田早紀、石田隼、水樹たま、近藤俊明監督が出席した。

左から吉田早紀、水樹たま、青山ひかる

本作は、ヤングアニマルで現在も連載しており、累計2,700万部を超える克・亜樹原作の人気コミック『ふたりエッチ』の劇場版。全男子の憧れ、セクシーヒロイン小野田優良を人気グラドルの青山ひかるが熱演しており、奥手な新婚カップルが試行錯誤を重ねながらエッチを学んでいく姿をコメディータッチで描く。

主演の青山は「小学生の頃のエロ本が『ふたりエッチ』で、古本屋さんで隠れながらこっそりと見ていました。マネージャーから連絡があった時はすごくびっくりしちゃって、携帯を5度見しちゃいましたね」とオファー時の心境を明かしつつ、「皆さんのヒロインでもある優良をどう演じようかプレッシャーと闘っていましたが、一瞬で撮影日が来たのでゴタゴタしていました」とハードなスケジュールで不安も吹き飛んだという。

演じた小野田優良と自身の共通点は「何一つ一緒のところがありません」としつつ、「優良はめちゃくちゃお淑やかで天然な感じなんですが、私は真逆すぎて塩サバ対応と言われているんです。考えた結果、ワントーン声を上げるみたいな初歩的なことしかできなくて大変でしたね」と演じる上では苦労した様子だった。

エッチで笑える本作にちなみ、MCからの「ちょっと笑えるエッチなエピソードは?」という質問に、「歳の離れたお兄ちゃんがいるんですが、小学校低学年の頃にお母さんからご飯なので呼んできてと言われ、お兄ちゃんの部屋に入ったら彼女とチューをしていました。お母さんには『お兄ちゃんダメだった』と言いましたね(笑)。頭が真っ白すぎてその後は覚えてないです」と青山。その青山と同じくグラドルとして活躍している水樹は「水着撮影の時は水着の下にニップレスをつけると思うんですが、寒いと元気になるんです。貼っても貼っても突き破ってくるんですよ。最終的にニップレス10枚重ねという技を編み出しました」と客席をはじめキャスト陣の笑いを誘っていた。