【フォトグラファーに聞く】カメラのネックストラップおすすめ7選

【この記事のエキスパート】

フリーのカメラマン、フォトグラファー、カメライター:高月 優

フリーのカメラマン、フォトグラファー、カメライター:高月 優

人物撮影を得意とし、フリーのカメラマンとして「ブライダル」や「企業HP用の撮影」を中心に「選挙ポスター」「ダンス」など多彩なジャンルを撮影。女優でモデルの中別府葵や、ロアッソ熊本のスタジアムDJスガッシュをモデルにポートレート作品の制作等も行う。2017年、ラフォーレ原宿の「くまモンコレクション in LAFORET MUSEUM」内で熊本の日常を切り取った作品を展示販売した。


カメラを使うとき、あると持ち運びやすいのがネックストラップ。カメラのなかには重いものもあり、一日中持っていると腕に負担がかかることもあるので、ネックストラップがあれば腕への負担を減らすことができます。幅が広いものや狭いものなどさまざまな種類があるネックストラップ。フォトグラファーである高月 優さんのアドバイスのもと、ネックストラップの選び方とおすすめの商品7つをご紹介していきます。

カメラのネックストラップの選び方をフォトグラファーに聞いた

フォトグラファーである高月 優さんに、カメラのネックストラップを選ぶときのポイントを3つ教えてもらいました。

使うカメラの機種でネックストラップの幅・太さを選ぶ

【エキスパートのコメント】

ネックストラップは、肩や首に当たる部分の幅が広いほど、カメラの重みが分散して負担を減らすことができます。フルサイズ一眼レフなどの大きなカメラを使う人には、なるべく幅が広いものがおすすめです。

一方、コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)など小さなカメラを使う人は、ストラップの太さに注目してみましょう。太すぎると、撮影するときには問題がなくても、バッグに入れて片付ける際にかさばってしまいます。カメラやバッグとのバランスも考慮して選ぶことが大切です。

特徴的な機能で選ぶ

【エキスパートのコメント】

最近のネックストラップには、撮影しながらでも簡単にベルトを伸縮させられるものや、カメラからワンタッチで取り外しが可能なものもあります。今まで純正のストラップしか使ったことのない人なら、ストラップを変えるだけで撮影スタイルまで改善されるかもしれません。

購入の際は、それぞれのネックストラップの特徴を確認して自分に合うものを選びましょう。

自分らしいデザインやカラーで選ぶ

【エキスパートのコメント】

純正のネックストラップは、黒を基調としたものが数多く見られます。最近では、高性能なカメラにさえデザインの違いやカラー展開のあるものが登場しているので、ストラップこそ定番から離れてアクセサリー感覚で楽しんでみるといいでしょう。

思わずカメラを持ってお出かけしたくなるような自分らしいストラップなら、モチベーションも上がってよい写真がたくさん撮れるはずです。

選び方のポイントはここまで! では実際にエキスパートが選んだ商品は……(続きはこちら)